シティーハンター韓国あらすじ(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報12-1)


シティーハンター 韓国 あらすじ 12話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)

シティーハンター 韓国あらすじ 12話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ12話-1 情報

シティーハンター 韓国ドラマ12話、視聴率19.1% 水木ドラマ1位!
シティーハンター韓国ドラマが王座を握って、視聴率1位に輝く独歩的な快走を続けている。
シティーハンター 韓国ドラマ12話の視聴率はAGBニールセン首都圏基準で19.1%で、現在放送中の韓国水木ドラマ、視聴率1位を記録した。
これは、シティーハンター 韓国ドラマ11話、放送分の18.4%より0.4%ポイント上昇した数値で、‘シティーハンター’の緊張感あふれるストーリーと俳優たちの好演で、水木ドラマ1位の喜びを享受した。
‘シティーハンター’韓国ドラマの派手な高空行進が連日続いているわけだ。
特に、この日シティーハンター韓国ドラマ12話では、絶えず葛藤を予告したユンソン(イミンホ)と養父、ジンピョ(キムサンジュン)が正面対決を始めた中、ユンソンの痛快な逆転勝利が開かれて視線を集中させた。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ 画像

‘シティーハンター’イミンホ、出生の秘密に衝撃を与え、“許さない”
キムサンジュンの嘘にイミンホが怒りを爆発させ、彼との真っ向勝負を始めた。
シティーハンター 韓国ドラマ12話では、実の母親、キョンヒ(キムミスク)が自分を捨てたというジンピョ(キムサンジュン)の言葉がすべて嘘だったことを知ることになったユンソン(イミンホ)の悲しみと怒りが描かれた。
ユンソン(イミンホ)は、ジンピョとサングク(チョンチュン)の対話を通じて、28年前、ジンピョがキョンヒ(キムミスク)からユンソンを連れ去ったという事実を知ることになった。
今まで 実の母親、キョンヒ(キムミスク)が自分を捨てたと知っていたユンソン(イミンホ)には衝撃的な事実であるしかないこと。
イジンピョ(キムサンジュン)は、イユンソン(イミンホ)を監視するために、ユンソンの家に盗聴装置を設置する。
しかし、これはベシクジュン(キムサンホ)によって発見され、ユンソン(イミンホ)は、盗聴装置に対して問うために、ジンピョの家に向かった。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 画像

ユンソンがジンピョの家に向かう時にジンピョはギムサングク(チョンチュン)と対話を交わしていてユンソンが門の前に来たことを気が付かないまま、ユンソンの誕生とナナに対した今後の行動についてまで言及した。
特に、ジンピョは、“愛してはいけないとあんなに言ったのにユンソン(イミンホ)が一人で縁を切ることができない場合、私が助けるしかない。私が処理する。消せなければならない”と言いながらナナに対する自分の考えを明らかにし、ユンソンの母親である、消えたキョンヒ(キムミスク)については、全国を隅々まで探せと指示する。
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 12話-2へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ