チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話、張禧嬪 キムテヒドラマ!ソンドンイル、グク(國舅)に?


チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話、張禧嬪 キムテヒドラマ!大礼服着たソンドンイル、遂に王の舅になる!
ソンドンイルが王の舅である、グク(國舅)の座に上がる。
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話では、チャンヒョン役で熱演を広げているソンドンイルが、夢に描いていた王の舅になって大礼服を着た姿が公開された。
写真の中ソンドンイルが宮を背景に赤い色の大礼服を着て毅然とした表情をしている。
劇中、肅宗イスン(ユアイン)の怒りとチャンオクチョン(キムテヒ)の義絶宣言があったから、チャンヒョンがどのようにグク(國舅)の席に上がるようになるか、チャンオクチョンの歩みにどのような影響を及ぼすことになるのか成り行きが注目されている。

張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話!大礼服を着たグク(國舅)、ソンドンイルついに王の舅になる!

張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話!大礼服を着たグク(國舅)、ソンドンイルついに王の舅になる!

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン愛に生きる21話放送でチャンヒョンは、大妃金氏(キムソンギョン)の毒殺事件の背後とチブチェク(置簿册)事件が明らかになり、肅宗イスンの怒りを買って獄に捕らわれる身になった。
しかし、チャンヒョンは獄中でも野望を砕かず、王の舅であるグク(國舅)の座をあきらめなかった。
そんな中、大礼服を着たソンドンイルの姿が公開され、韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話の放送に関心が集まっている中、獄に閉じ込められたチャンヒョンを訪れた肅宗イスンにチュグク(推鞫)を開いてくれと求めるチャンヒョンの姿が盛られる予定だ。
韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ21話では、チェムスリ(雑仕、ハンスンヨン)が肅宗イスンの御名を受け、スグォン(淑媛)のチョプジ(牒紙)を受ける場面が描かれてチャンオクチョンは自分の席に危機を感じている。
粛宗イスンの愛を一身に受けていたチャンオクチョンは、特別尚宮から始めてスグォン(淑媛)、ヒビン、王妃の席まで上がったが、インヒョン王后(ホンスヒョン)が行かせたチェムスリがスグォン(淑媛)のチョプジ(牒紙)をすぐに受けると不安感に取りつかれていた。
また、肅宗イスンが大妃金氏の死に一助したということを知って、チャンヒョンを獄に閉じ込めると、血縁関係にあったチャンオクチョンは父のいとこであるチャンヒョンが大妃金氏の死に関係があるという事実を聞いて驚愕を禁じえなかったが、肅宗イスンが自分さえも疑うか戦々恐々だった。
しかし、チャンオクチョンを本気を肅宗イスンが知ることになり、二人は誤解を解いてお互いの手を離さないと約束した。

張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン愛に生きるあらすじ21話映像!ホンスヒョンとハンスンヨンの挟み撃ちに危機に陥ったキムテヒとユアイン!

張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン愛に生きるあらすじ21話映像!ホンスヒョンとハンスンヨンの挟み撃ちに危機に陥ったキムテヒとユアイン!

チャンオクチョンの不安感はここで止まらなかった。
キムマンギ(イドンシン)は、金萬重(キムマンジュン)が書いた‘サシナムジョンギ(謝氏南征記)’を人々に読むように伝播し、うわさに乗った‘サシナムジョンギ(謝氏南征記)’は宮殿でも読まれることになった。
チャンオクチョンは自分を妖婦になぞらえて書いた‘サシナムジョンギ(謝氏南征記)’を民心を重要視する粛宗(スクチョン)イスンが読み取らないように防いだが、チェスグォン(淑媛)によってイスンが知ることになる。
放送末尾ではチャンオクチョンの計略に喫したインヒョン王后が直接反撃をし、チャンオクチョンに屈辱を与えた。
人々はヘミンソ(惠民署)に尋ねて来たインヒョンを中殿に推戴して、チャンオクチョンには後ろ指をして皮肉った。
折りしもヘミンソ(惠民署)に訪れた粛宗イスンは、この場面を目撃して怒りのこもった表情を隠すことができず、劇の緊張感を倍加させた。
一方、韓国ドラマ チャンオクチョン愛に生きるあらすじ22話で、チェスグォン(淑媛)は自分の誕生日に毒が入った甘酒を飲んで昏睡状態に陥る。
虎視眈々と復位の機会だけを狙うペビ(廃妃)となったインヒョン、ムスリ(雑仕)からスグォン(淑媛の座まで上がった野望の女人チェスグォン(淑媛)、粛宗イスンの寵愛を一身に受けて女人が上られる最高の席である中殿の席まで上がったチャンオクチョン、三人の女人の対立に宮廷の暗闘が本格化され、チャンオクチョンの波乱万丈な人生をもう一度予告した。
張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン愛に生きるは、SBS TV毎週、月、火曜日の午後9時55分に放送される。

 

グク(國舅):国王の舅。国王の外戚。

チブチェク(置簿册):金銭、物品の出納を記録した帳面。

チュグク(推鞫):朝鮮王朝時代、ウィグムブ (義禁府)が王命によって重罪人を尋問すること、またはその手順。

ウィグムブ (義禁府):朝鮮王朝時代、司法機関。王命によって罪人の取り調べをつかさどった官庁。

スグォン(淑媛):朝鮮時代チョンサプム(從四品)內命婦(女官)内官の品階である。王の後宮で、妃の補佐とブリェ(婦禮)を務めた。
ソウォン(昭媛)の下で、後宮の一番末尾である。
內命婦は宮中で務める品階の女官で、ジョンイルプム嫔からチョンサプム淑媛までを內官、ジョンオプム尚宮からチョングプム奏变宫までをグングァン(宫官)とした。

チョプジ(牒紙):牒は‘文字を書いた木片’という意味で、官衙で吏属を採用するときに書く任命状や公文を意味する。
最下位の官職である判任官(7~9品)の任命状もこのように呼ばれた。
すなわち牒紙とは、官庁同士が取り交わした公文書であるが、このような官用文書の中、下級官衙が上級官衙に上げる文書はチョプジョン(牒呈)と呼んだ。

サシナムジョンギ(謝氏南征記):朝鮮王朝粛宗(スクチョン)時代、17世紀後半金萬重(ギムマンジュン)によってハングルで創作された古典小説で妻妾葛藤を扱った家庭小説。‘ナムジョンギ(南征记)’とも呼ばれている。
確実な創作連帯は不詳だが、粛宗がケビ(継妃・次妃)インヒョン(仁顕)王后を廃位させて、ヒビンチャン氏を王妃に迎えることに反対し、そのため、ナムへド(南海島)に流刑となった金萬重(ギムマンジュン)が流配地でも粛宗の心を懺悔させようとし書いた作品。1689年(粛宗15)から作者が亡くなった1692年(粛宗18)の間に書いたものとみられる。
すなわち、作中人物中の謝氏(サシ)夫人はインヒョン(仁顕)王后を、劉翰林(ユハンリム)は粛宗を、妖妾喬氏はヒビン張氏を、それぞれ対比させたもので、女官がこの作品を粛宗に読むようにして悔悟させ、仁顕王后閔氏を復位させたというエピソードが伝えられている。

ヘミンソ(惠民署):朝鮮時代医薬と一般庶民の治療を担当した官庁。

ペビ(廃妃):王妃の位から退(しりぞ)けること。また, その后(こう)。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ