シティーハンター 韓国 あらすじ 14話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)7


シティーハンター 韓国あらすじ 14話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ14話-7情報
シティーハンターあらすじ14話-1、14話-2、14話-3、14話-4、14話-5
シティーハンターあらすじ14話-6
シティーハンター イミンホ、28年ぶりの母子再会に涙 “こんこん”
イキョンヒは具合が悪くなっていた。
ユンソンの誘いに応じて、病院に入院していたキョンヒは“今、やっと生きなければならない理由ができた”とし、“さて、今日は出よう”と語った。

イミンホ,キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

イミンホ,キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

続いて“28年ぶりに息子に会ったから、私の手で必ず一度、ご飯を作って食べさせてあげたい。”とお願いをした。“ご飯を一度も食べさせなかったら気楽に行けない。一日を更に生きるよりも私の息子にご飯でも作ってあげておいしく食べるのを一度はぜひ見たい”と胸にぐっとくる母情を示した。

イミンホ シティーハンターあらすじ14話 画像

イミンホ シティーハンターあらすじ14話 画像

キョンヒの家に一緒に来たユンソンは“申し訳ない。私を捨てたと思って憎くみながら生きていた。病んでみすぼらしい姿に腹が立った。私を捨てたら、よく暮らさなくてはならないのになぜ、このような有様なのかと思った。死ねば、憎むこともできないから生かしておいちゃいけないと思っていた。思いきり憎むことができるように生かして置かないと思った。申し訳ない”とし、自分が誤解して生きてきた過去を告白した。

 キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

イミンホ,キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

イミンホ,キムミスク シティーハンターあらすじ14話 画像

キョンヒは“私がすまない。君を守ってあげることができなくて。君を先にわかってあげることができなくて。君にこんな病気の姿で会うようになって本当に申し訳ない”とし“もう会ったからいつまでも幸せに生きよう”と涙を流した。
キョンヒは息子、ユンソンに始めての食膳を念入りに準備したし、お母さんが調えてくれた食膳が初めてのユンソンは幸せになった。

イミンホ シティーハンターあらすじ14話 画像

イミンホ シティーハンターあらすじ14話 画像

シティーハンターあらすじ14話 画像

シティーハンターあらすじ14話 画像

しかし、キョンヒと食膳に向かい合って座ったユンソンが豆ご飯から豆をつまみ出し始めた。
キョンヒは息子ユンソンの姿に思わず“まったく同じだね… ”と話した。
これにユンソンは、“父も豆を召し上がらなかったですか?”と尋ねる。
キョンヒは、“ああ?あ… ”とぎこちない表情を隠せずにはぐらかしながら言葉を濁ごして息子の顔色を密かに察した。
そして、28年ぶりに母と一緒に食事をするユンソンを眺めながらほほえましいパクミニョンは、幸せな姿を携帯電話で写真を撮ったりした。
一方、二人の再会をイジンピョ(キムサンジュン)が見守っていることがあらわれて28年ぶりの出会いが幸せに持続できるか、今後の展開に気がかり事を加えた。
続きは、シティーハンターあらすじ14話-8へ
続きは、シティーハンターあらすじ14話-9へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ