シティーハンター in Seoul あらすじ16話 、シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ16話レビュ


シティーハンター in Seoul 、韓国ドラマあらすじ16話&レビュ
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ16話、視聴率19.8% 水木ドラマ1位、独走行進!
シティーハンター in Seoul SBS水木、韓国ドラマが視聴率坦坦大路に乗って、視聴率独走行進を続けている。
シティーハンター in Seoul SBS水木、韓国ドラマ16話の視聴率はAGBニールセン首都圏基準で19.8%を記録して、水木ドラマ視聴率1位行進を続けた。
連日、‘破竹の勢い’の視聴率記録更新を重ね、水木ドラマ独走体制を続けていること。
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ、反転結末予告!
シティーハンター in Seoul SBS水木、韓国ドラマが放映終了を控えて反転結末が予告されて気がかりなことを生んでいる。
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ16話では、イユンソン(イミンホ 役)の出生の秘密に関する伏線が電波に乗った。
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ16話では、イユンソンがチェウンチャン大統領(チョンホジン役)、チェダへ(クハラ役)と食事をしながら豆ご飯 から豆を選び出す場面が電波に乗った。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 イミンホ、クハラ、チョンホジン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話 イミンホ、クハラ、チョンホジン画像

前に、イユンソンの母、イキョンヒ(キムミスク 役)が豆を選び出すユンソンに“お父さんとまったく同じだね”と言われたことがあり、ネチズンたちは“チェウンチャン大統領がもしかしてイユンソンの父ではないか?”という推測を出している。
これに、イミンホは韓国SBS TV‘一夜のTV芸能’に出演して、結末に対する質問を受け“予想外の反転と衝撃的な最後の処断が待っている”とし、“容易に予想はできないと思う”と言って視聴者たちの気がかりな事を増幅させたりした。
‘シティーハンター’イミンホ、パクミニョンに嵐のような告白と同時に別離宣言!
この日の放送では、ナナ(パクミニョン 役)に向けたユンソン(イミンホ 役)のよどみない告白が続き、女心をざわめかせた。
‘シティーハンター’として活躍し、何度も死の危機を免れたユンソンは、ベシクジュン(キムサンホ役)に“私がなぜここにいるのか…いつでもどこでも死ぬことができるということを…ちょっと忘れた”と意味深な言葉を残し、ナナを訪ねた。
ナナに会ったユンソンは真剣な表情で“私によくないことでも起きて、私のために君が苦しがると思うと、耐えることができない。君には私に対したどんな記憶も残したくない”と話を切り出した後、“キムナナ…君が好きだ”と言いながら、これまで隠しておいた心を打ち明けた。
長い間好きな心を隠したまま、がさつな態度を続けてきたユンソンは、心のこもった告白をした後、“でも、君を放す自信がない…だから君が先に私を放してくれ”と衝撃的な別れを宣言した。
‘シティーハンター’という苛酷な運命の中で、ナナとの関係がより一層切なくなることをこれ以上耐えられないユンソンが最後の選択をしたわけだ。
ユンソンはナナに向かって切実な目つきで、“最初で最後のお願いだ…君が私を放すんだ”とお願いをして“キムナナ、ごめんね。私を知ってて…君を振っておいて”と、痛ましい心も表わした。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、パクミニョン画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ画像

ナナに向けた切ないユンソンの真心がお茶の間を通じてそのまま伝達され、視聴者たちも切なくさせた。
放送後視聴者たちは“いよいよユンソンがナナに心を打ち明けたんですね。二人がハッピーエンドになったらいいのに…”、“愛してるから去るという言葉、ぴったり合う状況だな”、“‘シティーハンター’の運命で生きるユンソンに愛は力になれないことなのか?”、“わざわざ遠ざけようとするナナの心も感じられてじいんとしますね”、“ユンソンが‘シティーハンター’で見事に活躍して彼を待ってくれたナナに戻ったらいいな”など、シティーハンターへの反応を現わした。
一方、‘5人会の処断プロジェクト’第4弾である、へウォングループのチョンジェマン(チェジョンウ役)会長の非理を追っていたユンソンがお目見えした圧倒的な‘水桶アクション’に対する視聴者たちの賛辞が相次いだ。

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ ‘水桶アクション’画像

シティーハンター in Seoul あらすじ16話、イミンホ ‘水桶アクション’画像

へウォングループの労災労働者たちのストライキの現場を武力で解除させようとする、ソクドゥシク(ソンチャンフン 役)一派をユンソンが撃破する過程で、水桶を利用した派手なアクションをお目見えしたこと。
‘シティーハンター’らしい、イミンホの凛々しい姿に視聴者たちは熱狂的な支持を送った。
一方、‘シティーハンター’を避け、あらゆる計略を動員しているへウォングループのチョンジェマン会長とそんなチョンジェマンと企てて、より残忍な復讐を行おうとするイジンピョ(キムサンジュン 役)。
‘シティーハンター’ユンソンの後を追う、キムヨンジュ(イジュニョク 役)検事の活躍もまた激しくなると、‘シティーハンター’は一歩も譲歩できない緻密な対立構図が続いている。
予測不可能な緊張感あふれる展開が継続し、終盤に向かっている”シティーハンター”への気がかりなことをより一層高めさせている。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ