‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ③


‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ③

‘千日の約束’スエ、“破格的な愛に代理満足”

キムスヒョン作家の新作、韓国ドラマ‘千日の約束’でキムレウォンと切々たるメロ演技を繰り広げるスエが、“ドラマの中で破格的な愛に代理満足をしながら演技している”と所感を伝えた。
俳優スエは、キムレウォン、イサンウ、チョンユミと一緒に10月11日午後、ソウル陽川区木洞SBSホールで開かれたSBS新しい月火韓国ドラマ‘千日の約束’(脚本キムスヒョン、演出:チョンウルリョン)の制作発表会に参加した。
韓国ドラマ‘千日の約束’には、キムレウォン、スエ、イサンウなどが主演する。
韓国ドラマ‘千日の約束’中、段々と記憶を失っていく女、イソヨン役を演じたスエは、“何事にも自信満々で積極的で、愛においては、自由奔放な女性なのに、こんな女が記憶を失っていきながら、世界とお別れする過程を描くことになる”と紹介した。
この作品を選択することになった理由について、スエは、“事実、韓国ドラマ‘アテナ:戦争の女神’後、もう少し休むつもりだった。でも、今回の作品の台本を見るやいなやすぐに選択をした。選択をしてから悩んだ。キムスヒョン先生が持っている作品の重さがあるが、私はあえてこの作品を選択したのではないか心配をした。今もずっと悩みを続けながら演技をしている。セリフが多く、私は伝えるべき感情が多いが、先生が意図した感情を伝達するために熱心に努力する”と覚悟を明らかにした。

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

キャラクター没入が難しい時に助けてもらう部分に対してスエは、‘台本’を挙げ、“最も重要なのは台本だと思う。すべてのシナリオの中にある”と言った後、“私が最も多くの助けと影響を受けた方は、キムヘスク先生だ。私が最初のシナリオリーディングにとても硬直していたが、後ほど、ご連絡をいただき、数時間の間、一緒に演技も合わせていただき、助言をして下さった。それが一番大きな力になるようだ”と話した。
特に、韓国ドラマ‘千日の約束’中、結婚する女がいる男、ジヒョン(キムレウォン)を愛する設定について“私が実際に行うことができない部分を演技しながら、代理満足をすることができる部分があってとても面白い。しかし、私においては決して起こらないでほしい”と望みを伝えた。

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

この作品を通じて、初めてキムレウォンと呼吸を合わせることになったスエは、“恋をするようになる過程や展開が必要だが、今回の作品で初めて見たキムレウォンさんと最初から激情的な愛をするようになって大変だった。ドラマの撮影の前、個人的に数回会ったが、率直な方だという気がした。それは、キムレウォンさんの深さがでは無いかと思う。正統派メロだけが見せることができることを念頭に置いて演技に焦点を当てている”と付け加えた。
一方、韓国ドラマ‘千日の約束’は、徐々に記憶を失った女と愛に責任を持つ最高の純真な男の愛の物語を描いた正統メロドラマで、KBSj‘両親前上書’‘母さんに角が生えた’SBS‘花火’‘私の男の女’‘人生は美しい’などで共演したキムスヒョン作家とチョンウリョンPDがもう一度意気投合して話題を集めた作品だ。
韓国ドラマ‘千日の約束’は韓国ドラマ‘武士ペクドンス’後続で、10月17日に初放送される予定だ。

韓国ドラマ‘千日の約束’スエ、“キムレウォンとのエピソードはベッドシーン?”

俳優キムレウォンとスエが激しいベッドシーンの撮影にまつわるエピソードを伝えた。
10月11日午後、ソウル木洞SBS社屋で開かれたSBS新しい月火韓国ドラマ‘千日の約束’(脚本:キムスヒョン、演出:ジョンウルリョン)の製作発表会でドラマのハイライトが上映され、キムレウォンとスエのベッドシーンが急に公開された。
これに関して、スエは“韓国ドラマ‘千日の約束’中で、ソヨン(スエ)が、より積極的にリードするシーンだったが、現場では、キムレウォンさんがリードした。私が服を破る場面だったが、キムレウォンさんがよくして下さった”としながら“ちょっと不慣れで緊張感が回る現場の雰囲気だった”と伝えた。

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

キムレウォンは“これは韓国ドラマ‘千日の約束’中、ソヨンが私のワイシャツを荒くちぎることになっていたが、ボタンの縫い目を切って置いたが、よく糸が切れなかった。お急ぎの心に私が私のワイシャツのボタンをちぎって出した”と撮影エピソードを説明した。
軍除隊後、SBS月火韓国ドラマ‘千日の約束’でテレビ劇場復帰を控えているキムレウォンは、特別な覚悟を明らかにした。
10月11日午後、ソウル木洞SBSで開かれた韓国ドラマ‘千日の約束’の制作発表会に出たキムレウォンは、“正統派メロは最初の試みる新しいジャンルだから、期待も多く、最善を尽くしている。視聴者たちがその魅力を感じることができたら良いだろう”とし、“キムスヒョン作家とジョンウルリョン監督に助言をたくさん受けている”と話した。

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービュー、キムレウォン、スエ

その中でも特に、キムレウォンの頭の中に深く刻まれた言葉は“演技する時以外の時間にも、スエから、一時も目を離すな”というジョンウルリョン監督のアドバイス。
キムレウォンは“とても意味のある言葉だった”とし“その言葉通り、スエに一時も目を離していない”と付け加えて笑いを誘った。
一方、韓国ドラマ‘千日の約束’は、徐々に記憶を失っていく女ソヨン(スエ)と、そんな恋人に向かって純愛的愛を守る男のジヒョン(キムレウォン)の話を描いたメロドラマで、‘武士ベクドンス’の後続で10月17日午後9時55分初放送される予定だ。

イサンウ‘千日の約束’の制作発表会で4次元の魅力発散

イサンウが4次元の魅力を披露した。
イサンウは10月11日午後、ソウル陽川区木洞SBS社屋で開かれたSBS新しい月火韓国ドラマ‘千日の約束’(脚本:キムスヒョン/演出:チョンウルリョン)の制作発表会現場に特有の風変わりな魅力で笑い海を作った。
イサンウのファンクラブはこの日、取材陣におやつとイサンウのプロフィールが入ったパンフレットを残してくれた。
イサンウプロファイルには、“むしろ、Uターンをしていたら…”という曲を発表する予定というフレーズが入っていて人目を引いた。
イサンウは、以前、芸能番組で自作曲‘サメはどのように生きていくべきか’を披露し話題を集めたこともあった。

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービューイサンウ

‘千日の約束’韓国ドラマ制作発表会インタービューイサンウ

自作曲“むしろ、Uターンをしていたら…”に対して真摯な説明を継続したイサンウは、取材陣の要求に即座に一節を歌って大きな拍手を受けた。
曲に対する説明と歌が続く間、イサンウは、特有の真面目さで臨んで現場は笑いの海になった。
イサンウは‘サメのソングは、状況を見てすぐ作ったが、“むしろ、Uターンをしていたら…”は、タイトルを考えて書き込むからまだ、未完成だ”と真剣な説明を付け加えた。
一方、キムスヒョン作家が4年ぶりにお目見えする正統メロドラマ韓国ドラマ‘千日の約束’は、記憶を失っていく女性との愛を守る最高の純真な男の愛の物語を盛り込んだ。
韓国ドラマ‘千日の約束’には、キムレウォン、スエ、イサンウなどが主演する。
韓国ドラマ‘千日の約束’は韓国ドラマ‘武士ペクドンス’後続で、10月17日に初放送される予定だ。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ