シティーハンター韓国あらすじ(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報12-3)


シティーハンター 韓国 あらすじ 12話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)
シティーハンター 韓国あらすじ 12話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ12話-3 情報
シティーハンター 韓国あらすじ 12話-1へ
シティーハンター 韓国あらすじ 12話-2へ

‘シティーハンター’イミンホ、パクミニョンに愛の告白!

‘シティーハンター’ユンソン(イミンホ)がナナ(パクミニョン)に切ないバックハッグで愛を告白して恋愛戦線を熱した。
シティーハンター韓国ドラマ12話では、これまで敬遠してきたナナ(パクミニョン)に自分の愛を現わすユンソン(イミンホ)の姿が描かれ、ラブラインに拍車をかけた。
シティーハンター韓国ドラマ11話で、ナナ(パクミニョン)はキムジョンシク一党に捕えられた‘シティーハンター’ユンソン(イミンホ)を救うために飛び込んで彼の代わりに銃に撃たれて倒れた。
ユンソンは、自分の代わりに銃に撃たれながら愛を現わしたナナを連れてジンセヒ(ファンソンヒ) の動物病院に連れていた。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ パクミニョン 画像

セヒは、輸血が必要だと言ったし、ユンソンは彼女を救うために自分の血を輸血してくれと言いながらナナへの愛を現わした。
ユンソンの輸血のおかげで再び元気を取り戻したナナは、ユンソンの家から出ようとした。
彼女は自分が彼の正体を知ることになって、彼が大統領府を辞めたと思った。
彼女は“私の命を救ってくれた恩義に報いようとしたことだから気にしないで”とし、彼の家を出ようとした。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 12話 イミンホ パクミニョン 画像

彼女が通り過ぎる瞬間、腕をつかんだが、彼女は歩みを止めなかった。
この時、ユンソンが彼女の背の後からバックハッグで彼女が行く道を阻んだ。
彼女の肩をしっかり抱きしめて、自分の心を表わしてナナ(パクミニョン)の歩みを止めるようにしたもの。
ユンソンは“行かないで。お願い、行かないで”と言って彼女を向けた愛を告白した。
これまでナナはユンソンを好きな気持ちを率直に告白したが、彼は、彼女が自分のため傷つつくかと心配して冷酷に拒絶して無視する態度をとってきた。
ナナに、‘軽い女’と言いながら暴言を浴びせて彼女を無視したが、これ以上、ナナに向かう自分の心を防ぐことができなかったこと。
ナナもやはり彼の心が感じられたのか手で彼の腕をつかんで涙を流した。
ユンソンの心も、自分と同じであることを確認した瞬間、喜びと感動の涙だったこと。
この日のシティーハンター韓国ドラマでは、お互いの愛を確認したナナ(パクミニョン)とユンソン(イミンホ)の甘いロマンスが展開された。
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 12話-4へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ