シティーハンター in Seoul あらすじ17話 、シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ17話レビュ


シティーハンター in Seoul あらすじ17話 、シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ17話あらすじ&レビュ
シティーハンターin Seoul、水木ドラマ視聴率1位死守
シティーハンターin Seoul 韓国ドラマが、水木ドラマ視聴率1位を継続した。
シティーハンターin Seoul SBS水木、韓国ドラマ17話の視聴率は、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチの集計結果、18.8%の全国視聴率を記録した。
これは去るシティーハンターin Seoul 韓国ドラマ16話の放送分が記録した、自己最高視聴率19.9%より1.1%P下落した数値だ。
しかし、新しく登場した‘姫の男’KBS 2TV 水木、韓国ドラマの宣戦にもかかわらず、相変らず水木、ドラマ1位席を守った。
この日、シティーハンターin Seoul 韓国ドラマ17話の放送では、イユンソン(イミンホ 役)の生みの親がバクムヨル(パクサンミン 役)ではなく、大統領、チェウンチャン (チョンホジン 役) であることが明らかになり衝撃の中、新しい反転を予告した。

‘シティーハンター’イミンホが不倫私生児?出生の秘密が反転!
シティーハンターin Seoul SBS TV 韓国ドラマがイミンホの生みの親がパクサンミンじゃなくて、大統領、チョンホジンという出生の秘密、反転を噴き出して視聴者たちを困惑させた。
シティーハンターin Seoul 韓国ドラマは28年前のナンポ(南浦)沖で北派された軍人たちが、祖国の裏切りで残酷に射殺されて、唯一の生存者であるイジンピョ(キムサンジュン 役)が5人会への復讐をするという設定を布陣させた。
イジンピョは自分を救ってくれた友人、バクムヨル(パクサンミン 役)の生まれたばかりである赤ちゃん、イユンソン(イミンホ 役)をむりに引きつれて行って、復讐のために育てた。
母親のイキョンヒ(キムミスク 役)は、息子を失ってしまい、ひたすら28年間、息子だけを偲びながら生きてきた。
このところイキョンヒの若かった時の写真を、イジンピョが大事にしている姿が描かれてイユンソンの父が、イジンピョではないかと出生の秘密についての予想も描かれた。
しかし、シティーハンターin Seoul 韓国ドラマ17話 放送では、イユンソンの生みの親がバクムヨルでもイジンピョでもない大統領、チェウンチャン (チョンホジン 役)であることが明らかになった。

シティーハンター in Seoul あらすじ17話 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ17話 画像

豆を選ぶイユンソンの姿を通した伏線があったりしたが、この日のシティーハンターin Seoul 17話の放送で、 大統領、チェウンチャンと関連している出生の秘密は、多少、あきれる設定という指摘を生んだ。
過去、飲み屋に働いていたイユンソンの母親、イキョンヒが既婚男性だったチェウンチャンの子供を妊娠しており、チェウンチャンが家庭まで捨てようとすることを知ることになったチェウンチャンの友人のチョンジェマン(チェジョンウ 役)が、イキョンヒにお金をあげて子供を生まないようにイキョンヒを圧迫したという過去が明らかになったのだ。
結局、イキョンヒはチェウンチャンの子供まで自分の血筋で育てるというバクムヨルと結婚したのだ。
もちろん、このような出生の秘密の反転は、なぜイジンピョがイユンソンを誘拐までして復讐を計画しなければならなかったのかを説明することができる‘設定’として作用する。
また、最後の復讐の対象である、チェウンチャンとイユンソンを血続きの間にまとめて、ドラマの最後の緊張感やドラマチックな効果を最大限に引き出そうとする意図も見られる。
それにも少なからぬ視聴者は、シティーハンターin Seoul 17話で披露した、出生の秘密の反転に首をひねている雰囲気だ。
もちろん豆を選び出して偏食するイユンソンの食習慣を何度も露出させ、それなりの伏線を置いたりした。
しかし、シティーハンターin Seoul 17話で、親父がチェウンチャンで明らかになる過程は、イキョンヒの回想シーンとイジンピョのナレーションでいきなり炸裂して、多少あっけなく展開された。
‘驚くべきだ’‘素晴らしい’‘反転に不意打ちを食らわせた’という反応を起こさせるほどの緻密なドラマの展開や、反転の妙味をまともにいかすことができなかったため、陳腐な出生の秘密がまたややこしくなったという点だけが目立った。
特に、イユンソンに切ない母性愛を見せるイキョンヒはもちろん、大統領チェウンチャン、主人公イユンソンのキャラクターまで打撃を受ける状況だ。
夫を失い息子を待って難儀に生きてきた上、苦労して稼いだお金を寄付までしたイキョンヒのキャラクターは、突然、過去に足首を捕まえられるようになった。
チェウンチャンも家庭がありながらも、飲み屋で会ったイキョンヒとの愛のために家庭まで捨てようとしていた人物に烙印を押される状況だ。
もちろん、許諾されることができない現実での哀切な愛だったと見ることもあるだろうが、現在、イキョンヒとチェウンチャンの過去の愛に説得力を与えてくれるほどのエピソードを描く余裕がないという点で、これらの関係は、視聴者たちから呼応を得るには、少し話の展開が遅くなったのではないか?
そのために、親父が、現在は大統領になったが、過去に既婚男性と水商売女性の不倫で生まれた、出生の秘密の反転は、ちょっと間違えば主人公、イユンソンのキャラクターに向かったシティーハンターin Seoul 韓国ドラマ、ファンたちの愛情に無理な設定になるかもしれない。
視聴者の立場では社会の不条理を痛快に解決してくれる英雄として描かれているシティーハンターなので、その誕生の背景についての正当性や期待値も大きいからだ。
親父を無念に祖国に失い、養父によって復讐のために育てられたという出生の秘密が、むしろ、よりシティーハンターの悲しみと、恨み、復讐の理由に力を与えることができる設定に説得力あるように見える。
‘蛇足’のような出生の秘密の反転が出てきたのではないか?
チェウンチャンとシティーハンターの出生の秘密の反転が、シティーハンターin Seoul 韓国ドラマの追いこみに葛藤を誘発する設定になることもできるが、‘薬ではなく毒’になる可能性がより大きいという点で憂慮の視線が集まっている。
続きは、シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ あらすじ 17話-1へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ