シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター1話1-4レビュー


シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター1話1-4レビュー

シティーハンターあらすじ1話、1-4では主にレビューの感じになりますが、シティーハンター1話を観て理解できない韓国の歴史的な背景について少しでも説明しました。シティーハンターあらすじ1話の最終回1-4はこれからシティーハンターを見る方々に助演の重みと民主化についてもう一度、考えるきっかけになっては?ここからは、韓国ドラマ シティーハンター(CITY HUNTER)1話1-4あらすじとレビューです。

シティーハンター1話、シティーハンター1話あらすじ1-4(1話 最終回)

一人生き残ったイジンピョはチェウンチャン(チョンホジン)にこんな言葉を残す。
“我々は祖国のために命を捧げることはあっても政権のために命を捧げることはできません”。
過去の独裁政権が武力で威嚇した祖国愛は祖国のためではなく、彼らの権力に対する忠誠の要求であった。
鋭く一言でまとめてくれた忠誠に対する定義だった。
ドラマシティーハンター1話最高の名セリフ、名演技、名場面にお勧めしたい。
祖国、復讐という重いテーマのためにドラマシティーハンターを軽く視聴するのは難しいですが原作シティーハンターの多重的なリョウのキャラクターをイミンホがよく熟れして見せてくれたらまた、別の楽しさも感じることができるだろう。
ただし、ドラマシティーハンターの政治首脳たち、大統領府という背景のために政治を排除することはできない。
定義についての問い、断罪の正当性、過去の歴史に対する歴史的な整理等の質問にどのように作家と監督が素直に描いていくことができるか、心配も期待も大きい。
ドラマに対して威圧の手が及ぶかとしばらく懸念も試みる。
復讐の念を押す事件の起点を80年代にとられたのは、歴史に記録されていない数多くの痛み、治癒されなかった傷と絶望の壇上たちだろう。
ドラマシティーハンターでの5敵はその点、民主化を遮った民主の5つの敵、今でも国民の上に君臨する様々な5つの敵の実体ともオーバーラップされる。
粛清させることができなかった債務意識、又は怒りの象徴のように…
イユンソンがシティーハンターてこれらを処断していく痛快な過程と希望を伝えてくれるのを期待している理由でもある。

シティーハンター あらすじ1話  画像中

▲シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター 画像中  チョンホジン

キムサンジュン、チョンホジン、キムミスクなどの名優たちの劇中の存在感は、ドラマシティーハンターのクオリティの一つの軸になりそうだ。
最も残酷な復讐をすることになるだろうと言ってひやっとする恐ろしいセリフを何の表情の変化なしで声のトーンだけで伝達してしまうセリフ掌握力はキム・サンジュンの存在感に傍点を撮る。
加えて、新しい姿で帰ってきたイミンホとパクミンヨンの甘い愛を育てていくというエピソードも期待される。
シナリオと演出そして俳優たちの演技の3拍子を評価するのはまだ早いけど韓国ドラマシティーハンターは名優たちの布陣だけでも期待感が上昇している。

次回のシティーハンターあらすじ2話をお楽しみに・・・


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ