張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話、最終回!結末は?


張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話、最終回結末は?キムテヒ、愛に死ぬ?
張禧嬪 キムテヒ、愛に生きた彼女は愛に死ぬか?
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるが25日、最終回の24話だけを残している。
放映終了を控えて、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる結末に視聴者たちの期待が集められた。
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話最終回予告篇では、チャンオクチョン(キムテヒ)が涙を流す姿と一緒に、肅宗(スクジョン)イスン(ユアイン)が、“いくら行き止まり道でも生きる道はあるもの。私がその道を開いてあげる”と、言う場面が描かれた。










肅宗イスンが最後までチャンオクチョンの手を離さない努力をしたことを示す場面だろうか?
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話最終回はチャンオクチョンの危機と死が予告された状況である。
肅宗イスンは、神堂をこしらえてインヒョン王后(ホンスヒョン)を嫉妬したという罪で、チャンオクチョンにビマンギ(備忘記)を下す。
一方、ヒョンチス(ジェヒ)は自分に、財物としてチャンオクチョンがほしいと言う…

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話最終回予告映像!

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ24話最終回予告映像!

韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話でキムテヒは、ハンスンヨンの陰謀によって殺人者で指目された。
チェスグォン(淑媛、ハンスンヨン)は、朝廷の大臣たちと肅宗イスンがそろった席で“ヒビンチャン氏を呪いと嫉妬罪でバルゴ(發告)する”とし、“証左を持っている”と宣言した。
チャンオクチョンはインヒョンの中殿復位にもかかわらず、ピェソイン(廢庶人)にならずヒビン降格にとどまった。
これに朝廷の大臣たは、まだチャンオクチョンの兄、チャンヒジェ(コヨンビン)の罪を主張し沸き立った。
しかし、肅宗イスンは“チャンヒジェ、後はオクチョンと世子が危険だ”とし、貧乏揺るぎもしなかった。
そんな中、世子ユン(昀)が天然痘にかかって倒れ、続いてインヒョン王后まで持病の悪化で倒れ憂患が重なった。
息子が心配になったチャンオクチョンは巫女を呼び、巫は“宮殿で、すぐ貴重な人が死ぬ。早くグッをして厄払いをしなければ命が危ない”と言った。
チャンオクチョンは息子の命が危険にさらされると肅宗イスンが嫌いなことを知りながらも仕方なく 神堂をこしらえた。
インヒョンとチャンオクチョンを抜いて中殿の席を占めようとするチェスグォンはチャンオクチョンの一挙手一投足に集中し、チャンオクチョンが神堂をこしらえたことを知った。
チェスグォンは、インヒョン王后が亡くなると絶妙なタイミングを狙った。
チェスグォンは、インヒョン王后のノリゲまで盗んで、チャンオクチョンがインヒョン王后の死を早めるために呪ったこととして偽りの陰謀を企んだ。
ヒビンに降格されたチャンオクチョンに対する臣下たちのピェソイン(廢庶人)要求が続く中、チェスグォンが適切なときに彼女を呪いと嫉妬罪で告発した。

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話映像!

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話映像!

行き詰まった道にチャンオクチョンは、もうこれ以上避ける道がなくなった。
チャンオクチョンはサヤク(賜藥)という悲劇的な最後に向かって走っている。
ただし、チャンオクチョンの死は変えることがないとしても、それに対する解釈だけは‘チャンオクチョン、愛に生きる’式である、以前のチャンヒビン(張禧嬪)ドラマとは異なる視線で表現されると期待が集められる。
キムテヒ主演ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるは、これまで一人の男を愛するチャンオクチョンの一生を盛った他のチャンヒビンのドラマと路線を変えてきたからだ。
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるで肅宗イスンがナムイン(南人)を登用する人事改編をしたときは、オクチョンが枕元訴訟という非難を代わりに受けたし、チャンオクチョンに対した妖婦イメージは、サシナムジョンギ(謝氏南征記)を利用したソイン(西人)の謀略だった話に展開した。
チャンオクチョンが中殿からヒビンに降格された事件も、彼女がピェソイン(廢庶人)になるような状況だったのに却って、彼女をそばに置こうとした肅宗イスンの愛と思いやりで表現した。
このように韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるは張禧嬪(チャンヒビン)に対したよく知られている事件を新たな解釈を加え、既存の作品とは異なって解いてきた。
これにサヤク(賜藥)結末も、他の方法で意味を表わす展望だ。
何よりもチャンオクチョンは、愛がすべての事件の中心にいた。
チャンオクチョンがすべての苦難をくぐって自分で毒入り食べ物まで食べながら中殿の席に上がったことも、肅宗イスンが彼女を中殿の席から降ろさせたこともすべて‘愛括’だと見た。
これに結末で描かれるチャンオクチョンの死にも、愛という前提が敷かれるかどうかが視聴ポイントだ。
視聴者たちは、チャンオクチョンが無理にサヤク(賜藥)を飲まされて、悔しさの中に死んで行くより愛のために喜んで死を選ぶと予想している。
愛に生きたチャンオクチョンだから、愛のために死を迎えるものと見られている。
永遠の愛を約束した肅宗イスンがチャンオクチョンにサヤク(賜藥)を下すしかない理由と、チャンオクチョンがこの選択をどう受け入れるか、チャンオクチョンの最後が注目される。

ビマンギ(備忘記 ):王の命令や意見を書いて承旨に伝えていた文書。

スグォン(淑媛):朝鮮時代チョンサプム(從四品)內命婦(女官)内官の品階である。王の後宮で、妃の補佐とブリェ(婦禮)を務めた。
ソウォン(昭媛)の下で、後宮の一番末尾である。
內命婦は宮中で務める品階の女官で、ジョンイルプム嫔からチョンサプム淑媛までを內官、ジョンオプム尚宮からチョングプム奏变宫までをグングァン(宫官)とした。

バルゴ(發告):犯罪事実をその役所に申告する。 [類義語]告発。

ピェソイン(廢庶人):ヤンバン(両班)や王妃、世子、大軍などが罪を犯し、その身分と地位を失って庶人に降格されること、あるいはそのような人。すなわち廢爲庶人をいう。

グッ:家の安泰•人の幸運や病気の快癒を祈り、神霊の託宣と死霊の意思を伝えるため巫女が歌い踊って神を喜ばせるシャーマニズムの儀式(ぎしき)。

ノリゲ:金や銀、宝石などで作った女性用の装飾品。

サヤク(賜藥):死罪の王族や臣下に王が毒薬を下したこと。また, その毒薬。

ナムイン(南人):朝鮮時代の四色党派の一つ。

サシナムジョンギ(謝氏南征記):朝鮮王朝粛宗(スクチョン)時代、17世紀後半金萬重(ギムマンジュン)によってハングルで創作された古典小説で妻妾葛藤を扱った家庭小説。

ソイン(西人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮14代王、ソンジョ(宣祖)時代の文臣、シムウイキョム(沈義謙)を中心にしてトンイン(東人)と対立した党派。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ