シティーハンター 韓国 あらすじ 13話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)2


シティーハンター 韓国あらすじ 13話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ13話-2 情報
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-1へ

‘シティーハンター’パクミニョン、“私が守ってあげる”愛の告白にイミンホ‘ドキ’

危機から自分を救ってくれたユンソン(イミンホ 役)にナナ(パクミニョン 役)は、“頼みがある。もう私のために死のうとしないで。もし今日のように、私は危機に置かれば、今後は私を救ってくれないで”と話す。
また、ナナ(パクミニョン)は”私のためにユンソンさんが傷つくのも苦しむのも嫌いだ”と話す。
自分のために命をかける彼が心配になったのだ。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

しかし、ナナ(パクミニョン)を愛するユンソンは、“そんな言葉がどこにあるの。あなたが危険なのにどうやって知らないふりをするのか”と話し、ナナは、“ユンソンさんの毎日が戦争であり、瞬間瞬間が辛いのを知っているのに如何に私まで守ってもらうのか”と切ない心を現わした。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

彼女は“私はユンソンさんが頼りにできる人になります。さらに強くなります。私が、ユンソンさんを守ってあげます”と言ってユンソン(イミンホ)に向かって愛の心を見せた。
自分を守ってくれるというナナ(パクミニョン)の告白にユンソン(イミンホ)はジーンとした表情をしてからすぐ、“何を食べてたらあんたみたいに逞しくなるのか”と尋ねて熱心に平気なふりをしようとした。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ パクミニョン

これにナナ(パクミニョン)は、“今‘あの女性は本当にすばらしい’と思ったんでしょう”と言いながら、‘私は女を見る目はちょっとあるんだな’そう思ったんでしょう。”と冗談半分で質問し、続いてユンソン(イミンホ)はあきれたという顔をして“どんな女の子が男の部屋を怖じ気もないで出し抜けに入ってくるのか?。そのような言葉をもう一度したら黙っておかない”とごまかした。
ユンソン(イミンホ 役)に向けたナナ(パクミニョン 役)の心が、”守ってあげる”という告白で明らかになった場面だった。
シティーハンター韓国ドラマの放送を見たネチズンたちは“ナナはシティーハンターの彼女に似合うように強まっている”、“心がよく通じる二人の姿が見好い”、“どうか、二人の愛が悲劇で終わらないでほしい”などとの意見をみせた。
ユンソン(イミンホ 役)の助力者になったナナ(パクミニョン 役)とユンソンの甘い愛が、今後追加される試練とかみ合って、どのような変化を経験することになるのか成り行きが注目される。
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-3へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-4へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-5へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-6へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-7へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-8へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ