韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話展開は?キムテヒ出産と宮廷暗闘、反騰ポイントは?


韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話展開は?キムテヒ出産と血の飛び散る宮廷暗闘予告!後半の反騰ポイントは?
ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるは、キムテヒの悪女変身で宮廷の暗闘を予告する。
韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる(脚本:チェジョンミ、演出:プソンチョル)が、二桁の視聴率で安定圏に入った中、後半の反騰ポイントが期待を集めている。
韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるのチャンオクチョン(キムテヒ)がチャンヒビン(張禧嬪)になってから、より大きな権力に目を開こうとする姿を見せている。
さらに、自分の子供を奪おうとするインヒョン王后(仁顕、ホンスヒョン)を追い出すための宮廷の暗闘が本格的に描かれて緊張感と楽しさを増している。
視聴率調査会社ニールセンコリアによれば、15話と16話は11.1%と10.5%の視聴率をそれぞれ記録した。
このように韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるは、二桁を維持し、視聴率まで安定圏に入ったわけだ。
反騰はこれから始まる。
16話あらすじで、肅宗イスン(ユアイン)が毒殺背後にオクチョンを疑ったが、すぐオクチョンが妊娠をしたという事実に疑いを畳んでおく。
一方、オクチョンは息子を産んで聖君を作ると誓って、これからもっと政界に介入して権力を握ろうとする姿を予告した。
このような中、臨月のキムテヒのリアルな出産 シーンが公開され、注目を集めている。

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話予告映像で、チャンヒビン(張禧嬪)に変身したキムテヒのリアルな初出産演技シーン公開!

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話予告映像で、チャンヒビン(張禧嬪)に変身したキムテヒのリアルな初出産演技シーン公開!

写真の中のキムテヒは、宮内のサンシルチョン(産室廳)で、宮女たちの手厚い世話の中、出産の苦痛を経験している。
リアルな表情と身振り一つ一つがすさまじい出産の苦痛を生々しく盛り込んでいる。
キムテヒは劇中、リアルな出産シーンを演じたのは今回が初めてだ。
一層アップグレードされた演技が期待される中、オクチョンの子供はすべてインヒョン(仁顕)王后が育てるという約定が生きており、今後展開される物語に関心が集中している。

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話予告映像!チャンヒビン(張禧嬪)役キムテヒ、肅宗イスン役ユアイン!

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話予告映像!チャンヒビン(張禧嬪)役キムテヒ、肅宗イスン役ユアイン!

16話あらすじでオクチョンは、インヒョン王后とソイン(西人)たちから自分の不純な噂に肅宗イスンが苦境に陥っているとし、宮廷から出て行くという激しい圧迫を受けた。
しかし、オクチョンはちょうど肅宗イスンの子供を懐妊して逆転に成功した。
韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話では、チャンヒビン(張禧嬪)に完全変身したキムテヒがついに劇中息子、景宗(朝鮮20代王)を生む。
このような中、チャンオクチョンに背中に剣を差し込むチェムスリ(雑仕、ハンスンヨン)が登場し、インヒョン王后を含む3人の女性の血の飛び散る宮廷の暗闘が劇をさらに興味津々にする見通しだ。
韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる関係者は、“チャンヒビン(張禧嬪)は自分自身を守るために権力を掴み取って、ソイン(西人)勢力であるインヒョン王后と、さらに激しく対立する予定である。
ここにチャンオクチョンの息子、景宗とチェムスリの活躍が加わって緊張感を倍加させる。これらの息詰まる暗闘劇に多くの期待を望んでいる”と、伝えた。
一方、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ17話では、肅宗イスンは急に倒れるようになるが…
キムテヒのリアルな出産シーンと、景宗の誕生ストーリーで期待を集めている、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるは、SBS、毎週、月曜日、火曜日の夜9時55分に放送される予定だ。

ソイン(西人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮14代王、ソンジョ(宣祖)時代の文臣、シムウイキョム(沈義謙)を中心にしてトンイン(東人)と対立した党派。またはそれに属する人。あとでチョンソ(青書)、フンソ(勳西)、ソソ(少西)、ノロン(老論)、ソロン(少論)、シパ(時派)、ビョクパ(僻派)などで時期に応じて多岐に分かれた。

サンシルチョン(産室廳):宫内で妃、嬪が赤ちゃんを生むことと関連した仕事を引き受けていた臨時の役所。

景宗:朝鮮20代王(1688~1724)。粛宗とチャンオクチョン(張禧嬪)の息子。
名前はユン(昀)。字はフィソ(辉瑞)。在任期間中に老論と少論が対立して、シンイムサファ(辛壬士禍)が起こるなど、党争が絶頂を成し遂げた。在位期間は1720~1724年である。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ