シティーハンター in Seoul あらすじ 15話(韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ情報)7


シティーハンター in Seoul あらすじ 15話、韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ15話-7 情報

 パクミニョン‘シティーハンター’イミンホに“私が好きなの知ってるでしょうね?”
パクミニョンの積極的な告白が描かれた。
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ15話では、ナナがユンソンに好きな気持ちを積極的に現わした。
ユンソンが母親、キョンヒに骨髄移植をする日を控えて、ナナは体に良い茶(シラカバ きのこ茶)を与えて、“骨髄移植をするためには、ユンソン氏が健康でなければならない。骨髄移植に良い茶だ。全部、飲みなさい”とし、取りそらえてくれた。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

続いてナナは、“すべてうまく行くと思う。私はユンソン氏が何をしても信じる。応援する。大変な事があったら、いつでも言いなさい”と“私がユンソン氏、好きなの知ってるでしょうね?”と告白した。
これに慌てたユンソンが、“どんな女の子がそんなに好きだという言葉を平気で言えるのか”と言うとナナは、“好きなら好きだ。それがどうだって?”と打ち明けてユンソンの心を暖かくした。
また、ナナは‘シティーハンター’ユンソンの派手なアクションではなく、母、キョンヒとの母子の間の暖かい姿が好きだと告白するナナをずっと遠ざけて苦しがるユンソンの姿が描かれた。

 ‘シティーハンター’イミンホ、実の母、骨髄移植に成功!
ユンソンは母親、キョンヒと無菌室で一緒に一晩を過ごした。
キョンヒは“無事に終えて退院すればお盆くらいになるだろう。今年のお盆は、うちのユンソンと一緒に墓参りにも行けるだろう。一緒にお父さんの茶禮(先祖を供養する韓国の法事)も行って…”と息子との幸せな未来を描いて喜んだ。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、キムミスク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、キムミスク画像

ユンソンは、“私はお母さんが健康で幸せならばそれで良い”とした。
キョンヒは、“お母さんはもう幸せだ。君のために病気も治して、お母さんは君と会って、とてもとても幸せだ”と笑った。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、キムミスク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、キムミスク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ画像

キョンヒはユンソンへの愛情をたっぷり入れてユンソンに‘幸せとは’の歌を穏かに歌ってあげるなど、温かい風景を演出した。
ユンソンは母親、キョンヒへの骨髄移植を 無事に終えた。
イキョンヒは回復することだけが残った。
一方、白血病にかかった母親、イキョンヒはユンソンに自分の指輪を渡してナナに告白しろと言うが、自分の将来に対して確信がないユンソンは躊躇している。
ユンソンはナナに指輪を渡さなかった。
続きは、シティーハンター in Seoul あらすじ 15話-7へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ