シティーハンター 韓国 あらすじ 13話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)7


シティーハンター 韓国あらすじ 13話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ13話-7 情報
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-1へ
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-2へ

シティーハンター’パクミニョン、足長おじさん イジュニョク正体に驚愕!

パクミニョンが足長おじさんで、自分の面倒を見てくれたイジュニョクの正体を知って信じられない気持ちだった。
シティーハンター韓国ドラマ13話では、ナナ(パクミニョン)の両親を死なせたキムジョンシク(チェイルファ)とナナを支援してきたキムヨンジュ検事 (イジュニョク)が親子関係にあるということを知ることになった彼女の衝撃が描かれている。
10年前の事故で母を失って植物人間になった父を置いている彼女は、困難な時期に、自分に頑張れという手紙を送ってくれて物心両面支援を惜しまなかった足長おじさんへの感謝の気持ちを大事にしまっておいた。
その足長おじさんは他でもない、キムヨンジュ検事であったこと。
父の罪に代わりをして、これまでキムヨンジュは、密かにナナを助けてきたこと。
キムヨンジュ検事を祝いに来て、青天の霹靂のような事実を知ることになったナナの衝撃は言い表せなかった。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 パクミニョン 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 パクミニョン 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 パクミニョン 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 パクミニョン 画像

ナナは、キムヨンジュに“その言葉、事実ですか?父は罪を犯して息子はそれが申し訳なくて同情心で私によくしてくれて足長おじさんの役なんですか?私はそれも知らずに送ってくれるその手紙とプレゼント、ありがたく頂き、よく生きてみなくてはならないと希望を持ったのか”と言ってあきれった心情を表わした。
彼女は“同情ですか?それとも罪責感ですか?”と問い詰めた。
これに、あらかじめ話ができなくて申し訳ないというキムヨンジュにナナは、“その謝り、もらわない。キムヨンジュ検事は、今まで私が知り合った足長おじさんではない”と言って怒りをあらわにした。
信じて頼ってきた足長おじさんは、実際には親を失うことにした敵の息子である、事実に惨憺な心情を禁じていないナナの姿が現われたこと。
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-8へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ