千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①


千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①

韓国ドラマ、千日の約束あらすじ、千日の約束1話は10回から12回くらいに分けてあらすじを掲載つもりです。
韓国ドラマ、千日の約束あらすじ、千日の約束1話①では、キムレウォン(ジヒョン)とスエ(ソヨン)の再開が描かれています。
お互いに、現実を見つめて心の奥に入れて置くべきだったが、お互いを愛しく思っていた二人が再開して、限りのある時間だけをお互いを求め愛し合うことを決めた二人の愛の始まりです。
ここからは韓国ドラマ、千日の約束あらすじ、千日の約束1話①です。

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘悲しみの始まり’

SBS TV月火韓国ドラマ‘千日の約束’が放送2回目で同時間帯視聴率1位に上がった。
視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると、10月18日の‘千日の約束’第2話は全国基準視聴率14.6%を記録した。
10月17日の初回視聴率12.8%から1.8%ポイント上昇した。

川沿いを走る車、落ちるいているけど弦楽器の旋律が切なさを増す音楽が流れている。
静かな川沿いに止まっている車は他人の眼から隠れている男女の平凡ではないデートを現しているように見えていた。
うらさびしい静ずけさが漂だよう時間の中、先に口を開いたのはジヒョン(キムレウォン)だった。
ジヒョンはソヨン(スエ)に“ここへ来たことはあるの?”と聞くが、ソヨンが答えないと、車の窓に映る外の風景においていた視線をソヨンに移しながら、“来た事ある?”と再度聞く。
ソヨンは首を横に振りながら否定を表しながら“通りかかっただけ。会社のワークショップへ行くとき”と答える。
ジヒョンは言いにくい言葉を口に出すためだったのか時間を置いて“私、本当にやつだ。ソヨン。”と口を開けた。
ソヨンは意外なジヒョンの言葉に表情を固めて、ジヒョンを見つめる。

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①

ジヒョンは“あの日から、私は…君を抱きたいと言う欲が…一日の半分を占めている感じだ。ある瞬間は私が、その欲で全てになってしまう感じだ。”と言うと、ソヨンの眼には段々と涙で潤って行く。
ジヒョンは“合い間、合い間に謀るのは…どのようにすれば少しでもより少ない悪いやつになって、君を抱けるかだけなの。”と言いながらソヨンを見つめている。
ジヒョンから視線を離したソヨンは悲しみと嬉しさが交差するようななみだ目で“私は…私がどうすれば良いのか。私から誘ったらいけないのか?そうしているけど…”と語尾を下げながらジヒョンを見る。
ソヨンは“恥をかくのではないかと思って、知らん振りをしているけど…”とジヒョンを見る。

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘再開’①

二人はお互いの心の中にうごめく欲望と欲を確認した後、誰が先にという事無く、荒くお互いの服を脱いで美しいが、退廃的で愛だけど、所有欲に結ばれた物理的な愛に心のひもを継続させた。
そのように、二人は愛し合い付き合い始めた。
時間が経ち、ソヨンは頭をセットする途中に家を出たのか、赤と青のロットを巻いたまま運転をしている。

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、スエ、パクユファン

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、スエ、パクユファン

頭痛を感じ始めたソヨンは、車を止めて薬を飲む。
その時、頭に浮かんで来る弟の声!
ソヨンの弟、ムングォン(パクユファン)は“薬を飲みすぎではないか?何の薬をそんなに頻繁に飲むのか?”と聞くと、ソヨンは“痛いから仕様がないじゃん。”と答える。
ムングォン(パクユファン)は“私が知らない、何か頭を痛ませることでもあるか?”と聞くけど、ソヨンは“そんなのあるわけないじゃん。”と無心な声で答える。
ムングォン(パクユファン)は“なら、何でそんなに頻繁に痛いのか?”と聞き、ソヨンは“知らない。頭の中で腫瘍でも育ているのかも。”と答え、弟は怒った声で“なんで、そんなに怖いことを言うの!”と怒る。
ソヨンは“あまりにもしょちゅう痛いから。何?もしかして、私、脳腫瘍?”と弟の顔を見る。
弟は“気分悪い事を言わずに病院へ行け。”と助言をする。
ソヨンは“いつか治まるだろう。”と軽く答えた。
薬を飲んで、弟との話を思い浮かばせたソヨンは、再び車を走り出す。
ソヨンの家ではソヨンが置き忘れて出ていたソヨンの携帯電話が鳴り始まる。

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、スエ、パクユファン

千日の約束あらすじ、千日の約束1話、スエ、パクユファン

電話の向こうからコンビニでバイトをしている弟の声、“姉さん、出かけたの?出かけないと言っただろう。急に、インタービューでも入ったの?まさか、また、電話を置き忘れて出ていたのではないだろう?分かった。ともかく、婆さん。姑母が出た際に、通帳を整理して、胸が裂けて血を流しながら帰ったって。姑母に連絡してあげて。”と録音を終えた瞬間、コンビニへ入って来る人はいとこお姉さんの夫だった。
お金を払う払わないともめながら、楽しくバイトをしているソヨンの弟だった。
一方、ソヨンは行き先の表示板を見落として、インターチェンジで降りず、通り過ぎてしまう。
ソヨンの姑母は食事中、ムングォンからメッセージ受ける。
メッセージ内容で、泣いたという内容があったことを聞いた姑母の夫は“何のために泣いたの?”と聞く。
姑母は“あ~ソヨンにマンション残金、貸してあったの…残りのお金が昨日、振込みされていた。先、通帳記入をしたらニ+丸7個、それを見た瞬間、涙が流れ出して止まらなかった。あの、可哀想な子がその約束を守るために、どんなに苦しんだのか…仕事をするだけでも大変なのに、また、パソコンの前で夜も寝られずにどんなに苦労したのか…姑母といても金持ちではないから…私は、そのお金をもらうしかなかったのか…”と泣き始める。
続きは、韓国ドラマ、千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘密愛’②をお楽しみに…
千日の約束あらすじ、千日の約束1話、キムレウォン、スエ‘密愛’②へ
韓国ドラマ、千日の約束は毎週月・火曜日夜9時55分に放送されている。
韓国ドラマ‘千日の約束’3話は10月24日の放送を予定している。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ