シティーハンター in Seoul最終回あらすじ、レビュー!イミンホ…こんな人がいる世の中に生きたい!韓国ドラマ、シティーハンター in Seoul、最終回(20話)あらすじ情報 !


シティーハンター in Seoul最終回あらすじとレビュー!イミンホ…こんな人がいる世の中に生きたい!韓国ドラマ、シティーハンター in Seoul、最終回(20話)あらすじ情報!

シティーハンター in Seoul最終回、視聴率20% 水木ドラマ1位!
シティーハンター in Seoul最終回は、AGBニールセン首都圏基準で20%の視聴率を記録して、同時間帯1位を記録、視聴者の胸を熱く響く大反転の結末を現わして、水木ドラマの王座を最後まで守って大詰めの幕を下ろした。
衝撃的反転を繰り返えして、予想することができなかった結末に、視聴者たちの熱い関心を集中的に受けた韓国ドラマ、シティーハンター in Seoul が、華麗な有終の美を飾ったわけだ。
シティーハンター in Seoul最終回、20話の放送では、これまで残酷に冷血な姿を見せてきたイジンピョ(キムサンジュン 役)がイユンソン(イミンホ 役)の代わりに‘シティーハンター’を自ら要望し、銃弾を甘んじて受け入れる悲劇的な最後を迎える結末を見せた。
血なまぐさい復讐を敢行し、極限の対立を広げることもしていたジンピョとユンソンは、最後の瞬間にお互いの手を握って劇的な和解をすることになった。
地雷原でユンソンを救い上げて片足を失ったイジンピョが、再びユンソンを救い出して、命を失うことになる悲劇的な運命が開かれたが、二人の関係が素晴らしく輝く結末になったわけだ。

シティーハンター in Seoul あらすじ 最終回(20話) 動画、イミンホ、パクミニョン キャプチャ

シティーハンター in Seoul あらすじ 最終回(20話) 動画、イミンホ、パクミニョン キャプチャ

一方、キムナナ(パクミニョン 役)は植物人間になって病床に横になっていた父親を亡くし、大統領府警護員の仕事を辞めたままユンソンを待っている間に、劇的にユンソンと再会することになった。
ユンソンとナナが劇的な再会で幸せな結末を迎える場面が、シティーハンター in Seoul最終回の最後を飾った。

シティーハンター in Seoul あらすじ 最終回(20話) 動画、イミンホ、パクミニョン キャプチャ

シティーハンター in Seoul あらすじ 最終回(20話) 動画、イミンホ、パクミニョン キャプチャ

放送後視聴者たちは、シティーハンター in Seoul放映終了に対した心残りを吐き出して、シティーハンターへの愛情を表わした。
シティーハンターの誕生は、父親の無念の死に起因するユンソンの個人的な復讐で始まったが、その過程では、韓国の現実の不条理さが赤裸々に明らかになった。
半額授業料の問題、労災労働者の痛み、医療民営化など、最近‘熱いジャガイモ’と呼ばれる社会問題から、高位公務員の違法、軍納不正、不親切な無概念の従業員の問題まで、古臭い現実の中、様々な不条理を思いっきり見せた韓国ドラマ、シティーハンター in Seoulは、視聴者たちの共感を得た。
苦しかった現実に痛快さをプレゼントするというジンヒョクPDの意図通りに、シティーハンター in Seoulは、視聴者たちに胸がすっきりする代理満足を抱かせて、珍しい‘概念ドラマ’で登極したわけだ。
‘シティーハンター’イユンソンを演じたイミンホは今回の作品を通じて、注目に値する成長を成し遂げて視聴者たちの爆発的な支持を得た。
韓国ドラマ、シティーハンター in Seoulで、イミンホがお目見えした絢爛たるアクションと強烈な目つき演技、繊細な感情演技は、従来の出演作品では見られなかった驚くべきの変身であるわけだ。
今は‘花美男(イケメン)’イミンホではなく、‘シティーハンター’イミンホと呼ばれるほど‘シティーハンター in Seoul’の中のイミンホは強烈だった。
何よりもイミンホはドラマ‘シティーハンター in Seoul’キャスティング以後、長い間作品のための万全の準備を続けたし、撮影が始まった以降から最後の撮影までも初心を失わない誠実な態度を見せて製作陣たちに大きな反響を呼んだ。
俳優イミンホにドラマ、‘シティーハンター in Seoul’が俳優人生の一線を画す重要な作品であることだけは間違いないようである。
韓国ドラマ‘シティーハンター in Seoul’の最大の見どころの一つは、お茶の間では易しく会えることが出来ない豪快なアクションの饗宴にあった。
イミンホの優れた身のこなしと素早い瞬発力は、これよりもっと美しいことができない優雅なアクションを誕生させ、様々なアイディアが引き立って見えるという‘概念アクション’は、ドラマのアクションの歴史を書き換えてもらった。
何よりも‘シティーハンター’ユンソンは、特別な武器なしで実生活の道具を利用し、目新しいアクションを披露し、‘シティーハンター in Seoul’放映ずっと話題を振りまいた。
‘スプーンアクション’、‘帽子アクション’、‘水筒アクション’など、様々な修飾語がついた新しいアクションは、暴力性が横行した当然なアクションの代わりに現実的で共感できるアクションで美しい名場面を作り出すのに十分だった。
製作社側は、“すべての俳優たちとスタッフたちの努力で‘シティーハンター in Seoul’が最後まで大きな力を発揮することができた”とし、“‘シティーハンター in Seoul’を最後まで愛してくださって関心を持ってくださった視聴者たち、皆様にも深く感謝を申し上げる”と、感謝の最終回挨拶を伝えた。
続きは、シティーハンター in Seoul最終回、20話-1あらすじへ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ