シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター1話1-3レビュー


シティーハンター  あらすじ1話 、シティーハンター 1話1-3レビュー

シティーハンター あらすじ 1話 ,シティーハンター1話1-1 レビュー

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-2レビュー

シティーハンターあらすじ1話1-3ではシティーハンターイミンホの韓国へ帰国が描かれています。シティーハンター1話1-3の主なあらすじはイミンホ(イユンソン)とパクミニョン(キムナナ)の出会い?が描かれています。シティーハンターあらすじ1話、1-3で最も見逃してはいけないの場面は助演たちの活躍です。ここからはシティーハンターあらすじ1話1-3です。

シティーハンター1話、シティーハンターあらすじ1話1-3

ベシクジュン(キムサンホ)が持っていたギムナナの写真を見て思春期を送ったイユンソンにギムナナは特別な存在になった。
韓国に帰国したイユンソンは光化門で運命のように写真に写っていたギムナナを最初に出会うことになる。
出会う運命は、そのように必ず会える事になるのか?
イユンソンとギムナナ、二人がときめく愛を積み重ねていくように見えるが二人のロマンスの方向は?
ドラマシティーハンター(CITY HUNTER)のイミンホとパクミニョンは以前よりも爽やかな雰囲気に変身したようで一味違う感じだった。
イミンホはややタフなキャラクターに変身したがアクションシーンでの動線をとるカメラワークがルーズて緊迫感が落ちてイミンホの魅力をあまりつかみ出してくれなかったようで残念な演出だった。
それでもイミンホの爽やかな表情がすでに女心を揺さぶるような感じがした。
トキメキ☆成均館スキャンダルで男装の女性に人気を博したパクミニョンが現代劇ではどのような姿をお目見えするか演技力が期待される。

韓国ドラマ シティーハンター イミンホ

▲シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター 画像中 イミンホ

シティーハンター あらすじ1話  パクミニョン

▲シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター 画像中 パクミニョン

さらに、カラ(KARA)のクハラが大統領の娘でキャスティングされたが新人演技者たちがドラマの筋を取るには力不足ではないかと心配していたが、幸いにもドラマシティーハンターは多くの演技派中年演技者たちの助演キャスティングが引き立って見える。
ドラマシティーハンター1話は主演より断然、助演たちの演技が輝いた。
短い分量にも強烈なカリスマと心琴に響く目つきの演技で心を濡らすようなパクサンミンは中堅演技者としての演技の没入度が凄かったが、シティーハンター1話20分ごろの死亡でとても残念だった。

韓国ドラマ シティーハンター あらすじ1話

▲シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター 画像中 キムサンジュン

シティーハンター1話で見せてくれた冷たいながらも鋭い目つきで画面に怒りとカリスマを噴出するキムサンジュンの野性味溢れる演技は鳥肌が立つほどの完璧な名演技だった。
イユンソンを育ててくれた父であり復讐劇のボスとしてイユンソンの影になるキムサンジュン、言葉がいらない俳優チョンホジンなどはドラマシティーハンターの期待を高める完璧なキャスティングだった。
キムサンジュンとチョンホジンは感情の節制と冷徹さが優れた俳優として両眉間を一度ひそめるだけでも、内面の心理を描写する俳優たちだ。
特に、韓国ドラマ シティーハンター1話で鋭いながらも、非情なカリスマを爆発させたキム・サンジュンはドラマシティーハンターの雰囲気を圧倒するに十分であった。
“誰も愛してはならない、お前の正体が明らかになれば、お前の周辺は血に染まるんだ…”
ドラマシティーハンター全体に流れる復讐というテーマを描写する陰鬱な雰囲気をこの台詞で表わせた。
死んで行きながら友達に伝えるバクムヨルの友情は、彼が消えていった海より深く広く胸に響いた。
“愛した、友よ!”

次回のシティーハンターあらすじ1話1-4をお楽しみに・・・

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-4レビュー


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ