オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告


オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告

‘オレのことスキでしょ’14話予告、予測不可能な成長ロマンス

MBC‘オレのことスキでしょ’が放映終了までただ2回放送分だけを残した中で、‘ドゥリーカップル’ジョンヨンファ(イシン)とパクシネ(イキュウォン)の予測不可能な成長のロマンスを描いたオレのことスキでしょ14話の予告編に対するネチズンたちの反応が熱い。
8月15日(月)、‘オレのことスキでしょ’の公式ホームページに公開された‘オレのことスキでしょ’14話予告篇でジョンヨンファとパクシネは清涼なギター演奏と美しい音色のハーモニーで観客を感動させた100周年記念公演を成功的に終えることになり、その結果、ソンチャンウィ(キムソクヒョン)にブロードウェイ行きを提案した公演関係者から、国楽とのバンドを組み合わせたフュージョンアルバム制作の機会を握らせてもらう。
しかし、喜びもつかの間、‘新しい(ミュージカル)挑戦は、100周年記念公演が最初で最後のものであること’と話したパクシネが国楽のほかに、音楽は決して受け入れない祖父シング(イドンジン)の反対にぶつかって、アルバムの制作への参加を断念しなければならない状況に置かれる姿が描かれ‘オレのことスキでしょ’14話の展開に対する視聴者たちの関心が増幅されている。

オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告

オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告

さらに、オレのことスキでしょ14話の予告編では、100周年記念公演のエンディング曲を介して、音楽的に一層、広い視野を持って大きな夢を抱くようになったジョンヨンファ(イシン)がカタルシス公演途中、押し寄せる痛みに耐えることができず、結局舞台の上でひざまずく場面でエンディングを飾り、イシン(ジョンヨンファ)に予期せぬ危機が到来することを示唆している。
成功的なミュージカル公演で取った巨大な幸運とそれによって起る葛藤が共存して、見る人々の好奇心の細胞を刺激しているオレのことスキでしょ14話の予告編を見たネチズンたちは“キュウォンが与えられた使命と、発見された才能のどの道を選択することになるのか期待される”“‘オレのことスキでしょ14話’予告篇の中の葛藤が、是非、二人の関係をさらに固めてくれる小さなエピソードであるよう願っている。”などの意見を残した。
一方、MBC韓国ドラマ‘オレのことスキでしょ’14回放送分、‘オレのことスキでしょ’14話は8月17日(水)午後9時55分放送される予定だ。

‘オレのことスキでしょ’ジョンヨンファ、パクシネに‘素敵なギタリストになるから!’決意

MBC韓国ドラマ‘オレのことスキでしょ’のジョンヨンファ(イシン)が後日、‘素敵なギタリスト’になるという将来の決意を込めた大切な贈り物として彼女パクシネ(イキュウォン)を感動させる見込みだ。
公開された‘オレのことスキでしょ’14話予告篇でジョンヨンファとパクシネは、母親と妹のジョンヒョン(ムンガヨウン)を除いては誰も出入りしたことがない禁女の空間‘イシンの部屋’で、多情多感な雰囲気を演出している。
ジョンヨンファの強固な決意と一緒に、彼が最も大切にしている‘父のLP版’をプレゼントされたパクシネの幸せな笑顔は‘ドゥリーカップル’の甘いドラマの展開を期待しているネチズンたちの関心を集中させるに十分な姿だ。

オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告 ジョンヨンファ

オレのことスキでしょあらすじ予告、オレのことスキでしょ14話予告 ジョンヨンファ

祖父シング(イドンジン)の国楽の人生の授業で‘キュウォンの部屋’を見ることに失敗したジョンヨンファとは、8月17日に放送される‘オレのことスキでしょ’14回放送分、オレのことスキでしょ14話で偶然な機会に、‘イシンの部屋’に招待された(?)パクシネは、イシン父の古いLPの中のギター演奏を介してジョンヨンファとさらに近い音楽的共感を分かち合うことになる予定だ。
MBC韓国ドラマ‘オレのことスキでしょ’14話は8月17日(水)午後9時55分放送される。
韓国ドラマ‘オレのことスキでしょ’は15話で最終回放送になる予定で、‘オレのことスキでしょ’15話(最終回)は8月18日に放送される予定である。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ