シティーハンター in Seoul あらすじ 15話(韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ情報)5


シティーハンター in Seoul あらすじ 15話、韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ15話-5 情報

シティーハンター 半導体工場、白血病事態に直撃弾を受け!
シティーハンターが、世界に向けて直撃弾を飛ばした。
シティーハンターin Seoul 韓国ドラマ15話では、大企業産業現場で発生した白血病に関連した死亡事態と白血病に苦しむ労働者の話が描かれた。
有害な化学薬品にさらされた環境の中で働いていた労働者が、白血病にかかったにもこれを知らん振りをする悪徳企業主と、労災と認められるために死闘を繰り広げる労働者の姿が描かれた。
母、ギョンヒ(キムミスク 役)が入院した病院でユンソン(イミンホ 役)は、自分が復讐をしようとしているチョンジェマン会長(チェジョンウ 役)の系列会社の化学工場、へウォンキャミカールで働いて白血病にかかった一人の女性労働者チェミョンスクの事情を聞くことになった。
息子とかろうじて生きていた彼女は白血病にかかり、病院で病魔と戦って入院していた。
すでにこの工場ではチェミョンスクのような症状で死亡した人が大勢だと。
女性労働者チェミョンスクは、対策委の委員長を務めていた。
入院した彼女を訪ねてきたチョンジェマン会長の破廉恥な姿が描かれた。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

チョンジェマン会長は入院しているチェミョンスクを訪ねてきて懐柔しようとしたが、彼女は“労災と認めてくれるまで、工場の人たちと志を共にすることにした”として断った。
すると、チョンジェマンは、“労災を簡単に考えているようだが、働いていて生じる病気まで、会社で責任を負う義務はない”と釘を刺した。
これに“それなら、工場を通う前は健康だった私がこのようになって、一緒に働いた人が死んでいくのに、偶然ですって?裁判所でも、人体に害を及ぼす物質があるという判決も出たのではないか”と抗議した。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

すると、チョンジェマンは“知らずに働いていたわけではないじゃないか”とし、入社前に、有害な薬品を使わなければならないということを、事前に知らせたと強調して、自分の責任ではないとの立場を重ねて主張した。
彼女は“そこの工場の問題が多いということを知りながら働いたんです。それでも嘘ではないんですよ。必ずしも明らかにして労災を認められる”と、もう一度覚悟を固めた。
しかし、チョンジェマンはこれにとどまらず、“ひょっとしてあなたが間違った時、子供が孤児院に行かないようによく考えてください。”と彼女を懐柔し始めて“会社次元で慰労金を特別に準備した。お望みでしたら慰労金に息子さんの大学まで無事に終えることができるように奨学財団に名前を乗せて、卒業後は私たちの会社に入社できるようにする”と拒否しにくい提案をならべた。
チョンジェマン会長は“職員を説得して、今の病気はこの会社とは関係ないという覚書を書いてくれ”と条件を提示する。
また、彼女が覚書を書いてくれなければ、すぐに入院室から追い出すと脅迫も辞さなかった。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

病室の外に出たチョン会長は、“工場を全部外国に移さなければならなかったが…、あいつらにお金を与えることを考えると眠れない。無理にでもはんこを押すようにしなさい”とイライラして、自分の秘書には、“保健福祉部、常任委員会の議員たちがスパ後、韓定食まで楽しむことができるようによく仕えなさい”として取りまとめる。
社会的問題を触れてきた‘シティーハンター in Seoul’は、敏感な問題である大企業労働者の労災まで掘り下げてきちんと現実に直撃弾を飛ばした。
労働者には脅迫と懐柔を、国会議員と公務員には、賄賂で問題を大まかに覆って行くとする、一部の大企業の非常識な行動を正面から触れたもの。
これに‘シティーハンター’が労働者の健康は思わないチョンジェマンを懲らしめるために出る内容が描かれている。
現実でも同じような事件が起きている。
S半導体で働き、白血病で死亡した労働者の遺族が、勤労福祉公団を相手に労災を認めて欲しいと訴訟を行った。
最近の裁判所は、労災を認めたが、勤労福祉公団は控訴を決定した。
遺族たちは、勤労福祉公団の前で座り込みを行っている。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話 画像

S半導体で働き、白血病などの難病で死亡した人は46人、闘病中の人を含めると120人余りに達することが知られている。
‘シティーハンター in Seoul’韓国ドラマはこれまで、軍需用品の非理をはじめとして、最近半額授業料とした大学財団の非理問題、防弾国会と国会議員の贈収賄、公務員の公金横領など、 韓国社会が直面している不条理な社会問題を迅速に扱って視線を集めてきた。
主人公の‘シティーハンター’イユンソンは、その中心人物を捕まえて、検察に渡して法の裁きを受けるようにしている。
今回は危険な作業環境の中で働いて白血病にかかっていたが労災と認められない労働者たちの苦しい戦いを扱って注目を集めている。
‘シティーハンター’のこのような、直接的な社会風刺は、視聴者たちから大きいな呼応を得ている。
単なる素材だけ軽く触れるのではなく、具体的につね出しているからだ。
放送を見たネチズンたちは“こんなのが実際の放送である。”、“PDと作家が強心臓だ。その二人が‘シティーハンター’みたいだ”、“S電子、見ているか?”などの反応を見せた。
諜報アクションに社会的問題まで正面から描いた‘シティーハンター in Seoul’は、まるで‘現代版ホンギルトン’を見るような感じを与える。
多くの人が知っていながらどうしても言えずに背を向ける真実をドラマを通じて話をしてドラマの没入度と真正性を高めている。
視聴者たちの閉塞の中をぽっかり開けてくれる‘シティーハンター’が果たしてどのような方法でこの問題を解決していくか注目される。
続きは、シティーハンター in Seoul あらすじ 15話-6へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ