イ・ミンホドラマ、信義!息殺したイ・ミンホのための第3幕開いた!


イ・ミンホ主演ドラマ、信義!息殺したイ・ミンホのための第3幕開いた!
イ・ミンホのための信義が始まった。
SBS TV 月火韓国ドラマ信義(脚本:ソン・ジナ、演出:キム・ジョンハク)第1幕は、タイムスリップが中心の話だった。
時間と空間を越えて、高麗時代に来たユ・ウンス(キム・ヒソン役)の左衝右突を遡って、第2幕では臆病で小心な青年から本物の王になっていく恭愍王(リュ・トクファン役)を中心に政治劇が続いた。
信義は德興君(ドクフングン・パク・ユンジェ役)を中心に第3幕を開けた。
ロマンス、政治、歴史、タイムスリップなど、これまで制作陣が熱心に敷いておいた異なる物語が德興君(ドクフングン)の存在のおかげで一つになって転がり始めた。
そしてその中心にチェ・ヨン(イ・ミンホ役)が立った。

イ・ミンホドラマ、信義!イ・ミンホのための第3幕が開き…

イ・ミンホドラマ、信義!イ・ミンホのための第3幕が開き…

先週放送された韓国ドラマ信義15話の中心にもチェ・ヨンがあった。
ユ・ウンスへの想いを隠しておいていたチェ・ヨンは、ドクフングンによってユ・ウンスが毒殺される危機に瀕すると、命をかけてユ・ウンスを生かすために乗り出した。
この過程で、政治はますます複雑になった。
韓国ドラマ信義16話では、德興君(ドクフングン)が德成府院君(ドクソンブウォングン)キ・チョル(ユ・オソン役)と恭愍王の間で巧妙な計略を企んで、チョ・イルシン(イ・ビョンジュン役)が軍事を起こし、この隙に乗じてキ・チョルも恭愍王(コンミンワン)を除去する動きを見せ始めた。
単線的だった話がさらに複雑に展開され、イ・ミンホの演技力が光を放った。
イ・ミンホはドクフングン、恭愍王、德成府院君キ・チョル、ユ・ウンスに対する時、それぞれ別の目つきでアクション、政治、歴史劇を導いて行った。
恭愍王、ユ・ウンスのそばで自分の分を物静かにやりこなしたイ・ミンホは、それぞれの要素が劇的軌道に上がりながら一層深くなった演技で劇を導いている。
‘チョンヒョル’が開かれる時間が明らかになった中で、チェ・ヨンとユ・ウンスの別れの時間が迫って来て、チェ・ヨン、德成府院君キ・チョル、德興君、三人の対立が本格的な三角構図に上がって、ますます興味を加えているイ・ミンホ主演ドラマ、信義は毎週、月曜日と火曜日の夜9時55分に放送予定だ。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ