シティーハンター in Seoul あらすじ 15話(韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ情報)9


シティーハンター in Seoul あらすじ 15話、韓国ドラマ シティーハンター in Seoul あらすじ15話-9 情報
 
‘シティーハンター’イミンホ、タイ名前‘プチャイ’イジュニョクにばれ!
イユンソン(イミンホ 役)の過去の行跡が、キムヨンジュ(イジュニョク 役)検事にばれた。
シティーハンター in Seoul 韓国ドラマ15話では、イユンソンの身分偽造の事実を感づいて追跡するキムヨンジュの姿が描かれた。
キムヨンジュ検事はイユンソンに、“シティーハンターが私にビデオを送ったが、チョンジェマン(チェソンウ 役)が私の命を狙っているようだ。シティーハンター、本当にありがたくないか。私が後を追っているのに私を助けてくれて…”と切り出した。
イユンソンは、キムヨンジュの言葉に戸惑いながらも無視した。
チョンジェマン(チェソンウ 役)の非理を暴いたユンソンは、半導体工場の労働者の白血病発病の問題のために化学工場に潜入し、有毒ガスにさらされて顔色がよくなかった。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ、イジュニョク画像

キムヨンジュ検事は続いて“どこからの帰りなのか、顔色が悪いね”と尋ねた。
イユンソンは、“一晩中ナイトクラブで遊んでいたからだ”と答えた。
すると、キムヨンジュ検事は、背を向けるイユンソンに向かって、“うん、イユンソンはそうだな。それでは、ゆっくり休みなさい。プチャイ。”という言葉でイユンソンをさらに驚愕させた。
その言葉に、イユンソンは足を止めた。
顔がこわばった。
キムヨンジュは、イユンソンを疑っていた。
キムヨンジュは、“シティーハンターは、トライアングルのときに‘プチャイ’という名前を使ったと言ったが、時間が経ったとしても、その名前を忘れてはいないだろう”と尋ねた。
キムヨンジュ検事が突然、タイの名前を呼ぶとイユンソンは、“私を捕まえるなら証拠を持ってこい”と答えたし、キムヨンジュは、“心配しないで。そんな必要ない。私は‘シティーハンター’を現行犯で捕まえるから”と意味深長に言った。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ 画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イミンホ 画像

キムヨンジュ検事はイユンソンのアメリカ名前である、ジョンリーを追跡し始めた。
ジョンリーの親はアメリカに住んでいるとした。
しかし、金持ちのイユンソンとは異なり、貧しい状況だと。
ジョンリーは中学校の成績までは不振だったが、高校以来、立派な成績を受けた。
MITに入学した後、大学時代の成績はオールA +だった。
キムヨンジュは、疑いを抱いた。
キムヨンジュは、イユンソンが出たとなっている中学校の同級生を見つけて卒業アルバムを確認した。
卒業アルバムの中のジョンリーはイユンソンではなかった。
追跡した結果、実際のジョンリーは高校1年生の時に交通事故で死んだという事実を同級生に確認することになる。
キムヨンジュは、“出生地の両親のすべての記録は全く同じだが、ジョンリーは交通事故で死んだ。イユンソンはジョンリーでないまま、ジョンリーで生きていた…”とつぶやいた。
キムヨンジュは、ジョンリーの母を見つけて、“交通事故で死んだ息子さんの戸籍がなぜまだ生きているのか”と問い詰めた。
キムヨンジュは、“公文書偽造は大きな罪だ”と詰め寄ると、ジョンリーの母は“私たちが偽造したものではない。トライアングルから来た韓国の人々がジョンの戸籍を買って行った”と以実直告した。
イユンソンは高校生の時から、死んだジョンリーの代わりにジョンリーで生きてきたのだった。
トライアングルは、タイの組織である。
イジンピョ(キムサンジュン 役)が、そこの大将で、イユンソンも幼年時代をそこで過ごした。
当時、イユンソンの名前がプチャイだった。

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イジュニョク画像

シティーハンター in Seoul あらすじ15話、イジュニョク画像

キムヨンジュは、タイで密輸して捕まえてきたタイ人たちを尋問した。
彼らから‘プチャイウイ’の存在が分かったように見えた。
キムヨンジュは、イユンソンを探るために‘プチャイ’と呼んだはずだ。
イユンソンが足を止めて、驚いてぎくっとしたから正体を認めたことになった。
ユンソンの‘プチャイ’というタイの名前を知っていることを暗示して、キムヨンジュ検事と‘シティーハンター’ユンソンの張り切ている神経戦がより一層緊張感を高めるようにした。
父、キムジョンシク(チェイルファ 役)理事長が、植物人間になって病床に横になりながら、さらに激しい追撃に出たキムヨンジュによってユンソンの‘シティーハンター’の活躍も危機を迎えた。
‘5人会処断プロジェクト’4弾を進行中のユンソンの立場としては、ヨンジュの追撃が得になるか毒になるか分からない状況。
一寸先を予想できない興味津々な展開に視聴者たちの期待感が増幅されている。
放送後視聴者たちは、‘今日は心が温かくて幸せな場面が多かったようだ’、‘母親の白血病がすべて治って本当にユンソンと幸せにやっていく姿を見ることができればいいなぁ’、‘ チョンジェマンの非理を掘り出したユンソンの活躍が明日はまた、どのように輝かしくなるか期待満開!’など、‘シティーハンター’への期待感を表わした。
一方、‘シティーハンター in Seoul’韓国ドラマは‘5人会処断プロジェクト’第4弾である、へウォングループ、チョンジェマン会長が、労災の労働者を放置しているエピソードが開かれたのに引き続き、チョンジェマンの非理を掘り出すためのユンソンの証拠収集が一つ二つ集まってて、ユンソンの復讐が成功することができるかどうかに対する期待感が増幅されている。
‘5人会処断プロジェクト’の最後に向けながら、より一層興味を呼び起こしている‘シティーハンター in Seoul’16話の予告編ではキムナナを好きだけど好きだと言うことができなかったユンソンの涙の告白が電波に乗って切なさを加えた。
続きは、シティーハンター in Seoul あらすじ 16話へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ