シティーハンター4話名場面:シティーハンター(韓国ドラマ)イミンホ、パクミニョンを救う


シティーハンター4話 名場面:シティーハンター(韓国ドラマ)イミンホ、パクミニョンを危機一髪がら救う

シティーハンター4話、名場面はアクションとシティーハンターイミンホの愛?

シティーハンター(韓国ドラマ)4話でイミンホが全身を投げて’アクション闘魂’を広げ、パクミニョンを危機から救出、視聴者の爆発的な呼応を得た。
6月2日放送されたSBS水木韓国ドラマ シティーハンター4話で、ミンホは死の危機に近づいたパクミニョンを求出して救世主の役割を果たしている。
6月2日の放送でユンソン(イミンホ)は’大将’ジンピョ(キムサンジュン)と交錯した意見の相違を狭めることができないまま、’5人会処断プロジェクト’2弾を開始した。
ユンソンがイギョンワン(イヒョジョン)を殺すことなく検察に渡した復讐のプロジェクト1弾仕上げに対し、ジンピョが非難をすると、ユンソンは”血が血を呼ぶ復讐はもう嫌だ”と語り、自分の信念を曲げなかった。

シティ-ハンタ-4話 名場面 イミンホ 車アクション▲シティーハンター4話 名場面画像、イミンホ 車アクション

これジンピョは”第2処断者を君が先に探しているなら君の手に任せるだろう。しかし、私は先に探すならあいつは俺の手に死ぬ”と宣言した。
5人会のうちの一人だったイキョンワンに続いてソヨンハク(チェサンフン)の処断にユンソンとジンピョが一種の対決を広げるようになったわけだ。
特にユンソンは、イキョンワンを乗せた護送車の護送警察に偽装し、自ら運転をし始めるジンピョと一寸の譲歩もない追撃戦を繰り広げ、極限の対決を繰り広げた。
5人会のうち一人がソヨンハクという事実を確認するために、イキョンワンを訪ねていたユンソンとジンピョが緊張感あふれる車の追撃シーンを広げて危険な状況を演出した。
ユンソンとジンピョの対決は、ここで止まることなく続いた。
5人会処断作戦第2弾の目標人物であるソヨンハクを殺すために、ジンピョが自ら乗り出すことになった後、ソヨンハクを警護していたナナ(パクミンヨン)さえも危険な状況に立たされた。

シティ-ハンタ-4話 名場面1 パクミニョンを救うシティーハンターイミンホ▲シティ-ハンタ-4話 名場面画像、パクミニョンを救うシティーハンターイミンホ

ジンピョは、結婚記念日のために、家族と一緒にレストランに訪れたソヨンハクに銃を向けていたが、突然の停電でナナが銃を標的になる危機に立たされるとシティーハンター イミンホは、劇的な状況で、ナナを救出し出した。
ユンソンがナナを危機から救い出して別名、ナナの救世主に名を載せた。
何よりもユンソンは、長い間片思いしてきたナナの辛い過去を直接聞くことになり、母なしで育った自分の過去も打ち明けて、さらに切ない感情を持つようになった。
ナナのために準備したプレゼントを渡すこともできいユンソンはナナへのひそやかな心をさらに育てながら、これから繰り広げられる二人のラブラインに期待感を持たせた。
放送直後視聴者掲示板には、”どたん場の追撃シーン、、印象深かった””復讐だけを噛み締めていたユンソンがナナに出会ってから少しずつ変わっていくようだ””ユンソンとナナをより理解することになったシティーハンター4話だった””イミンホが車の上に登っているときに本当に緊張感は最高だった””養父とユンソンの対立が、本当に見るに値する””スリル満点の自動車追撃シーンは本当に最高だ”などの好評が相次いだ。
一方、6月8日に放送されるシティーハンター5回放送分、シティーハンター5話では、危機からナナを救い出したユンソンとジンピョのエキサイティングな対決、ソヨンハクをめぐる5人会処断プロジェクト2弾が本格的に繰り広げられる。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ