チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告!キムテヒついに入宮決定、理由は?


チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告!身分上昇の欲望抱いたキムテヒついに入宮決定!
チャンオクチョン(キムテヒ)がついに入宮する。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告編で、オクチョンは大王大妃チョ氏の甥であるチョサソク(チェサンフン)を訪ね入宮をするから、母を贖良させて、自分は服を作ることができるチムバンナイン(針房内人)に入れてくれと言う。
一方、玉程が入闕するという話を聞いたヒョンチス役(ジェヒ)は、オクチョンに一緒に青国に行こうと言う…
韓国ドラマおすすめ時代劇、SBS月火ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きる5話視聴率は、ニールセンコリア視聴率集計結果、全国基準6.9%で自体最低視聴率を記録し、危機を迎えた中で、オクチョンが本格的に宮廷生活を開始し、反騰を狙うという覚悟だ。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ5話でオクチョンは、母が鞭打をやられるのを目の前で目撃し、身分のくびきを再び骨身に感じた。
生まれたときから定められる身分に幻滅を感じた中で、二度の入宮の機会も与えられた。
最初にチョサソクが入宮を提案したが断ったオクチョンは、身分を隠した肅宗イスン(ユアイン)が宮廷に一緒に入ろうとした提案さえ断った。
しかし、予告編でオクチョンの欲望が明らかになり、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話では、最終的に入宮するチャンオクチョンの姿が描かれる予定だ。

キムテヒ最新作!韓国ドラマおすすめ時代劇!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告!ついに入宮決定をしたキムテヒの決定的な入宮理由は?

キムテヒ最新作!韓国ドラマおすすめ時代劇!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告!ついに入宮決定をしたキムテヒの決定的な入宮理由は?

母と一緒に捕まえられたオクチョンは、“母を必ず兔賎させてあげる”と覚悟した。
また、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ6話予告編では、“宮廷に入ろうとする理由が何だろう。承恩ではないか。”という言葉で、必ず王の目に付くだろうと覚悟したオクチョンの姿が描かれ、チャンオクチョンの欲望が徐々に燃えていることを見せてくれた。
ドラマ製作社関係者は、“これまでチャンヒビンを扱った作品で、チャンオクチョンが賎民の身分から女官に入闕し、承恩を介して身分上昇をしようとするストーリーが出てくるときは、常に視聴率が上昇曲線を記録した。身分上昇のために宮に入ろうとするオクチョンの姿が予告され、チャンヒビン物語の原初的な力が感じ始めた”とし、視聴率上昇を確信していた。
オクチョンが、大王大妃チョ氏の勢力であるチョサソクから、女官の提案を受けて、入闕が秒読みに入り、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじは、第2ラウンドの始まりを知らせた。
原作の内容と、ドラマだけが持つ風変わりな展開方法は、見る人々にとって新鮮さと楽しさを同時に お目見えしている。
一方、稀代の悪女の視覚ではなく、韓服(チマチョゴリ)デザイナーとして再解釈されたオクチョンに視聴者たちの期待が高まっている、韓国ドラマおすすめ時代劇、SBS月火ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるは、毎週月曜日と火曜日の夜9時55分に放送される。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ