張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話は?チェムスリ(雑仕)スグォン(淑媛)に昇格!キムテヒの運命は?


張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話は?チェムスリ(雑仕)スグォン(淑媛)に昇格!政治戦い突入予告にキムテヒの運命は?
キムテヒ主演ドラマ、張禧嬪(チャンヒビン)物語、SBS韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話では、チェムスリ(雑仕、ハンスンヨン)がチャンオクチョン(キムテヒ)を危機に追い込んで、スグォン(淑媛)に昇格される姿が描かれる予定だ。
ハンスンヨン(KARA)は、特別尚宮を経ることなくすぐ後宮に昇格され、キムテヒをさらに刺激する見通しだ。
キムテヒ主演韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる製作ストーリーテレビ側は、“劇中、キムテヒを危機に追い込んでいるハンスンヨンは21話放送分でスグォン(淑媛)に電撃昇格される。”と、明らかにして一枚の写真を公開した。
公開された写真は、ハンスンヨンが後宮チョプジ(牒紙)を受けた姿が盛られている。
写真の中のハンスンヨンは、衣服を備えてスグォン(淑媛)としての最初の出発を発表しており、目つきには野心が見えている。

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!ハンスンヨン、特別尚宮を経ることなくスグォン(淑媛)に破格昇格!野心に満ちた目つきで波長予告!キムテヒの運命は?

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!ハンスンヨン、特別尚宮を経ることなくスグォン(淑媛)に破格昇格!野心に満ちた目つきで波長予告!キムテヒの運命は?

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるを見る最大の楽しみの一つは、波瀾万丈の女人たちの対決だ。
チャンオクチョンは女官出身の最初の王妃で、自分と肅宗イスンを守り、愛するために王妃の座に上がった。
しかし、現在、彼女の運命は風前の灯火の身に置かれるようになった。
チェムスリ(雑仕)の存在のためである。
張禧嬪(チャンヒビン)物語、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話放送でチェムスリ(雑仕)は、肅宗イスンにスンウン(承恩)を受けたという理由で、チャンオクチョンに鞭で打たれた。
しかし、これを肅宗イスンが目撃することになって、新たな局面を迎えることになる。
一人の男を向けた女人たちの激しい競争が再点火されたのだ。
今回のチェムスリ(雑仕)の後宮昇格が破格的なのは、特別尚宮を経ずに行われた昇格ということである。
前に肅宗イスンの愛を一人占めしたチャンオクチョンも特別尚宮を経てスグォン(淑媛)に上がった。
チェムスリ(雑仕)のスンウン(承恩)はまた、肅宗イスンの政治的目的による虚偽スンウン(承恩)だったので、今回の後宮チョプジ(牒紙)がどのように下されたのか成り行きが注目されている。
チェムスリ(雑仕)は後日、卑しいムスリ(雑仕)から、当時の実勢であるソイン(西人)の勢力を背に負って、息子を王まで作った人物で、インヒョン(仁顕)王后(ホンスヒョン)が宮に復帰するのに貢献した。
過去のインヒョン王后が、チャンオクチョンを宮に入れる条件で、王妃の席を得たように、今回はチェムスリ(雑仕)を投入して宮に戻ることになる。
インヒョン王后は自分の席を守ることによっては、名分と実利を得たが、女人としては男の愛を受けていない不幸な生活を送った。
ただ政治的勢力争いの犠牲になったわけだ。

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!キムテヒ、ホンスヒョン、ハンスンヨン、女人たちの政治戦い突入予告!

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!キムテヒ、ホンスヒョン、ハンスンヨン、女人たちの政治戦い突入予告!

このように韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるに出てくる女人たちの生を見てみると、波乱万丈の歴史に深く残る人生を生きていた。
男たちの政治的な争いよりも密かに激しい女人たちの気の戦いなので、これを見る視聴者たちももっと興味を感じるのだ。
一方、正式後宮になったチェスグォン(淑媛)が、今後インヒョン王后と手を組んでどのような策略でチャンオクチョンを危機に追いやるか注目されている中で、キムテヒとホンスヒョン、ハンスンヨンの対決が興味深い。

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!コヨンビンは戻れない川を渡るようになるのだろうか?
一方、ドラマが後半に入って緊張感が高まっている中で、チャンオクチョンの兄、チャンヒジェ(コヨンビン)に対する視聴者たちの関心も熱くなっている。
現在、キサファングク(己巳換局)に成功した肅宗イスン、ペビ(廃妃)となったインヒョン、王妃に上がったチャンオクチョンと、これを背負ってよどみなく出世街道を走っているチャンヒジェ!
ナムイン(南人)勢力とチャンオクチョン、チャンヒジェは権力の最高点に達している状況である。

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!キムテヒ兄コヨンビン、どんな策略を広げるのか?帰れない川を渡るのか?

張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話!キムテヒ兄コヨンビン、どんな策略を広げるのか?帰れない川を渡るのか?

しかし、危機に追い込まれる可能性の要素があちこちに山積している。
チェスグォン(淑媛)の登場とインヒョン、ヒョンチス(ジェヒ)、キムマンギ(イドンシン)など、権力を取り戻すためのソイン(西人)勢力の色々な策略を巡らす総攻撃が始まって、約束を守らずにいるチャンオクチョンに恐ろしい警告をしているチャンヒョン(ソンドンイル)もまた、危険な要素の一つだ。
これにチャンオクチョンをいつも守ってあげると言った兄、チャンヒジェは、王妃の席に上がって常に肅宗イスンの愛が離れていくか不安と焦りの中にいるチャンオクチョンの姿をいつも見守りながら残念がっている。
これを乗じて総攻勢に出たソイン(西人)勢力に対抗して、妹のチャンオクチョンを守るためにチャンヒジェはまた、どのような策略を巡るのか、それともその計略がブーメランになって逆に不利な手法になるのか、ドラマがピークに達しつつ徐々に締め付けてくる不安で、その成り行きが注目さされている。
一方、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ21話で、ドンピョンクン(東平君、イサンヨプ)は、肅宗イスンにチャンオクチョンを慕っていたと告白する。
終着駅に向かっているチャンオクチョン、愛に生きるがどのような結末を見せてくれることになるのか、歴史の中の三人の女人たちは、視聴者にどのような姿をプレゼントするか、回を重ねるごとに興味を加えているSBS張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒ主演ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きる は、毎週、月、火曜日の午後9時55分に放送される。

スグォン(淑媛):朝鮮時代チョンサプム(從四品)內命婦(女官)内官の品階である。王の後宮で、妃の補佐とブリェ(婦禮)を務めた。
ソウォン(昭媛)の下で、後宮の一番末尾である。
內命婦は宮中で務める品階の女官で、ジョンイルプム嫔からチョンサプム淑媛までを內官、ジョンオプム尚宮からチョングプム奏变宫までをグングァン(宫官)とした。

チョプジ(牒紙):牒は‘文字を書いた木片’という意味で、官衙で吏属を採用するときに書く任命状や公文を意味する。
最下位の官職である判任官(7~9品)の任命状もこのように呼ばれた。
すなわち牒紙とは、官庁同士が取り交わした公文書であるが、このような官用文書の中、下級官衙が上級官衙に上げる文書はチョプジョン(牒呈)と呼んだ。

スンウン(承恩):臣が王から特別の恩を受(う)けること。
侍女が王の寵愛を受けて寝所にはべること。

ソイン(西人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮14代王、ソンジョ(宣祖)時代の文臣、シムウイキョム(沈義謙)を中心にしてトンイン(東人)と対立した党派。またはそれに属する人。あとでチョンソ(青書)、フンソ(勳西)、ソソ(少西)、ノロン(老論)、ソロン(少論)、シパ(時派)、ビョクパ(僻派)などで時期に応じて多岐に分かれた。

キサファングク(己巳換局):1689年(粛宗15年)後宮、昭儀チャン氏所生の子を元子に決定する問題を契機に、ソイン(西人)が放逐されてナムイン(南人)が掌握した政局。

ペビ(廃妃):王妃の位から退(しりぞ)けること。また, その后(こう)。

ナムイン(南人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮宣祖時に、ドンイン(東人)から分かれた党派で、ユソンヨン(柳成龍)、ウソンジョン(禹性傳)を中心とした一つ党派波。
キョンジョン(景宗)以後政界から離れて故郷で学問と教育に専念した。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ