クヘソン、チェダニエル、ザミュージカル観戦ポイント3つは?


クヘソン、チェダニエル、ザミュージカル観戦ポイント3つは?

SBS金曜韓国ドラマ‘ザミュージカル’(脚本;キムヒジェ、演出;キムギョンヨン)の観戦ポイント3つが公開された。

‘ザミュージカル’観戦ポイント一つ、名品金曜韓国ドラマ命脈を引き継ぐ

9月2日初放送される‘ザミュージカル’は、昔から多くの人気を享受したことのある金曜韓国ドラマの命脈を引き継ぐ予定だ。
2004年10月15日初放送された金曜韓国ドラマは‘妻の反乱’の場合、夜10時から11時、2回分にかけて放送されたが、当時の1回視聴率11.4%(AGBニールセン)で始まり、22日11時放送4回では何と20.8%の視聴率を記録した。
続いて、金曜韓国ドラマは、2005年の最高視聴率22.9%を記録した‘その女’を含む5編、2006年の最高視聴率26.4%にのぼる‘私の愛は愚か者’を含む4編、2007年の最高視聴率20.4%を記録した‘塩の人形’を含む5編を披露した。
そして、2008年には金曜韓国ドラマ‘甘い私の都市’と‘神の秤’を含む4編が放送された。

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

このように、金曜韓国ドラマは、5年間で計19本もの視聴率部門でも大きな好調を見せて視聴者たちの愛を受けてきたし、3年ぶりに復活した20番目の金曜韓国ドラマは‘ザミュージカル’がその人気を継続する。

‘ザミュージカル’観戦ポイント二つ、ミュージカル、ブラウン管に入ってくる

‘ザミュージカル’は、踊り(ダンス)と歌が必須である音楽を中心にストーリーが展開される。
これまでドラマの中で助演程度に限定されていたミュージカル俳優が今度は本格的に主人公になって登場すること。
特に、5年前から企画されたこのドラマは、トレンディで面白い話も十分に盛り込み、さらに1年余に及ぶ事前製作期間も作品のクオリティを高めるのに一役買った。

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

また、歌手、キムテウの‘愛の雨’、韓国ドラマ‘アイリス’のOSTで興行作曲家になったイヒョンスン、ミュージカル‘キムジョンウク探し’、‘オー!あなたが眠ってる間’で人気作曲家として位置づけたキムヘソン監督が率いるドラマ‘ザミュージカル’の音楽も注目に値する。
その上、音楽を構成する大きな背景になったソウルと平昌(ピョンチャン)など韓国の美を春、夏、秋、冬の4季節の間に几帳面に季節を表現した。

‘ザミュージカル’観戦ポイント三つ、ヒット制作陳、演技者が総出動

‘ザミュージカル’は、久しぶりにドラマに出演しているクヘソンと観客数270万人にのぼる映画‘シラノ:恋愛操作端’の主人公、チェダニエル、最近爆発的な人気を博している‘最終兵器弓’のパクキウンと新人キウンセが出演する。
そして、去る2006年韓国ドラマ‘サムデイ’で認められたキムギョンヨン監督とキムヒジェ作家の再会も目立つ。
特に、キムヒジェ作家は、これまで映画‘シルミド’、‘公共の敵’、‘韓半島’を通じて千万観客を導いた作家だからより一層関心が集められている。

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

クヘソン、チェダニエル、ザミュ-ジカル--ポイント3つは

その他にも、ミュージカルで認められたオクジュヒョンとエンターテイナーパクキョンリム、中堅演技者パクグニョン以外にもオジョンセ、ヒョンソン、そしてホンジミン、チョジフンなどミュージカル俳優たちのカメオが総出動して目を楽しませる予定だ。
SBS韓国ドラマ関係者は“これまで、SBSは、月火韓国ドラマ、水木韓国ドラマ、週末韓国ドラマ全てに強勢を見せたが、今‘ザミュージカル’が放映され、金曜日の夜までにSBS韓国ドラマが受付することになるだろう”と自信した。
韓国ドラマ、クヘソン、チェダニエル主演‘ザミュージカル’は9月2日、金曜日夜、初放送を予定している。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ