韓国ドラマ信義10話予告!キム・ヒソン、イ・ソンゲと遭遇、歴史変わるのか?


韓国ドラマ信義10話予告!信義10話でキム・ヒソン、イ・ソンゲとの必然的な出会い!高麗歴史、後先になるのが ?!
信義10話では、キム・ヒソンがイ・ソンゲ(李成桂)と偶然に出会うことになる。
韓国ドラマ信義9話で、華佗(ファタ)の2番目の遺物であるユ・ウンス(キム・ヒソン役)の名前が書かれたダイアリーが公開され、視聴者たちの虚を突く設定でぴりっとする反転をプレゼントした中で、信義10話では、李成桂が登場して、さらに興味津津な予測不可能な展開が繰り広げられる予定である。
信義10話では、ウンスとイ・ソンゲが偶然な状況で出くわすようになりながら、全体的な歴史を認知しているウンスが再び大きな混乱に陥ることを予告している。
歴史の中、実存人物である李成桂は、チェ・ヨン(イ・ミンホ役)のライバルとして比較された将軍で、歴史の中で高麗を消して朝鮮を建国した人物であり、チェ・ヨンを流させて死に追いやった張本人である。

信義10話予告映像!キム・ヒソン、イ・ミンホ

信義10話予告映像!キム・ヒソン、イ・ミンホ

これに、ウンスと歴史の流れ上にふさわしいイ・ソンゲとの必然的な出会いが、韓国ドラマ信義の今後の内容展開をどのように変えるのか、イ・ソンゲの登場にウンスはどのような取り組み方法を出すことになるだろうか、ウンスの一挙手一投足が視聴者たちの気がかりなことを呼び起こしている。
韓国ドラマ信義の関係者は、“李成桂が登場し、ウンスはなぜ自分が高麗に来るべきだったのか根本的な意味を悩むことになる。歴史とチェ・ヨンの間で混乱に陥ったウンスの歩みに多くの関心をお願いする”と伝えた。
一方、信義10話では、恭愍王(リュ・トクファン役)がキチョル(ユ・オソン役) と対抗するため、本格的な準備に着手して自分の人を見つけるためにチェ・ヨンと孤軍奮闘する迫真感あふれる姿で感動をプレゼントする予定だ。
イ・ソンゲ(李成桂)の登場で、ますます興味津津なストーリーを構築していき、お茶の間を捕らえている、SBS TV韓国ドラマ信義は毎週、月、火、午後9時55分に放送予定だ。

* 華佗(ファタ)とは?
中国の後漢末期の薬学・鍼灸に非凡な才能を持つ伝説的な名医。
本籍は沛国譙県(現在の安徽省亳州市。また河南省永城市という説もある) 。
「華陀」とも書く。「華佗」とは「先生」を意味する尊称。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ