張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話!悲劇的な結末?


張禧嬪 キムテヒドラマ!チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話!キムテヒ、神堂写真公開、悲劇的な結末予告?
キムテヒの神堂写真が公開された。
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるが放映終了2回を控えて、チソンダン(就善堂)の神堂写真を公開して関心を集めている。
張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ22話で、チャンオクチョン(キムテヒ)は、ソイン(西人)勢力の牽制で、結局ヒビンに降格されたが粛宗イスン(ユアイン)の変わらぬ愛を確認し、第2の幸せな生活を夢見た。
しかし、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる23話の放送を控えて製作社側が公開した二枚の写真は、チャンオクチョンの義悲劇的な人生を予告しており、成り行きが注目される。

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話映像!キムテヒの悲劇的な結末を予告するスチールカット、涙を流して横たわっているインヒョン(仁顕)王后( ホンスヒョン)!

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話映像!キムテヒの悲劇的な結末を予告するスチールカット、涙を流して横たわっているインヒョン(仁顕)王后( ホンスヒョン)!

公開された写真二枚は、神堂をこしらえて祈りをするチャンオクチョンの姿と、涙を流して横たわっているインヒョン(仁顕)王后( ホンスヒョン)の姿が公開され、緊張感が高まっている。
一方、張禧嬪(チャンヒビン)キムテヒと粛宗(スクジョン)ユアインの愛が切なさを現わして終盤に向かっている中、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ22話では粛宗イスンとチャンオクチョンが再び変わらぬ愛を確認して視聴者たちの心をときめくようにした。
命をかけて中殿の席に座ったチャンオクチョンが、粛宗イスンを守るために自ら毒を飲んだ自分の過ちを告白し、ピェソイン(廢庶人)になることを自任して涙で訴えた。
しかし、チャンオクチョンを愛した粛宗イスンも、チェスグォン(淑媛、ハンスンヨン)の毒物事件とヘミンソ(惠民署)事件以降危機に置かれたチャンオクチョンの手を最後まで離さないように努力した。
民心と臣僚たちが彼女に背を向けてペビ(廃妃)にするように圧迫したが、粛宗イスンはチャンオクチョンを守るためにソイン(西人)勢力との取引をした。
粛宗イスンは、ペビ(廃妃)となったインヒョン(仁顯)を再度中殿に復位させる代わりに、チャンオクチョンをピェソイン(廢庶人)ではなくヒビンに降格する線で収束し、粛宗イスンは最後までチャンオクチョンを守った。
愛の純粋性と権力の属性の間で綱渡りする粛宗イスンと、彼を得るために王妃の野望を燃やしたチャンオクチョンの切迫した心理が切なく浮き彫りになった。
ヒビンになったチャンオクチョンは、再びチソンダン(就善堂)に戻った。
二人はチソンダン(就善堂)の前でお互いの愛を確認し、お互いの手を離さないと誓った。

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ22話映像!チソンダン(就善堂)に戻ってきた張禧嬪(チャンヒビン)!張禧嬪(チャンヒビン)にとってチソンダン(就善堂)の意味は?

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ22話映像!チソンダン(就善堂)に戻ってきた張禧嬪(チャンヒビン)!張禧嬪(チャンヒビン)にとってチソンダン(就善堂)の意味は?

しかし、劇中、チャンオクチョンが中殿からヒビンに降格されたものよりも胸が痛むのは、チソンダン(就善堂)に戻ってきたことだ。
歴史の中で‘チソンダン(就善堂)’は、粛宗イスンが愛する女人、チャンオクチョンにプレゼントした宮殿で、朝鮮の王が最初に彼女にプレゼントした殿閣という点で非常に意味深い場所である。
しかし、皮肉なことに、歴史の中の張禧嬪(チャンヒビン)は粛宗イスンがプレゼントした愛の証である‘チソンダン(就善堂)’で粛宗イスンが下ろしたサヤク(賜藥)を飲んで死ぬ。
このため、チャンオクチョンがチソンダン(就善堂)に戻ってきたのは、彼女の死が遠くないということを意味する。
今後、粛宗イスンがチャンオクチョンにサヤク(賜藥)を下げることで、チャンオクチョンの死と二人の別れが予告されたことに違いがないからである。
その間、張禧嬪(チャンヒビン)の生涯を盛り込んだドラマを見てみると、チャンオクチョンはチソンダン(就善堂)にインヒョン王后を呪う神堂をこしらえて、そのことが粛宗イスンに発覚されサヤク(賜藥)を受けて凄惨な死を迎える。

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話予告映像!ホンスヒョンを呪うキムテヒ?世子ユン(昀)の祈りをするキムテヒ?

張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ23話予告映像!ホンスヒョンを呪うキムテヒ?世子ユン(昀)の祈りをするキムテヒ?

この写真は、既存の張禧嬪(チャンヒビン)ストーリーで見ると、チャンオクチョンがインヒョン王后を呪うために神堂をこしらえて捧げる場面で考えることができる。
しかし、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる公式ホームページには、世子ユン(昀)が痘瘡(天然痘)にかかってチャンオクチョンが母親と一緒に巫女(みこ)を訪ねていくと予告されている。
したがって、この神堂がどのような目的のためにこしらえたのかは、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる23話の放送を見る前までは断定できないが、この神堂事件がチャンオクチョンには悲劇のきっかけになることを示唆していることが明らかである。
チソンダン(就善堂)は、張禧嬪(チャンヒビン)と粛宗の‘愛の結実’であり‘愛の結末’を同時に意味する悲劇的な空間なのである。
張禧嬪(チャンヒビン)と粛宗の愛が悲劇に終わることを知っているので、二人の切ない愛が視聴者たちにもっと切なさを伝わってくる気がする。
もう一つの興味深い点は、チソンダン(就善堂)は英祖(ヨンジョ、朝鮮21代王)時代、放火で焼失したということだ。
ヨンジョ(英祖)の母がスクビン(淑嬪)チェ氏だから、張禧嬪(チャンヒビン)が死んだ後にも宮中女人たちの暗闘は終わらなかったという推測が楽しさを加える。
一方、韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる23話でチェスグォン(淑媛)は、粛宗イスンと大臣たちの前でチャンオクチョンについてバルゴ(發告)することがあるとし便殿を尋ねるが…
インヒョン王后の死とチャンオクチョンのサヤク(賜藥)など、クライマックスに向かって走って行って放映終了まで2回を残した張禧嬪 キムテヒドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるは、変わらない張禧嬪(チャンヒビン)の死という既存の歴史的事実をどのように再解釈することになるのか、張禧嬪(チャンヒビン)のライバルだった女人たちは、また、どのように描かれるのか視聴者たちの熱い関心を集めているSBS月火韓国ドラマ チャンオクチョン、愛に生きる23話は、24日の夜9時55分に放送される予定だ。

ソイン(西人):朝鮮時代の四色党派の一つ。

ピェソイン(廢庶人) :ヤンバン(両班)や王妃、世子、大軍などが罪を犯し、その身分と地位を失って庶人に降格されること、あるいはそのような人。すなわち廢爲庶人をいう。

スグォン(淑媛):朝鮮時代チョンサプム(從四品)內命婦(女官)内官の品階である。王の後宮で、妃の補佐とブリェ(婦禮)を務めた。ソウォン(昭媛)の下で、後宮の一番末尾である。內命婦は宮中で務める品階の女官で、ジョンイルプム嫔からチョンサプム淑媛までを內官、ジョンオプム尚宮からチョングプム奏变宫までをグングァン(宫官)とした。

ヘミンソ(惠民署):朝鮮時代医薬と一般庶民の治療を担当した官庁。

ペビ(廃妃):王妃の位から退(しりぞ)けること。また, その后(こう)。

サヤク(賜藥):死罪の王族や臣下に王が毒薬を下したこと。また, その毒薬。

バルゴ(發告):犯罪事実をその役所に申告する。 [類義語]告発。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ