韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ19話は?キムテヒ、いよいよ国母になる!


韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ19話は?キムテヒ、大礼服を着て中殿即位式!いよいよ国母になる!
キムテヒがいよいよ女人が持つことができる最高の席である中殿に上がる。
SBS韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる、ヒロインであるキムテヒの中殿時代が予告された中、キムテヒの中殿即位式現場写真が公開された。
公開された写真の中のキムテヒは、赤い色の派手な大礼服を着ており、その後ろには尚宮たちが礼を取って付いている。
注目すべきは、キムテヒの表情である。
威厳ありながら、何か決然として見える目つきが中殿の品格をしっかりと示している。

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる19話スチール映像!大礼服を着ていよいよ中殿の席に上がるチャンオクチョン(キムテヒ)の中殿即位式現場写真が公開された。

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる19話スチール映像!大礼服を着ていよいよ中殿の席に上がるチャンオクチョン(キムテヒ)の中殿即位式現場写真が公開された。

公開された写真の中のキムテヒは、赤い色の派手な大礼服を着ている。
冷たく決然さが感じられる目つきで‘血飛沫飛ぶ、チャンオクチョン中殿時代’を予告しているキムテヒのカリスマが光る。
両手を揃えたまま、口を固く閉じて、何かを決心したような表情を見せているキムテヒは、色とりどりの刺繍と髪飾りに寄り付けることができない雰囲気を漂わせて、派手な大礼服も無理なく消化している。
劇中、チャンオクチョン(キムテヒ)は、国王、イスン(ユアイン)の心を得て元子まで生んだが、いつも微賤な身分が足首を握って死の峠を何度も越えてきた。
自分と息子を完全に守るためには、誰もあえて見下げることができない最高の席が必要だったし、いよいよ夢を成し遂げたのだ。
しかし、歴史が物語るように、オクチョンの中殿時代もそう平坦ではなく、展開が急進展する見通しだ。
韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ18話では、ホンスヒョン、ジェヒ、イサンヨプ、ハンスンヨンなど助演たちが劇の前面に配置され、劇の活力を吹き入れ、倒れた肅宗イスンの姿を見たインヒョン王后(仁顕、ホンスヒョン)がチャンオクチョンを追い出し、直接政界に足を踏み入れていく姿が描かれて再び波長を予告した。
前のインヒョンは、士大夫出身の王妃として、その間には政治と権力に直接介入するよりは一歩後退して肅宗イスンをお手伝いする役割を果たしてきたので、視聴者の関心が集まっている。

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる、助演4人衆、それぞれの野心を現わした!本格的な活躍予告、ストーリー急展開になる?

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる、助演4人衆、それぞれの野心を現わした!本格的な活躍予告、ストーリー急展開になる?

また、チャンオクチョンを取り戻すために朝鮮に帰ってきたヒョンチス(ジェヒ)は、宮殿で追い出されるオクチョンを拉致して、清の国から帰ってきた後、初めて再会した。
ヒョンチスはオクチョンに一緒にしようという思いを伝えたが、すでに野心と権力に目を開いたオクチョンはヒョンチスの提案を拒絶して、今後の展開に気がかりなことを醸し出している。
特に、新たに登場したチェムスリ(ハンスンヨン)も平凡でない雰囲気を漂わせてヒョンチスに‘欲しいものがあれば盗む’と、いう大胆な態度で、承恩を受けるという抱負を明らかにし視線を捕らえた。
後日、チェムスリは正1品、嬪の席に上がって自分の息子を王(英祖)まで作った人物で、これからインヒョン王后と手をつないで、勢いに乗っているチャンオクチョンの前途をどのように防ぐのか期待が集められる。
ドンピョンクン(東平君、イサンヨプ)も肅宗イスンのファングク(換局)のための策略の完璧な補助者として、再び活躍して存在感を現わした。
しかし、オクチョンに対した心を完全に畳むことができない状態なので、今後の歩みが注目されている中でキムテヒとイサンヨプの間に異常気流が捕捉された。
キムテヒの中殿時代を知らせて終盤に向かって走っている、韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるの中のイサンヨプがキムテヒに心を現わす場面が公開されて帰趨が注目されている。

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ19話で、ドンピョンクン(東平君、イサンヨプ)がチャンオクチョン(キムテヒ)に自分の心を現わす映像が公開された。

キムテヒ主演ドラマ!韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ19話で、ドンピョンクン(東平君、イサンヨプ)がチャンオクチョン(キムテヒ)に自分の心を現わす映像が公開された。

韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きる19話の放送に先立って公開された写真には、月夜に後園でチャンオクチョン(キムテヒ)の顔を触りながら奥深い目で眺めるドンピョンクン(東平君)の姿が盛られている。
劇中、ドンピョンクン(東平君)はチャンオクチョンのすべてを守ってくれる‘足長おじさん’のような存在だ。
しかし、オクチョンが肅宗イスンの女になった後は、本音を現わさいなかった。
チャンオクチョンを眺めるドンピョンクン(東平君)の目つきが悲しく感じられる理由である。
しかし、王の女でありながら、ネミョンブ(內命婦)の最高の首長になったチャンオクチョンと私的なドクテ(獨對)を超えて、妙な雰囲気を醸し出すドンピョンクン(東平君)の行動が今後、韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるにどのような影響を及ぼすのか期待感が増幅されている。
一方、わずか6回を残している韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるは、助演たちのキャラクターが全面に本格的に配置され、緊張感をより加えてしっかりしたストーリーと興味を同時にもたらす見通しだ。
キムテヒ、ユアイン、ホンスヒョン、イサンヨプ、ジェヒなどの組み合わせがどのような相乗効果を発揮するのか、特にチャンオクチョンの中殿即位式以後、インヒョン(仁顯)王后とヒョンチス、チェムスリなどが虎視眈々とチャンオクチョンを狙っており、中殿としてどのような姿を見せて席を守っかも帰趨が注目されている。
SBS韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるは、毎週、月曜日、火曜日の午後9時55分に放送される予定だ。

ファングク(換局):時局が変わること。

ネミョンブ(內命婦):朝鮮王朝時代、律令制で5位以上の女官の称号。

ドクテ(獨對):官吏が単独で帝王に見え政治に関する意見を上奏(じょうそう)したこと。転じて, 高位の人物を単独で面談すること。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ