チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ3話予告!朝鮮時代華やかなパーティーの中で~


チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ3話予告!主役たちが総出演する朝鮮時代のパーティーの中で~
SBS月火ドラマ‘チャンオクチョン、愛に生きる(脚本:チェジョンミ、演出:プソンチョル)’で、朝鮮時代のパーティーを美しく再現する。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ3話で電波に乗る今回のパーティーは、東平君(ドンピョンクン、イサンヨプ)が直接用意した、朝鮮時代漢陽(ハニャン)名門家の子弟たちだけが集まる宴会で、主催者ドンピョンクンをはじめ、オクチョン(キムテヒ)とイスン(ユアイン)、仁顯(インヒョン、ホンスヒョン)、明安(ミョンア)姫(Dal★Shabetアヨン)、チャンヒョン(ソンドンイル)など、主役たちが総出動する。

オクジョン、イスン、東平君(ドンピョンクン)、仁顯(インヒョン)の4角ラブラインが本軌道に乗るか注目を集めているパーティーシーン

オクジョン、イスン、東平君(ドンピョンクン)、仁顯(インヒョン)の4角ラブラインが本軌道に乗るか注目を集めているパーティーシーン

製作陣側は、“朝鮮最高の宴会を再現するために、小物から照明一つ一つまで心血を注いだ”とし、“気品のある古宅に色とりどりの飾り布、珍貴な装飾品や花々、淡い照明が調和し、幻想的ながらも美しい雰囲気を作り出した”と伝えた。
3話宴会シーンでは劇を導いていく主要配役たちが総出動するだけに、配役たちの間には運命的な出会いと感情の交感がたくさん行われる予定だ。
特にオクジョン、イスン、東平君(ドンピョンクン)、仁顯(インヒョン)の4角ラブラインが本軌道に乗るか成り行きが注目されている。

一方、早いストーリー展開と映像美、主助演のバランスのとれた演技呼吸に関心を集めている韓国ドラマおすすめ時代劇、チャンオクチョン、愛に生きるは毎週、月・火曜日、夜9時55分に放送される。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ