ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話レビューと反応


ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話レビュー

ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話、クヘソン‘ザミュージカル’目と耳が楽しい愉快な韓国ドラマの誕生

SBS金曜韓国ドラマ‘ザミュージカル’(脚本;キムヒジェ/演出;キムギョンヨン)が、俳優たちのさわやかな演技でミュージカルの魅力をお茶の間に伝えて、愉快な韓国ドラマの誕生を知らせた。
9月2日午後初放送された‘ザミュージカル’は、名門大の医学生だが、ミュージカルに半分狂っているコウンビ(クへソン)が偶然に出会った天才作曲家ホンジェイ(チェダニエル)の無視発言に刺激を受けて本格的にミュージカル俳優になるためのオーディションを見に通ったがいつも失敗している姿が描かれた。
‘ザミュージカル’中、コウンビは深刻な‘ミュージカル中毒’に陥っていた。
大学の解剖学の授業時間に先生がミュージカルの歌を歌うようで、自分も知らないうちにミュージカルの歌を口ずさむなどのミュージカルに泣いて笑う情熱が多い人である。
しかし、実力がなくて、ミュージカル俳優のオーディションを80回も受けたが、毎回脱落の苦杯を飲んだ。

ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話、クヘソン主演‘ザミュージカル’

ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話、クヘソン主演‘ザミュージカル’

一方、ホンジェイは、ミュージカルの曲でも歌謡でもよく作り出す天才作曲家だ。
ミュージカル界最高のディーバペカンヒ(オクチュヒョン)と、過去の恋人の間であるホンジェイはペカンヒに振られた後、ミュージカルの世界を離れて暮らしていた。
そうするうちに、ミュージカルに対する熱情で固く包まれたコウンビに出会って、これはホンジェイがまたミュージカルを始めることになるきっかけになる​​。
‘ザミュージカル’の初回では男女主人公コウンビ、ホンジェイをはじめとしてペカンヒ、ユジン(パクギウン)、ソラキョン(キウンセ)、サボクジャ(パクギョンニム)など、登場人物たちを説明することに注力している。
俳優たちは各自、自分が引き受けたキャラクターを適切に消化して、誰一人飛ぶ人なしで韓国ドラマ‘ザミュージカル’に溶け出た。
ミュージカルドラマだからこそ、ミュージカルがドラマにそっくりにじみ出て目と耳が楽しかった。

ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話、クヘソン主演‘ザミュージカル’

ザミュージカルあらすじ、ザミュージカル1話、クヘソン主演‘ザミュージカル’

この日の‘ザミュージカル’1話の放送ではミュージカル‘マリアマリア’の一場面が登場しており、実際のミュージカル俳優として活動中のオクジュヒョンの歌の実力、音楽を心から愛するコウンビ役クヘソンの下手だが、澄んだ声の歌を聞くことができた。
また、ホンジミン、チョジフンなどミュージカル俳優たちのカメオ出演でも注目を集めた。
放送を見た視聴者たちは“見るほどに陥っていくドラマになるようだ”、“クへソンの声がとても良い”、“本当に面白く見た”、“こういうジャンルのドラマを待っていた”、“久しぶりにクオリティの高いドラマが出てきた”と好評した。
韓国ドラマ‘ザミュージカル’は毎週金曜日に放送されている。
韓国ドラマ‘’ザミュージカル’2話は9月9日の放送を予定している。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ