チャンオクチョン、愛に生きる12話予告映像!キムテヒ、チャンヒビン誕生予告!


チャンオクチョン、愛に生きる12話予告映像!キムテヒ、チャンヒビンに誕生予告!
チャンオクチョン、愛に生きる韓国ドラマ、キムテヒが特別尚宮からスグォン(淑媛)に上がる。
SBS月火韓国ドラマチャンオクチョン、愛に生きる12話では、粛宗イスン(ユアイン)と再会した後、特別尚宮になったチャンオクチョン(キムテヒ)がスグォン(淑媛)ママに昇格される。
スグォン(淑媛)は內命婦(女官)チョンサプム(從四品)後宮で、王の正式な妻であることを認められている同時に、王室の一員として権力を持つということを意味する。
チャンオクチョン、愛に生きる11話放送末尾で、オクチョンは特別尚宮になったが、大妃金氏(キムソンギョン)の怒りに強制的に不妊薬を飲まされる状況に置かれていた。
そのような危機的な状況をどのように抜け出して、後宮のチョプジ(牒紙)を受けたのか疑問を醸し出している中、後宮になったキムテヒの写真が公開された。

チャンオクチョン、愛に生きる12話予告映像!キムテヒ、チャンヒビン誕生予告!

チャンオクチョン、愛に生きる12話予告映像!キムテヒ、チャンヒビン誕生予告!

公開された写真の中のキムテヒは、衣服を備えて後宮チョプジ(牒紙)を受けている。
姿態は気品が溢れが、決然とした表情と目つきでは、ひやっとする冷たさがにじみ出る。
一方、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ12話では、後宮になって本格的なチャンヒビン(張禧嬪)誕生を予告している中、特に入宮して、さまざまな苦難を経験して得た後宮の席だからチャンオクチョンの今後の歩みが注目されている。
SBS TV月火韓国ドラマチャンオクチョン、愛に生きるは、毎週、月、火曜日、夜9時55分に放送される予定だ。

スグォン(淑媛):朝鮮時代チョンサプム(從四品)內命婦(女官)内官の品階である。
王の後宮で、妃の補佐とブリェ(婦禮)を務めた。
そウォン(昭媛)の下で、後宮の一番末尾である。
內命婦は宮中で務める品階の女官で、ジョンイルプム嫔からチョンサプム淑媛までを內官、ジョンオプム尚宮からチョングプム奏变宫までをグングァン(宫官)とした。

チョプジ(牒紙):牒は‘文字を書いた木片’という意味で、官衙で吏属を採用するときに書く任命状や公文を意味する。
最下位の官職である判任官(7~9品)の任命状もこのように呼ばれた。
すなわち牒紙とは、官庁同士が取り交わした公文書であるが、このような官用文書の中、下級官衙が上級官衙に上げる文書はチョプジョン(牒呈)と呼んだ。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ