シティーハンター製作発表会、韓国ドラマシティーハンター制作発表会内容は?


シティーハンター製作発表会、5月17日韓国ドラマシティーハンター制作発表会内容は?

30年前の日本のアニメシティーハンターが韓国でドラマ化される。
韓国ドラマシティーハンターは、1980年代の東京が背景である北条司のアニメが原作だ。
韓国ドラマシティーハンターは、2011年にソウルを背景に、痛快な事件解決のプロセスとの主人公が、街のハンターとして成長しながら、周辺の人物たちが希望を取りもどして行く話を盛る。
5月17日のSBS放送局韓国水木ドラマシティーハンター製作発表会でキム・ヨンソプCPは、”ドラマシティーハンターは長く熟成された作品”と言いながら、”今現時代を生きる私達が感じる息苦しさを 解いてくれる 作品である。痛快なアクションもあり、視聴者の心を爽やかにしてあげられる話も多い。’大物’を執筆した作家(ファン・ウンギョン)と『華麗なる遺産』、’検事プリンセス’を演出したPD(チン・ヒョク)が一緒にする。原作アニメシティーハンターを超えるドラマになるだろう”と自信を持って語った。

韓国ドラマシティーハンターのチン・ヒョクPDは”原作のアニメシティーハンターを韓国の状況に合わせて脚色した。
原作(シティーハンター)との大きな違いはない”とし”今回のドラマシティーハンターでは息苦しい現実の痛快なファンタジーに寂しく暮らす人々が家族を取り戻していく話を 組入れたいと思った”と明らかにした。


ドラマシティーハンターでは主演イ・ミンホが MITの博士出身の青瓦台 (韓国大統領官邸) 国家地図通信網チーム要員として 出てくる。
韓国ドラマシティーハンターでイ・ユンソン(イ・ミンホ)は、明るくて楽天的でありながら、内面の孤独と正義の心の間で葛藤して正義を実現しようとするシティーハンターを演じる。
韓国ドラマシティーハンターでイ・ユンソン(イ・ミンホ)は、柔道選手出身青瓦台(韓国大統領官邸)警護員のパク・ミニョンとの愛を編んでいくことになる。
韓国MBC放送局TVドラマ『個人の趣向』以来、約1年ぶりにドラマシティーハンターで帰って来るイ・ミンホは、韓国ドラマシティーハンターでイ・ユンソンは”生まれた時から、多くの事件にからんで、多くの傷みを持っている”とし、”復讐しに韓国に来た後、周辺の人々を見て幸せだということを考えるようになり、だんだん変わっていく。悪意の群れと戦いながら、人の本質的なものを表現するキャラクター”と紹介した。
原作との相違点については、”原作アニメ、シティーハンターが とても古くてドラマ化したとき、ドラマとして表現するには難しい部分が多い”とし、”原作を読んだ中で、印象に残るエピソードがいくつかあった。原作、シティーハンターアニメ中の好色漢な姿をドラマ化するには限界があってその部分は、かわいい姿に置き換えられるようだ”と予想した。
また、”ジャンルを1つに限定することができない”とし、”アクションもあり、ロマンチックコメディもあり、また、親への心の傷、葛藤構図も伏線にたくさん敷かれ、よく構成されたドラマ”だと説明した。
シティーハンターは、数年前から企画されたが、複数回の製作が霧散された。
その分、より良い作品を作らなければならないという負担もある。
韓国ドラマシティーハンター主演 イ・ミンホは、”ドラマシティーハンターは、2011年に韓国の情緒に合ったシティーハンターとして生まれ変わると原作アニメのシティーハンターのファンの皆さんに伝えたいと思う”とし、”原作をそのまま持って来ることができない部分が確かにあるが、その部分は、寛大に理解してくれ”と頼んだ。


韓国KBS放送局2TVドラマ’トキメキ☆成均館スキャンダル’以来6ヵ月ぶりにドラマシティーハンターで 女主演 ギム・ナナ役にキャスティングされたパク・ミニョンは、”韓国ドラマシティーハンターでキム・ナナ(パク・ミニョン)は、キャラクターだけ見れば性格や言葉遣いがロマンチックコメディの典型的な人物”と言いながら”中後半から明らかになり始めていく秘密があり、アクションメローにつり合う人物になるんじゃないかと思う。キャラクターが少しずつ立体的に変わるようだ”と耳打ちした。 “確かに言えることは、ドラマシティーハンターで明るい性格の人物はダヒェ役のク・ハラ(KARA)しかいないということだ”と言いながら、”韓国ドラマシティーハンターは皆が心の傷を持っている、かげを抱えた人たちが作り出す光の話だ。その点に重点をおくと、他のロマンチックコメディと差別化された点を見ることができるだろう”と発表した。


演技は初めてのク・ハラ(KARA)がシティーハンターの制作発表会で色鮮やかな深紅色ミニドレスを着て現れ、妖精のような姿を披露した。ドラマシティーハンターでク・ハラは、大統領の末女でおてんば浪人 ダヒェ役で初めての正式な演技者としてデビューを控えている。
ク・ハラ(KARA)の愛情攻勢を受けるようになる主人公イ・ユンソン役のイ・ミンホはク・ハラ(KARA)に向かって、”目立つドラマ中のキャラクターどおりの撮影現場でも和気あいあいとしている”と賞賛のことばに”やはりミンホ兄(オッパ)は、‘シティーハンター’そのもの”という暗黙的な賛辞に肯定的に回答、特別なチームワークを誇っていた。

韓国SBS放送局TV’サイン’で、殺人魔で注目されたファン・ソンヒは、韓国ドラマシティーハンターで、青瓦台(韓国大統領官邸)周辺の動物病院の獣医だ。
韓国ドラマシティーハンターで、正義感と責任感で 燃え立つソウル地検特捜部エリート検事は、イ・ジュンヒョクが引き受けた。
韓国ドラマシティーハンターは、5月25日の夜9時55分に初放送される予定だ。 


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ