相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!


相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!
2013年韓国ドラマ最高の期待作、相続者たちがいよいよ今日からスタートしますね!
今日は2013年韓国ドラマ 相続者たちキャストの中、主演を勤めるイミンホ、ヒロインパクシネ、新星キムウビン、三人の登場人物の詳細な情報と相関図を掲載します。
まず、主演キムタン役を演じるイミンホはジェグク(帝国)高等学校を通う18歳の財閥家ジェグク(帝国)グループ相続人で、ジェグクグループキム会長の同居女ハンギエ(キムソンリョン)が実の母親です。
イボナ(クリスタル)とは昔の恋人関係で、ユラヒェル(キムジウォン)とは婚約者関係でありながら、ラブラインはチャウンサン(パクシネ)と。
ヒロインパクシネは、相続者たちキャストの中、チャウンサン役を務めます。
ジェグク(帝国)グループで家政婦として働くパクヒナム(キムミギョン)の娘で貧困相続人です。
ユンチャンヨン(カンミンヒョク)とは幼なじみの関係で、ラブラインはもちろんキムタン(イミンホ)と。
また、ホットスターキムウビンはチェヨンド役で、ホテルゼウスの相続人です。
ユラヒェル(キムジウォン)の腹違い兄で、IQ 150の優れた頭脳を持ったジェグク高校生です。










10月9日から初放送を控えている韓国sbs tvのハイティーンロマンスドラマ 相続者たち(仮)の気になる内容は、経営相続人集団と株式相続人集団、その中のどこかのキムタン(イミンホ)、骨の髄から経営相続人集団であるチェヨンド(キムウビン)、ユラヒェル(キムジウォン)、キムウォン(チェジンヒョク)、株式相続人集団であるイボナ(クリスタル)、名誉相続人集団であるイヒョシン(カンハヌル)、チョミョンス(パクヒョンシク)、四つの階級のうちそのどこにも属していないユンチャニョン(カンミンヒョク)、そしてある日突然、彼らの中に投げられた社会配慮者集団であるチャウンサン(パクシネ)の話です。
そして、その階級を作った親たちの話です。
それらの中で割れて壊れるウンサンをタンは果たして守れるだろうか?

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細! キムタン役を務めるイミンホ画像!

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細! キムタン役を務めるイミンホ画像!

2013年韓国ドラマ 相続者たち主演、イミンホ/イミノ キムタン役 キャスト紹介
18歳 男。
ジェグク(帝国)グループ相続人。
あふれるほど持ったということは、持てるべきではないものも持ったことを意味する。
二人の母、腹違いの兄弟、隠し子というタイトル、幼いタンに降り注ぐ冷たい視線と理解するにはあんまりにも複雑な家庭事情がそのものである。
その広々とだだっ広い家が一度も自分の家のように暖かかったことがなかった…
英国に王族がいるなら、韓国には財閥がある。
英国に王子がいたら、韓国には財閥の息子がいる。
キムタンは、財閥の息子である。
王子らしい気品とアウラまで備えて、それこそ金持ちで背が高く、カッコイイので、グランドスラム達成だ。
少なくとも表面上は…
洗練された無視と嘲笑にキムタンは野暮ったく反抗した。
暴れん坊になることにした。
財界序列で友達を判断し、順位外の子たちを無視して苦しめた。
高慢と見栄で武装して、弱者には強くて、強者にはより強かった。
一日も風が静まる日なく、事件事故はあちこちで爆竹のように爆発した。
子供のけんかは、親のけんかになるのが常だったが、誰もジェグク(帝国)グループと敵になりたがらなかった。
タンはそれを利用するすべを分かっていった。
それが、タンが思っている影響力であった。
タンが暴走する機関車のように彷徨する間に、腹違いの兄であるキムウォン(チェジンヒョク)は、自分だけの領域を築き上げた。
国籍を問わず、名門大学の学位がプロフィール欄を埋めて行き、ちょうど父が病床に横たわり、ウォンは季節が変わるように自然に実質的経営者で社長の席に上がった。
それがウォンの影響力だった。
タンはその時分かった。
本当の王子はウォンだということを。
“お前が兄に勝たなければならない。”
タンのお母さんは、力を入れた目で癖のように話をしたが、タンは母よりウォンが好きだった。
大人らしく、かっこよくて、本物の男のような兄が、私の兄だという理由で良かった。
“秘密があるが、私は兄が好き。母が違うが。”
仲良しだったチェヨンド(キムウビン)に打ち明けた日、ヨンドはタンから離れた。
離れていたのは、ヨンドだけではなかった。
ヨンドの暴露で友達の裏切りといじめが続き、誰もがタンを踏み付けるわけが必要であったかのように熱を出してタンを墜落させた。
留学の面をつけて追い出されるように逃げてきたアメリカでタンは幸せだと思った。
怒ることがなかったし、笑いが増えて、夜は泣いた。
出口のない奈落で。
タンは見知らぬ異国の地よりもっと慣れていないチャウンサン(パクシネ)を出会うようになる。

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!チャウンサン役を務めるヒロインパクシネ画像

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!チャウンサン役を務めるヒロインパクシネ画像

2013年韓国ドラマ 相続者たち 女主演、パクシネ チャウンサン役 キャスト紹介 
18歳 女。
社会的配慮対象者。
‘お金持ちの若者だけが野望を持つ’が持論だ。
シンデレラのガラスの靴が脱がれ、結局シンデレラは王子と結婚をする。
この節を読みながら、七つのウンサンは考えた。
シンデレラ、これ世間ずれしていて。
シンデレラのガラスの靴が故意だと固く信じていたウンサンは、障害で話せない母のために早くも大人になった。
子供の頃から母親に代わってたくさんのことを処理していたから、公共料金の納付から各種税金、年金、ローン、保険関連知識まで、年式が満ちた家事の王になった。
しかし、人の多い場所で母親と手話で話すのが恥ずかしくて、目の前に母がいてもカカオトークで話す、間違いなく十八少女でもある。
お母さんが話せないことも嫌いで、財閥家の家政婦として働くことも嫌いで、そんな母を無視する人々も本当に嫌なのに、ウンサンが一番嫌いなのは、このじめじめした人生にどうしても出口がないという事実である。
明るくて独立的で強く見えるが、どうしようもなく胸の片隅が病んでいる。
週末ごとにフェイスブックを装飾している友達の日課は、ステーキハウスやマルチプレースを行ったり来たりするのに、自分は昼間は結婚式場、夜はコンビニ、それこそアルバイト天国だ。
ウンサンは、同じ年頃の友達が、医師、教師、芸能人の夢を見るときに‘月に200万ウォンが着実に 保障される事務職’を夢見る。
そんな中、ウンサンは、自力でアメリカで留学中の実の姉から国際電話を受ける。
金持ちの男に会って結婚をすることになったというのだ。
姉はウンサンのロールモデルであり誇りであった。
またとない人生の機会だと思ったウンサンはお母さんが用意してくれたお金を直接伝えるという任務を口実にして、アメリカへの飛行機に乗る。
二度と戻らないつもりで。
しかし、アメリカで会った姉は結婚どころか、アルコール依存症、白人男性と同居しているただのウエートレスであった。
偶像が崩れる瞬間だった。
裏切られた気持ちで姉と大喧嘩して背を向ける道。
行き先がないウンサンは笑うことができない事に絡まれてタンと出会うことになり、彼の家に泊まるようになる。
タンの家、玄関に入った瞬間、シンデレラが初めて宮殿に入城した気分がこうしたのだろうか。
圧倒的な坪数と豪華なインテリアのために呼吸が困難な状況なのに…
突然、女が一人押しかける。
それも、婚約者。
十八に婚約とは。
縁か悪縁か帰ってきた韓国で、それも転校初日、ウンサンは再びタンと出くわす。
ジェグク(帝国)高等学校の数多い相続人の間で、継承されたのは貧困しかないウンサンの不安な学校生活が始まる。

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!チェヨンド役を務めるキムウビン画像

2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト、登場人物(相関図・内容含む)詳細!チェヨンド役を務めるキムウビン画像

2013年韓国ドラマ 相続者たち、キムウビン チェヨンド役 キャスト紹介 
18歳 男。
ホテルゼウス相続人。
ヨンドは頭が良かった。
IQ150のメンサ会員であったが、自分の良い頭を良いところに使うのが好きではなかった。
ヨンドの頭から出てきた奇抜なアイディアは、主に友人をさらに奇抜に苦しめる方法であった。
徹底した計算と予測に誰かを正確にどん底に落とした時、ヨンドの涼しい顔はほんの短い時間だけ笑みを盛る。
誰もそのようなヨンドと敵になりたくなかった。
タンを除いて。
ヨンドはタンが気になってきた。
自分より優れた方法で友人を苦しませたからだった。
二人の神経戦は思春期、その年齢らしく幼稚で熾烈だった。
しかし、緑は同色、ザリガニは蟹の味方、二人はすぐに気がよく会う親友になった。
八歳、小学校入学式の日、自分を捨てて家を飛び出した母親の話。
12歳、祖母が人々を使って、結局母を見つけて離婚届けに印を押させた話。
その時、おばあちゃんに平手で頬を打たれた母。
その後、父が会う若い女性たち。
その女性たちがくれたお小遣いで訓練された猟犬を買って家を出入りする女性に“噛め!”と命令したこと。
ヨンドは誰にもできなかった話をタンに打ち明けた。
しかし タンが、自分が妾腹の子(庶子)だと言う秘密をヨンドに打ち明けた時、ヨンドは容赦なくタンを去った。
自分よりも高い位置だと思ったし、従って頼りにできたのに、タンが自分を騙したのだ。
ヨンドは、その状況を‘裏切り’と呼んだ。
遠くなった友は、天敵になって遠くなった心の距離くらい遠い場所へ去った。
ヨンドは以前よりももっと悪らつに皆の上で君臨した。
自分の勝利だと思っていたが、可笑しい事に笑えなかった。
そんなある日、永遠に戻ってこないと思ったタンが目の前に現れた。
ヨンドは、第2ラウンドを宣言し、タンの関心を引こうとするが、タンはヨンドを無関心と無視で一貫する。
気にしない。
ヨンドは、今、タンを第2ラウンドに引き寄せる奇抜な方法を発見し出したから。
貧しいそうな転校生、チャウンサン。
彼女がタンの弱点だ。
しかし、変数が発生する。
ウンサンと一緒にいると気持ちが妙になる。
新しいおもちゃを発見したときめきなのか?
それとも今まで一度も会ったことのない感情がヨンドを訪ねてきたのだろうか。
ヨンドは、この混乱を招くゲームのサイコロを今投げたばかりだ。

今日は韓国ドラマ 相続者たちのキャストと登場人物、相関図と内容の詳細な情報を書きました。
王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち(仮)が、2013年韓国ドラマ最高の期待作に期待される理由は、各キャラクターを特異な姿で立派に具現化するキムウンスク作家の次期作ということです。
特に、男主人公のキャラクターをよく生かすことで有名なキム作家の作品だけに、イミンホが俳優としてどれだけ成長するかを見るのも楽しみの一つですね!
次は2013年韓国ドラマ 相続者たちキャスト・登場人物の中、イボナ役のチョンスジョン(f(x)/クリスタル)、ユラヘル役のキムジウォン、ユンチャニョン役のカンミンヒョク(CNBLUE)の詳細を掲載しますね!


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ