シティーハンター 11話 あらすじ、シティーハンター 11-2 反応は?


シティーハンター 11話-2 あらすじ、イミンホ パクミニョンに“邪魔されると、君も容赦しない”
シティーハンター 11話-1  あらすじへ

韓国ドラマ シティーハンター11話では、シティーハンターの仕事をするのに、大統領府のプレゼンテーションに出席していないイミンホが上司に怒られるとイミンホのためにパクミニョンが包み込んでくれる姿が電波を乗った。
上司 はユンソンに、“あなたが引き受けた、プレゼンテーションにユンソンさんが行かなかったため、会議が台無しになった”とし“昨日、最初から行かなかったんじゃない”と話し始めた。
これに、ユンソンは“行く途中の道を誤って入ってそうだった”と弁解したが、キジュンは、“どうすれば二度も行ったところを迷うの”とし、“もし、他の所に行ったのではないか”と気づくことなく介入した。

シティーハンター 11話 あらすじ 画像

シティーハンター 11話 あらすじ 画像

シティーハンター 11話 あらすじ 画像

シティーハンター 11話 あらすじ 画像

このように彼が窮地に押し寄せたため、これを見ていたナナ(パクミニョン)は、“ユンソンさんは、アメリカから来てまもなく、ソウルの地理を知らない”と言いながら“大統領府でも、毎日迷う”と彼をかばっていた。
ユンソンは、結局“私が責任を持って関係者と通話をしてみる”とし、食堂を去ってこれにナナは、“今からは迷わない”と言って緊張した雰囲気が和らいで彼を助ける姿を見せた。
これに彼は、ナナをいつも会っているベンチに呼んで、“前回の私の警告がおこがましかったの”とし、“私は私の目標のためだけに生きてきて障害物になれば君も許すことができない”と冷たく言った。

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

ナナは“私はユンソンさんがシティーハンターだということを知ることになったとしても変わることはない”とし、“あなたは私を二度も救ってくれたし、それが本来の姿だと思う”と答えた。
実は彼は彼女を愛していたが、ナナが、自分の仕事に巻き込まれて命が危うくなることを望んでいないので、“私にお前は偽装するための小道具だった”と言いながら、“今夜中に私の家を出て行け”とわざわざ冷く言ってしまった。
しかし、ナナは“私が知っているイユンソンという男の目は信じても良いですよね”と言って、彼に対した愛と信頼を表して、見る人の心がじいんとするようにした。
続きは、シティーハンター 11話-3  あらすじへ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ