千日の約束あらすじと千日の約束の登場人物紹介


千日の約束あらすじと千日の約束の登場人物紹介

韓国ドラマ‘千日の約束’あらすじ

ソヨン(スエ)は、5歳のとき、電気技師だった父は、感電事故で亡くなって、母が再婚したため、4歳の弟と一緒に伯母の家で成長した。
精神的に成熟している彼女はいとこの兄の友人、ジヒョン(キムレウォン)を片思いするが、彼は既に親の親友の娘と結婚を約束していた。
ジヒョンの婚約相手の女性とは、あえて敵対することができないソヨンは、境遇を知っているため、当初から結婚を夢見ておらず、ただジヒョンが結婚するまで、愛することを決意する。
建築士パクジヒョン(キムレウォン)は、幼い頃、時々友人を介してソヨンを妹のように接してきたが、実は妙に気になる感情を持っていた。
ジヒョンは、幼い年齢、環境の違いなどにより、曖昧な態度を取っていたが、留学の道を選ぶ。
帰国後、ある夏の日、ギャラリーでソヨンと偶然に再会しながら、ソヨンは結婚できないジヒョンの隠し恋人になる。
非現実的に何も考えずに、ジヒョンだけを愛する婚約者チョンユミ(ノヒャンギ)。
ユミはジヒョンとの結婚を一度も疑ってみたことない、意見も自尊心もない至高至純な金持ちの娘。
韓国ドラマ‘千日の約束’は、記憶を失っていく女性(スエ)との愛を守る一人の男(ジヒョン)の至高至純した愛の物語を描いた正統メロードラマだ。

あなたが私を覚えているくらい、私も私を覚えてしたいと思う。
彼らだけの暖かい愛の物語が開始されます!
2011年10月17日の夜9時55分韓国ドラマ‘千日の約束’初放送!

千日の約束 登場人物(キャスト)紹介

イソヨン(スエ)

千日の約束 登場人物(キャスト) スエ

千日の約束 登場人物(キャスト) スエ

“私は、消えていくあなたの姿を記憶しようとしています。”
五歳の時、電気技師だった父は、感電事故で死んで、一年ぶりにお母さんが再婚したせいで3歳の弟ムングォンと一緒伯母の家で育つ。
子供心に伯母の家で世話になるという思いと、そこでなければ行く所がないという不安で、早く大人心を持つようになり、にくいいそうろうにならないために、無意識のうちに作り上げた自己保護色なのか、明朗快活、サービス精神で武装されている。
弟ムングォンについては無限の責任を持っていて、しっかりしていて真面目で勤勉なキャラクター。
いとこの兄ジェミンの高校時代の友人として、時々出入りしていたジヒョンを片思いする。

バクジヒョン(キムレウォン)建築士。ジェミン(イサンウ)の友人

千日の約束 登場人物(キャスト)  キムレウォン 

千日の約束 登場人物(キャスト)  キムレウォン 

“あなたのために私は存在して生まれてきました。”
高校生のとき、ジェインの家に数回出入りしながら、ソヨン(スエ)を見てきたし、読める本を買ってあげたり、映画も何本か一緒に見ながら、表面的には妹のように接しながら、実は妙に気になる感情だった。
しかし、年齢も幼かったし、環境の違いも障害、自分の感情に対する確信も未知数、さまざまな理由で曖昧なことになるしかなかった。
忘れるかと思うと、真夜中の電話、一年に二三回、休暇中ジェミン、ミョンヒまで一緒に団体の出会い何度か。
留学中、何度か電話がソヨンとの接続がすべてだった。

チャンジェミン/イサンウ、ソヨン、ムングォンの従兄。

千日の約束 登場人物(キャスト)  イサンウ

千日の約束 登場人物(キャスト)  イサンウ

“一生そのように静かに、静かな人生を願うだけだ。”
パクジヒョンの中・高校の友人。
政治部記者だったが、すぐに保険会社に転職した。
軍生活中に、大学の時から付き合っていた女性を逃してからまだ未婚。
親の家に一緒に住んでいて、目立たないように静かな配慮でソヨンの頼り兼相談役(カウンセラー)をしてくれた。
一度受けた傷のせいなのか、女にも結婚にも別に意味を置かず、休みの日には、家か図書館か公園で席を取って何冊も本を読む人。
一生そのように静かに、静かな人生を願うだけだ

ノヒャンギ/チョンユミ

千日の約束 登場人物(キャスト) チョユミ

千日の約束 登場人物(キャスト) チョユミ

“ジヒョンが好きだから彼との結婚を疑って見たことがないし…”
ノホンギル、オヒョナの末っ子。
天真なくらい程度、何も考えずにジヒョンが好きで、彼との結婚を疑って見た事がなく、ジヒョンの前では自分の意見も自尊心もないほどだ。

病院長の家

千日の約束 登場人物(キャスト)  イムチェム キムヘスク

千日の約束 登場人物(キャスト)  イムチェム キムヘスク

バクチャンジュ/イムチェム、ジヒョンの父。

貧しい家の秀才で、ある企業の奨学金で勉強して、同じ学校の医学生だった現在の病院の理事長ノホンギルと親友となり、40年続いた兄弟のような関係で現在に至る。
とびが鷹を生むこで、時には非常に傲慢で、否情であり、多分に俗物的でもあり、かなり権威的でもある。

カンスジョン/キムヘスク、ジヒョンの母、産婦人科医出身。

父は英文学者であり、木寨事業をしたいた祖父のおかげでかなり裕福に育った。
無条件の愛で成功的な結婚を完成するというロマンチックな夢をかなえた女性。
だから、ロマンチック感で、息子の純愛的な愛を理解している部分がある。
謙虚で誰もを尊重し、配慮が多い性格。

ソヨンの周辺

千日の約束 登場人物(キャスト) スエ パクユファン

千日の約束 登場人物(キャスト) スエ パクユファン

イムングォン/バクユファン、ソヨンの弟、楽天的で愉快な性格。

コンビニエンスストア、化粧品売り場、PCルーム、カフェ、フィッティングモデルなど、アルバイトをしながら大学卒業。
軍隊へ行って来て就職を準備中。
現在は、いとこの姉嫁であるチャドンチョルのコンビニエンスストアのアルバイトをしている。

ソヨンの伯母の家

伯母の夫。ユスンボン、下町で庶民相手の宝石屋を運営。

言葉の数がほとんどない無愛想な性格の上、ぶっきら棒だからい‐そうろうであるソヨン姉弟のストレスだった。
でも、ソヨン、ムングォンを連れてきて育てようと、最初に言い出たのがこの人で親切ではないが、自分の子たちとの差別はなかった。
勤勉、誠実、節約のお手本でありながら、せっかちな妻を心から深く愛している。

伯母、オミヨン、美容師出身

下町で美容院見習いとしてスタートし、町内の入口に、自分美容院までやっていたが、5年前に胃がんの手術を受けてから専業主婦に。
元気が良くておしゃべりが多く、楽観的なので、町内会理事を行うほど逞しい。
生れ付きの思いやりが類別だから、ともすれば良く泣くし、ガン手術を受けてから回復すると、一人暮らしの高齢者のために奉仕を続けている。

ジャンミョンヒ/ムンジョンヒ、ソヨンのいとこのお姉さん

千日の約束 登場人物(キャスト) ムンジョンヒ

千日の約束 登場人物(キャスト) ムンジョンヒ

経済観念が透徹したものは父を似て、騒々しいものではお母さんに似ている。
10歳の時、ソヨン姉弟が一緒に住むことになり、むしろ差別を受けたという被害意識を持つようになる。
決定的に、本心は悪くはないが、直線的な語り口がきりで、自分が勉強ができず、大学へ入学できなかったのに、苦学で大卒になったソヨンに若干の嫉妬心を持っている。

理事長の家

千日の約束 登場人物(キャスト) パクヨンギュ イミスク

千日の約束 登場人物(キャスト) パクヨンギュ イミスク

ノホンギ/パクヨンギュ

年齢55歳、ガン告知を受けてわずか数ヶ月で亡くなった弟に衝撃を受けて、その時から、先代から受け継いだ事業の大部分を整理して引退して、だだ楽に旅行し、運動しながら人生を楽しんでいる。

オヒョンア/イミスク

うつ病でないときは、必ず何かを学んでいる女性。
夫に対する疑いが深く、疑夫症であり、ほとんど常に不幸な感じ。
子供たちにもあまり関心がなく、物事に否定的。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ