僕とスターの99日、キムテヒ 主演ドラマ、視聴率10.2%でスタート!


僕とスターの99日、キムテヒ 主演ドラマ、視聴率10.2%で順調なスタート!
僕とスターの99日 、キムテヒが主演する、フジTVドラマが二桁の視聴率で順調に出発した。
去る10月23日初放送されたキムテヒ、日本進出の初主演ドラマ、フジTV‘僕とスターの99日’の視聴率が10.2%(日本ビデオリサーチ調査、関東地区)を記録した。
特に、日本の東京でのフジTVとキムテヒのドラマ出演のための反韓示威が起きて憂慮を生んだが、無難に二桁の視聴率を記録し、より一層意味がある。
競争作である日本最高人気スター、木村拓哉主演のTBS TV‘南極大陸’は19.0%の視聴率を記録した。
‘南極大陸’は、 初回に比べて約3%以上の視聴率下落を見せているため、より一層鼓舞的だ。
一方、俳優キムテヒは‘僕とスターの99日’で、日本放送に進出して派手なスポットライトを受けて、韓国ドラマの人気に後押しされ、韓流スターに浮上したのに続き、新たに挑戦中だ。

僕とスターの99日、出演中 キムテヒ画像

僕とスターの99日、出演中 キムテヒ画像

僕とスターの99日、キムテヒ、西島秀俊 画像

僕とスターの99日、主演ドラマ キムテヒ、西島秀俊 画像

‘僕とスターの99日’はキムテヒ他にも、今年の‘釜山(プサン)国際映画祭’期間中に韓国を訪れた
西島秀俊らが出演する作品で、韓流スターハンユナ(キムテヒ 役)と、星を好きな平凡なボディーガード並木航平(西島秀俊 役)の99日間の愉快なロマンスを描く予定だ。
ドラマ‘僕とスターの99日’に対する視聴者たちの反応はかなり良い方だ。
仲間の俳優もキムテヒに対する期待感を示した。
去る10月7日、‘カット’で‘釜山(プサン)国際映画祭’に出席した西島秀俊は“キムテヒさんと一緒に作業をしている。キムテヒさんはいつも真剣に撮影に臨む俳優だ。いつも台詞の練習をしている。控室でずっと一緒に練習して合わせてみている”と言って人目を引いた。
続いて、“実際にカメラが回る時になると俳優たちの気が満たされることになる。とても見ごたえのあるドラマになると思う。現場の雰囲気がかなり熱い。期待しても良いだろう”と伝えた。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ