信義キャストの詳細情報公開!信義登場人物の詳細は?


信義キャストの詳細情報公開!信義登場人物の詳細は?信義キャストに選ばれたのはだれ? 

韓国ドラマの信義にキャストされたのは、イミンホ、キムヒソン、イピリップ、ユオソン、リュトクファン、パクセヨン、ソンフン、シンウンジョンなどだ。
信義にキャストされたユオソンが演じる役はキチョル、高麗貴族、皇后の兄だ。
韓国ドラマ、太陽をのみ込めでユオソンは高難度のアクションを披露して話題を集めたことがある。
韓国ドラマ、信義でユオソンは、手を当てるだけでも、人を凍らせてしまう氷功を披露する予定だ。
韓国ドラマ、ラブレインを通じて、チャングンソクを片思いする役を演じたパクセヨンは韓国ドラマの信義では恭愍王の王妃として哀切な愛を演じる予定だ。










信義にキャストされたパクセヨンが演じる役、魯国大長公主は、自分の国に人質として捕らわれ鬱憤で歳月を過ごした高麗の皇太子、恭愍王を長い間、胸に愛と同情として抱いていたが、心を開かない、恭愍王によって悲しみと憎しみを感じるようになるキャラクターだ。
信義にキャストされたリュドクファンが演じる役、恭愍王は魯国大長公主(ノグクゴンジュ;バクセヨン)を冷たく接するが、段々と心を開いて愛するようになるがその愛を隠すしかないキャラクターだ。

信義キャスト、ユオソン、リュトクファン、パクセヨン

信義キャスト、ユオソン、リュトクファン、パクセヨン

韓国ドラマ、イミンホ主演の信義あらすじは、高麗時代に連れらた現代、女性医師(美容整形外科 専門医)が高麗の武士と繰り広げる時空を超越した愛をロマンチックコメディ風に描いた歴史を想像ドラマで、ロマンチックコメディーと共に、高麗時代の武功が混ぜられて、多様な楽しみを与えると期待を集めているが、魯国大長公主と恭愍王の愛も世紀のロマンスと言われる分、韓国ドラマ、信義でもう一つのラブラインとして、期待される部分だ。
韓国ドラマ、信義キャストはイミンホ、キムヒソン、イフィリップに加えてユオソン、リュドクファン、バクセヨン、ソンフンなどが確定されて、8月13日の夜9時55分初放送される予定だ。
以下は、信義キャスト、信義登場人物の詳細な内容が掲載されているので、ネタバレに注意?

信義キャスト:キチョル(ユオソン)
高麗貴族、皇后の兄

信義キャスト、ユオソン

信義キャスト、ユオソン

人を操り、人々を自分に敬拜させること、それが、キチョルを生きて行かす動力である。
貢女(コンニョ)として元と言う国へ行った妹が元の皇后になった。
わざわざ、妹を元へ行かし、その周辺人物を操り妹を皇后に立たせるのは本当に楽しい過程だった。
そして、キチョルはキ皇后の兄、德成府院君(ドクソンブウォングン)になり、高麗天下を號令する権力者として立ち上がった。
キチョルが人々を操る武器は人々が持っている欲、野望、感情だった。
今まで、キチョルが操れない人間、成功できなかった権謀術数はなかった。
しかし、キチョルが操れない人間たちが現れた。
キチョル(ユオソン)は、高麗の朝廷をしっかり握りしめるため、キチョルの私兄弟であるファスイン(シンウンジョン)、チョンウムジャ(ソンフン)と一緒にチェヨン(イミンホ)と敵対することになる。

信義キャスト、ソンフン

信義キャスト、ソンフン

キチョル(ユオソン)は権力を欲しがり、野望に満ちた冷血な政治家として表面上は派手な外観を持ったが、実際に行うことは、残酷と表現できないほど、外見とは相反したアンバランスさで恐怖を呼び起こす予定だ。
そんなキチョル(ユオソン)の能力は手を当てるだけでも、人を凍らせてしまう氷功だ。
また、韓国ドラマ、ペヨンジュン主演の太王四神記でダルビ役で視線を捕らえたシンウンジョンは信義では、キチョルの私妹であるファスインに成り代わり、絶頂のセクシーさを見せてくれる。
ファスインは蠱惑的な容貌で、高麗時代の魔性の女(パンムパタル)と呼ばれるほどの人物。
しかし、その裏面には、人の命を平気で思っている無邪気な純白の残酷さを持っている。
主な能力は右手に熱を集中させる火功である。
韓国ドラマ、芙蓉閣の女たち~新妓生伝(シンギセンデョン)で名前を知らせたソンフンが演じるチョンウムジャは感情のない無関心な表情のポーカーフェイスで、常に持ち歩いている大笒(デクム)を利用して音波で人を殺す武功を使用する。

信義キャスト:恭愍(コンミン)王(リュドクファン)

信義キャスト、恭愍(コンミン)王(リュドクファン)

信義キャスト、恭愍(コンミン)王(リュドクファン)

12歳の時、元の国へ人質として、元の国へ連れ去られて、従兄弟が、叔父が高麗の王の席に座ったが、力なく追い出されるのをみた。
悔やみを感じた。
武功のところか、馬に乗る方法さえも習わなかった。
国が力がないのに、戦う方法を学んでも仕方がないと思った。
元という国では、元の女性で妻まで決められて、ある日、突然、高麗の王に立てられた。
反抗心で、妻になった女を憎むことに決めたが、この王と言う席が反抗する対象ではない。どうしよう?

王になって祖国へ戻る道でチェヨンとウンスに出会う。

信義キャスト:魯国大長公主(ノククコンジュ)/パクセヨン
元の国の姫、高麗の王妃

信義キャスト、魯国大長公主(ノククコンジュ)パクセヨン

信義キャスト、魯国大長公主(ノククコンジュ)パクセヨン

断固とした果敢で自尊心が強い女。
王妃ではなく、女性としての恭愍王に来た。
愛したから、高麗の皇太子に嫁としてきた。
しかし、心が疲れた彼はただ一度も彼女をしっかりと見てくれなかった。
悲しさは憎しみに変わった。
胸の中で、恭愍王は愛であり、憎しみであり、同情であり、怒りだ。

*歴史;魯國大長公主 孛兒只斤( ?~1365年 旧暦2月16日)は高麗恭愍王の王妃である。
諡号は仁德恭明慈睿宣安徽懿魯國大長公主で、正しい呼称ではないが、そのために、仁德王后として知られている。
元 順宗の孫である魏王、ベイルテムル(孛羅 帖木兒)の娘で、本名はボルジギンボタシュリ(孛兒只斤 寶塔實里)である。
ボタップシリゴンジュとも言う。
恭愍王からもらった高麗の名前は、王佳珍(ワンカジン)である。
1351年12月恭愍王と共に帰国して、恭愍王はその月に王になった。
1365年(恭愍王14年)に難産で死去した。
恭愍王は彼女を凄く愛して、彼女が死んだ後からは政事に勤めず、自ら王妃の眞影を描いて壁にかけて朝晩として見ながら泣いたと言われる。
また、彼女の霊を慰めるため、魂祭を行い、その眞影を置くために壮麗な影殿を立てた。
陵墓は黄海北道ゲプングンヘソンリヒョンジョンルン内にある定陵である。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ