シティーハンター in Seoul あらすじ 15話(韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ情報)8


シティーハンター in Seoul あらすじ 15話、韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ15話-8 情報

‘シティーハンター’イミンホ、パクミニョンに“好きだ”告白予告!
シティーハンター 韓国ドラマ15話で、ナナはイユンソンに何度も好きだという話をした。
そのたびにユンソンはナナに、“どんな女の子が好きだという話をそんなに易しくするのか”と面とむかって咎めた。
しかし、ナナは却って “好きだから好きだと言うのだ”と堂々とした姿を見せた。
そんな中、ナナは再び非難するユンソンに“ところでユンソン氏は、なぜ私に好きだという話をしないのか?”とし“私だけ損するような気にさせるのか ”と悩み苦しんだ心を現わした。
しかし、ユンソンは、“好きだという言葉、君に話せない。期待しないで”とはっきり語った。
これにナナは寂しいながらも、“私が本当に聞きたいと思ってそうだったのか?つい話して見た言葉だ。私もプライドのある女だ”と、うまく言い繕った。
そうして、“その代わり、今年の冬に願いこと一つだけ聞いてくれる?聞いてやることが難しいことで考えて置くから”と席を避けた。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、パクミニョン画像

ナナは頑張って“そうだ。キムナナ。知らなかったことでもないので傷つかないようにしよう”と自分をなだめであり、ユンソンもまた、‘シティーハンター’の任務を控えて服を着替えていたユンソンは、“このように生きなければならないのに、どういうふうに君に好きだと言えるのか。この仕事をすべて終わらせて、私がそれまで生きていれば…”と自分の境遇を悲観した。
その後、ナナはキョンヒから指輪の話を聞くようになった。
しかし、ユンソンに言い出すことができなかったナナは心残りを抱えたままであった。
果たしてユンソンとナナが恋人の結実を結ぶことになるのか関心が集められている。
一方、イユンソン(イミンホ 役)のおかげで命を救ったキムヨンジュ(イジュニョク 役)検事は、イユンソンの裏調査にさらに熱を上げ、イジンピョ(キムサンジュン 役)が、ユンソンの実母、イキョンヒ(キムミスク 役)の病院を調べ、全編にあふれる迫真感を加えた。
続きは、シティーハンター in Seoul あらすじ 15話-9へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ