シティーハンター in Seoul 韓国 あらすじ 16話(韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ情報)5


シティーハンター in Seoul 韓国あらすじ 16話、韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ16話-5 情報

パクミニョンがクハラの身代わりに卵で満身創痍!
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ16話では、パクミニョンがクハラの身代わりに卵を全身で受け止めた。
チェダへ(クハラ 役)の警護員として働いているキムナナ(パクミニョン 役)は、ダへに向かって飛んでくる卵を身代わりに防いでダへを守った。
この日の放送でダへは“お姉ちゃん、私にアンチカフェができったこと知ってるでしょ?この間のカラオケ動画が回って‘チェダへドットコム’ができったの”と言いながら“私が勉強はできなくても文は知ってる。お父さんの悪口を言うのをどのように我慢するの?ところが、追いかけて来るというのにまさか本当に来るのではないだろうね?”と不安なそぶりを見せた。
これに、シンウンア(ヤンジンソン 役)はダへに“怖い。あなたの個人情報が漏れるんじゃないの?”と不安感を隠すことができなかったし、ダへは“今日イユンソン博士と一緒にカフェで課外授業することにしたんだよ”とぶつぶつ言った。
チェダへとキムナナ、シンウンアはダへがイユンソン(イミンホ 役)に個人授業を受けることになっているカフェに向かった。
結局、憂慮は現実に現れ、ダへがユンソンと個人授業をするためにカフェに入るとしていた瞬間、チェダへに恨みを抱いた人たちが現われて、卵とトマト、小麦粉などをダへに向かって投げて“私に大馬鹿だと?お前は無概念(概念がない)だ”と言いながら修羅場になった。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン、クハラ画像

その状況に気づいたキムナナは全身でチェダへを阻んだ。
チェダへはキムナナの背中に隠れた。
チェダへに向かって飛んできた卵と小麦粉はそっくりそのままキムナナが被ることになった。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン、クハラ画像

その姿を見て驚いたイユンソンはキムナナに近付いて大丈夫かと言葉を掛けた。
自分が先に別れ宣言をしたが、キムナナが気になる気持ちは隠すことができなかったこと。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン、クハラ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、パクミニョン画像

キムナナはイユンソンの心配する言葉にも“私は大丈夫です”と硬い口調で答えた。
イユンソンがハンカチを渡したが“私が拭きます”と言って断った。
この日の放送でキムナナは全身でダへを防いで立って、飛んでくる卵と小麦粉を避けない警護員の姿を披露した。
一方、母、イキョンヒ(キムミスク 役)の見舞いに行ってユンシクに会ったイユンソンはもう一度チョンジェマン(チェジョンウ 役)会長に復讐するという気持ちを引き締めるようになる。
折りよくチョンジェマン会長の後を追ったイユンソンはチョンジェマン会長とスティーブンりーがソウル検察庁の部長検事2人にロビー活動をしに韓定食堂で会うことにした事実を知ることになった。
イユンソンはその場面を写真に撮ってキムヨンジュ(イジュニョク 役)検事に送信し、キムヨンジュ検事は、現場に押しかけてロビーでを受けた物品を奪う。
チョンジェマン会長はせいぜいのりの切れ端が収賄にかかるのかと反発し、キムヨンジュ検事は、包みを開けて、上ののりを取り出して下に隠された現金束を見つける。
この事のために部長検事の心機を触れたキムヨンジュ検事は、謹慎の懲戒処分を受けて、ナナは、これまでの優れた臨機応変能力と瞬発力を認められて警護処に復帰することになり、大統領の警護を務めることになる。

大統領の娘、クハラ“大学に行かずバリスタになる”
大統領の娘、クハラが大学に進学せず、バリスタになると宣言した。
シティーハンター in Seoul、SBS水木、韓国ドラマ16話で、チェダへは、大学へ行くことは難しいというユンソン(イミンホ 役)の話を聞いて父、チェウンチャン(チョンホジン 役)に大学進学を断念すると明らかにした。
チェダへは、すでに 大学受験に三度も挑戦していた状況だった。
チェダへは家庭教師先生であるイユンソンと父、チェウンチャンと一緒に食事席を持った。
チェウンチャンはイユンソンに“うちの子、ダへが大学へ行くことができるのか?”と尋ねた。
イユンソンは、“率直に言ってむずかしいようだ”と答えた。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、クハラ、チョンホジン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ、クハラ、チョンホジン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、クハラ、チョンホジン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、クハラ、チョンホジン画像

すると、チェダへはカフェでアルバイトしていたことを話しながら、“大学に行かずにカフェに就職して仕事をしたい”と話してチェウンを驚かせた。
チェダへは、“個人授業は家庭教師のユンソン先生が好きでしたものであり、私は勉強のほうはではないようだ”と言いながら“大統領の娘が勉強ができなくて大学に行ったら、みんなどんな話をするかと、外国留学に行くと外貨無駄使いだ。名門大学に行けなければパパに恥をかかされると思うので、最初の高卒大統領の娘になる”と言って大学に行かないことを明らかにした。
チェウンが諭そうとするとチェダへは、“大学に行かずに、バリスタになる”と固執を曲げなかった。
続きは、シティーハンター in Seoul あらすじ 16話-6へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ