イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!誓いのためチェヨンが選んだ道は?


イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨンが選んだ道は?誓いのため刀を折るチェヨンの気概!
シンイ-信義あらすじ2話では、殺されたかも知れない魯国公主(パクセヨン)をやっと生かしたが、高麗武士の気概を踏みにじった恭愍王(リュドクファン)の王命にチェヨン(イミンホ)は、自ら死を選ぶことになる。
結局、生き残るために悪足掻すれは死ぬし、死ぬことを覚悟すると生き残るという言葉のように、チェヨンの選択はユウンス(キムヒソン)が高麗に止まるしかない強い動機付与に迫ってくる。
天の門の前で、王命を破ることができないチェヨンはユウンスを止めて、天の門は閉じられウンスは戻る機会を失ってしまった。

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)映像、動画キャプチャ

“臣 、チェヨン、王命を受けて天の女人を捕まえました。”
チョイルシン(イビョンジュン)に報告するチェヨン!
“やい、この悪い野郎!約束したじゃない、戻してあげると言ったじゃない!サイコ、殺してやる!”

韓国ドラマおすすめ時代劇!シンイ-信義あらすじ2話!ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

韓国ドラマおすすめ時代劇!シンイ-信義あらすじ2話!ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

約束を守らなかったチェヨンに向かって刀を取って飛び掛るユウンス、その瞬間信じられない行動を取ったチェヨンだった。

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

チェヨンが自分の体からすべての気を抜いてしまったのた。
ネゴン(内功)やジャンぷん(掌風)まで使うパワーを持ったチェヨンなら、刀が飛び出るはずだったのに…
慌てたウンスは尋ねる。

韓国ドラマおすすめ時代劇!イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

韓国ドラマおすすめ時代劇!イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

“なぜ?どうして…避けることが出来たはずなのに、なぜ?”
チェヨンは答える。

イミンホ主演ドラマ、韓国ドラマおすすめ時代劇!シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、韓国ドラマおすすめ時代劇!シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)映像、動画キャプチャ

“こうすれば、すべてが終わりでしょう?”
自分の名をかけてウンスを戻してあげることを約束したチェヨンは、その約束を守ることができなくなるとウンスが握っている刀に自分の力を加え、自ら自決の道を選んで約束の対価を払ったのだ。

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

韓国ドラマおすすめ時代劇!シンイ-信義あらすじ2話、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

ウンスは、チェヨンが自ら自決の道を選ぶと、驚愕と後悔が交差する表情で、鮮血が飛び散っているチェヨンを抱きしめて嗚咽した。

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

イミンホ主演ドラマ、シンイ-信義あらすじ2話!チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

高麗の武神で、王命に従ったチェヨンであったが、武士の名誉は閉じられる天の門に立っていたユウンスの前に差し込んだ刀と一緒に捨ててしまったチェヨンだった。
‘高麗武士の誓いは命そのものです!’と言った、武士としてのプライドと名誉を守ろうとしていたチェヨンだった。
この時までも恭愍王は、チェヨンがどのような存在なのかをよく知らなかった。
高麗の武士は約束を命のように考えていると言う言葉を誰もがする、そんな話に聞いたことが間違いだ。

韓国ドラマおすすめ時代劇、イミンホ主演ドラマ!シンイ-信義あらすじ2話、チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

韓国ドラマおすすめ時代劇、イミンホ主演ドラマ!シンイ-信義あらすじ2話、チェヨン(イミンホ)、ユウンス(キムヒソン)映像、動画キャプチャ

恭愍王の王命で‘天の門’を通って戻れなかったウンスは、腹立ちまぎれに刀を振り回すが、避けず刀を身で受けたチェヨンは、自分の命でウンスとの守れなかった約束の代わりにしようとしたのだ。
このようなチェヨンの行動は、当然のようにユウンスや彼を信じて従うウダルチ部隊員たちそして、恭愍王と魯国公主まですべての心を捕らえる理由に作用する。
瀬戸際の状況で信頼できる人を見つけるのが難しい恭愍王に、チェヨンのこのような姿は、確信として近づいてきただろう。
自分が信じて助け合いながら、新しい高麗を作ることができる唯一の存在がチェヨンであると確信することができたという点で、この事件は重要に作用することになるようだ。
自分の命を捨てるほど、自分の発言に責任を負うことを知っている存在であるチェヨン!
彼のキャラクターははっきりと構築されており、彼のこのような行動が、結局ユウンスを再び2012年のソウルへ連れて行くしかない運命であることを話していることでもある。

ネゴン(内功):武術で、座禅や雲気行功で大自然のエネルギーを受け体内に気を培養する。
この気を拳法や杖法、指法、剣法などに運用する。
ジャンぷん(掌風):武術で、手のひらで起こす風。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ