チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ5話は?キムハウン世子嬪登極!


チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ5話は?キムハウン、ユアインの最初の妻で世子嬪登極!
キムハウンが世子嬪に即位する。
SBS月火ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるのキムハウンが、粛宗イスン(ユアイン)の初世子嬪に登極して、インキョン(仁敬)王后の優雅な姿が魅力的な即位式の写真を公開した。
チャンオクチョン、愛に生きる5話放送分予定の撮影現場スチール写真の中のキムハウンは、華やかな花柄の花冠に世子嬪の品格が感じられる婚礼服を着ていて目を引く。
実存する世子嬪を見るような錯覚を起こすほど、世子嬪の服がよく似合うキムハウンは、ミルク色の真っ白な肌に東洋的ながらもはっきりした目鼻立ちが、たおやかながらも気品のある感じを伝えている。

世子嬪に登極するキムハウンの魅力的な即位式写真!

世子嬪に登極するキムハウンの魅力的な即位式写真!

キムハウンは‘推奴(チュノ)’の‘チャンヒョク’を恋慕した天方地軸‘ソルファ’役を熱演して、演技力を認められた俳優で、チャンオクチョン、愛に生きるでも比重ある役割で強い存在感をアピールしている、美貌と演技力のほか、様々な才能を兼備して‘次世代女優’として挙げられている。
一方、チャンオクチョン、愛に生きる4話でインキョン(仁敬)王后は、インヒョン王后(仁顯、ホンスヒョン)を抜いて、イスンの揀擇を受けて波乱を起こした。
しかし、これも愛ではなく、政治的な戦略による選択だから、純白で世間知らずのヤンバン(兩班)の家の閨秀で育って、チャンオクチョン(キムテヒ)を初めて宮に連れて行くきっかけを作ったインキョン(仁敬)王后は、イスンの初めての女だが、つらい宮生活で悲しい運命の主人公になる。

世子嬪、キムハウンと初夜を迎える、粛宗イスン役のユアイン!

世子嬪、キムハウンと初夜を迎える、粛宗イスン役のユアイン!

韓国ドラマおすすめ時代劇、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ5話は、イスンは、インキョン(仁敬)王后との初夜準備中に父、ヒョンジョン(顯宗)が危篤だという消息を聞いて、ヒョンジョンの所へ走って行く。
オクチョンは、ブヨンジョンにやってきた、大王大妃チョ氏の甥であるチョサソク(チェサンフン)から、宮女になる気がないかと誘いを受けることになる。
一方、ドラマはインキョン(仁敬)王后が登場し、粛宗イスンの女性たちの登場にも関心が集まっている。
最初にインキョン(仁敬)王后の手母で宮に入って、チムバンナイン(針房内人)から国母の座まで上がるチャンオクチョンと、インヒョン(仁顕)王后(ホンスヒョン)、ムスリ出身のスクビンチェ氏(ハンスニョン)まで、粛宗の女性たちの活躍に注目が集まっている中、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ5話では、オクチョンが粛宗イスンと再び遭遇すると予想され、粛宗を置いた女性たちの間に、どのような関係が形成されるか帰趨が注目されている。
韓国ドラマおすすめ時代劇、チャンオクチョン、愛に生きるは、キムテヒとユアインのロマンスと、宮廷の権力暗闘が調和を成して緊張感を形成している。
SBS TV、毎週月、火曜日、夜9時55分に放送予定。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ