イ・ヨンエのカムバック計画は?イ・ヨンエ、来年初め復帰、宮廷女官チャングムの誓い(大長今)以後女王の帰還?


イ・ヨンエのカムバック計画は?イ・ヨンエ、来年初め復帰計画明らかに、宮廷女官チャングムの誓い(大長今)から10年ぶりの女王の帰還?
韓国の女優、イ・ヨンエが来年お茶の間にカムバックする計画であるということが伝えられた。
去年、MBC放送局が2013年‘宮廷女官チャングムの誓い2(大長今2)’の製作を公式化する共に、ソチャングム役を演じたイ・ヨンエがお茶の間に復帰して‘チャングムの誓い2(大長今2)’に合流することになるのか熱い関心を受けた。
韓国の女優、イ・ヨンエ主演ドラマ‘宮廷女官チャングムの誓い(大長今)’は、朝鮮時代、唯一の王の主治医になった実在の人物であるソチャングムの一代記を描いた韓国ドラマで、2003年9月から2004年3月まで放送され、平均視聴率46.2%、最高視聴率57.1%を記録して‘国民ドラマ’で認められた。
その後、‘宮廷女官チャングムの誓い(大長今)’は、海外に輸出され日本、中国などアジアはもちろん中東、ヨーロッパ、アフリカまで、世界中87カ国で放送され、ペヨンジュン、チェジウ主演‘冬のソナタ’と韓国文化を知らせる元祖韓流ドラマとして、世界中に韓流熱風を呼び起こした。
事実上このドラマは、イ・ヨンエを中心としたワントップドラマでイ・ヨンエのない続編、‘宮廷女官チャングムの誓い2(大長今2)’は想像しにくいという反応だ。
8月5日に放送されたMBC‘気持ち良い日’では最近、証券街情報誌ルーマーに包まれたイ・ヨンエの所属事務所に直接電話接続をし、真偽確認に乗り出した。
この日の放送でリポーターワンベは、“イ・ヨンエの複雑な家族関係が紹介された”と言及すると、イ・ヨンエの所属事務所側は、“イ・ヨンエの家族関係と健康状態が良くないなどの噂は全く事実ではない”とし、“すでにインターネットで取り上げらていた話で、イ・ヨンエさんもその内容を知っている。しかし、事実ではなく、ひどく当惑しており、関連内容を報道した報道機関やジャーナリストを訴えた状態だ。”と明らかにした。
続いて所属事務所側は、“イ・ヨンエは、作品を通じた放送復帰を準備している。来年初めぐらいになりそうだ。”と、イ・ヨンエのカムバック計画を明らかにし、関心を受けた。

イ・ヨンエ、来年初めの復帰計画を明らかに!2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)テーマのエール(ELLE)画報写真

イ・ヨンエ、来年初めの復帰計画を明らかに!2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)テーマのエール(ELLE)画報写真

イ・ヨンエは先月にも、今年MBC秋夕(チュソク:日本のお盆にあたる祭日)特集番組、パイロット芸能プログラム‘ようこそ(仮題)’の出演を検討すると明らかにし、話題を生んだりした。
一方、韓国の女優、イ・ヨンエは昨年、自分に悪意のある噂を流してきた一般人を、虚偽事実流布による名誉毀損訴訟でパク某氏が在宅起訴された。
当時、ソウル中央地検刑事1部は、朴氏がイ・ヨンエのプライバシーを目撃したことがなく、全く知らないにもインターネットを介して虚偽事実を明らかに、イ氏の名誉を毀損したとして、在宅起訴した。
パク某氏は、インターネットポータルサイトの掲示板などに、イ・ヨンエを誹謗する文を繰り返し上げていた。
韓国の女優、イ・ヨンエのカムバックが来年初めに予定通り行われた場合、2004年3月放映終了された韓国ドラマ時代劇‘宮廷女官チャングムの誓い(大長今)’以後ブラウン管ではまるまる10年、スクリーンでは、2005年パクチャヌク監督と一緒に作業した‘親切なクムジャさん’以来9年ぶりに視聴者と遭遇することになる。
一方、イ・ヨンエはルーマーと共に放送カムバックニュースが伝えられている中、家族写真が公開され話題を集めたりした。

幸せな笑みを浮かべて団欒の一時を過ごすイ・ヨンエ家族写真

幸せな笑みを浮かべて団欒の一時を過ごすイ・ヨンエ家族写真

イ・ヨンエはファッションマガジン、エール(ELLE)公式ホームページを通じて‘イ・ヨンエ、双子と過ごした午後’という文と一緒に夫、チョンホヨンさんと双子の息子スングォン君、娘スンビンちゃんと一緒に撮影した家族画報を掲載した。

イ・ヨンエ家族写真、夫と双子との幸せな時間

イ・ヨンエ家族写真、夫と双子との幸せな時間

画報の中には、息子スングォン君を抱えているイ・ヨンエと、娘スンビンちゃんの頬に口付けしている夫の姿が春の日差しと共に暖かい感じを伝えている。

夫と自分のそっくりの双子との幸せな時間を過ごしているイ・ヨンエの家族写真

夫と自分のそっくりの双子との幸せな時間を過ごしているイ・ヨンエの家族写真

公開された家族の写真でイ・ヨンエはかわいい双子の兄妹を温かい目で見ているが、特にイ・ヨンエをそっくり似た娘と夫チョンホヨンさんそっくりの息子の姿が目を引く。

2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)テーマのエール(ELLE)イ・ヨンエ画報写真

2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)テーマのエール(ELLE)イ・ヨンエ画報写真

また、イ・ヨンエは女性美を象徴するイタリア・ブランドグッチ(GUCCI)の2013年の春、夏の代表アイコンであるフローラ(Flora)をテーマに親子間の愛情を込めたグッチのフローラ(gucci flora)の履歴に合わせて双子の子供たちと一緒にエール画報を撮ったが、結婚と妊娠、出産後にも変わらぬ美貌で見る人々にとって驚きをかもし出している。
グッチ(Gucci)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci, 1881年~1953年)が1921年、フィレンツェに鞄工房として創業したイタリアのファッションブランドで、ブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られる。
バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計、香水などを幅広く手がけているイタリア・ブランドグッチのフローラ(Gucci Flora)アイコンは、モナコ公国レーニエ3世大公妃グレース・ケリーのためにデザインされたもので、グレース•ケリーがレーニエ王子と一緒にミラノグッチストアを訪問した際の逸話である。
グッチの息子でルドルフォ•グッチがグレース•ケリーに何かプレゼントしたくて製品を選ぶよう勧められたが、当時彼女はストアにないアイテムであるスカーフを望んでルドルフォ•グッチは、特別ゲストであるグレース•ケリーに製品を見せることができなかったことを残念に思ったそうだ。

2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)

2013年グッチ(GUCCI)の代表アイコンであるフローラ(Flora)

それで、すぐに有名なイラストレーター(illustrator)ヴィットリオ•アコルネロに美しいフローラルパターンのスカーフをデザインしてくれと要求し、すぐ翌日色とりどりの花がばら撒かれた‘フローラ(Flora)’イラスト作品を持ってきて、それがすなわちグッチフローラアイコンの起源になったとする。
その後フローラは、ヨーロッパでは娘に譲るほど長く愛されているアイコンになって、グレース•ケリーの娘、プリンセスキャロラインも彼女の母親であるグレース•ケリーからフローラパターンのブラウスを譲り受けたとするグッチフローラのヒストリーだ。

イ・ヨンエ家族写真、実業家チョンホヨン氏と結婚後育児に専念しているイ・ヨンエ

イ・ヨンエ家族写真、実業家チョンホヨン氏と結婚後育児に専念しているイ・ヨンエ

結婚後、育児に専念しているイ・ヨンエは、エール(ELLE)インタビューで、‘女優としての夢と願望を大事にしながら努力して、平凡な生活との均衡をなす今に満足し、感謝しようとしている。’と明らかにした。
イ・ヨンエは2009年8月にハワイで在米同胞の実業家チョンホヨン氏と結婚式を挙げ、2011年に男の子と女の子の二卵性双子を出産し、現在育児に専念している。
一方、イ・ヨンエのカムバック計画を接したネチズンたちは、“いよいよ来年にドラマに出てくるのか?”、“イ・ヨンエ、復帰が期待される。イ・ヨンエが選択する作品が気になる。”、“時代劇ならもっと良さそうなのに…”、“イ・ヨンエさん、チャングムの誓いのような韓流ドラマを再び演じるように…今から楽しみしているよ”、“イ・ヨンエさん、双子のお母さんの感じしない!落ち着いて、知的で上品な代替不可イメージ!”、“イ・ヨンエ氏カムバックうれしい!早く素敵な作品でカムバックをお願い!”など多様な反応を見せた。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ