ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ演奏‘君のための空席’


ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ演奏&歌‘君のための空席’
ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン、パクシニャン – ヒョンビン上回る`ピアノの男’に変身

ミスリプリー9話で、パクユチョンがピアノ弾く男に変身して、”最強ロマンチック男”の姿で魅力を精一杯発散した。
6月27日放送されるMBC月火韓国ドラマ、ミスリプリー9回分(脚本キムソニョン、演出チェイソプ/製作カーテンコールのメディア、シジェスエンターテイメント)、ミスリプリー9話で、ユチョンは自らピアノを演奏して歌を歌う姿を見せる予定だ。
タイトな撮影スケジュールのため、午前1時から撮影が進行された状況だった。
喉の調子があまりよくない時間だったが、ユチョンは疲れて見える気配なしで、ミスリプリーのOST、君のための空席を歌いながらピアノを弾いた。

ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ‘君のための空席’

ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ‘君のための空席’

パクユチョンは最高のアイドルグループJYJで活動中の歌手としての完璧な歌の実力とピアノ演奏で”嵐の魅力’を発散し出して、女性視聴者の心をひきつける予定だ。
6月22日、駅三洞の最高級の複合文化空間で行われたこの日の撮影で、パクユチョンは上手なピアノ演奏の腕前と甘い声で、ベストショットを引き出した。

ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ‘君のための空席’

ミスリプリー9話予告、ミスリプリー、ユチョン ピアノ‘君のための空席’

6月22日に行われた撮影で、パクユチョンの幻想的なピアノ演奏に一緒にいた女性スタッフたちは撮影であることも忘れてしまったまま、うっとりと全てを忘れてピアノのとユチョンの歌声に陥ってしまったと言う撮影関係者の話だ。
“男性俳優たちがピアノを演奏すると作品が成功するという俗説があるほど、女性たちにピアノをひく男たちの魅力が非常に高くアピールされる”とし”ドラマ、ミスリプリーの中で愛する女性のためにピアノを弾くパクユチョン(ソンユヒョン)の姿は、元の職業である歌手としての利点を十分に発揮することができた良い機会だった。パクユチョンの凄い魅力がドラマ、ミスリプリーの中で完全に溶け込んだ場面で誕生するだろう”とミスリプリーの製作会社側は話した。
最高の魅力的な男たちは、一度ピアノを演奏する姿で女心をときめかせるシーンをよく演出する。

ミスリプリ-9話予告、ピアノを弾くヒーロー

ミスリプリ-9話予告、ピアノを弾くヒーロー

2002年の映画”ピアノ弾く大統領”で劇中、大統領役を演じたアンソンギは、娘の担任先生のために、ピアノの鍵盤を叩いた。
アンソンギは、映画”慕情”の主題歌だった”Love is a Many Splendored Thing”を見事に演奏して女子先生との愛を再び確認した。
当時、女子先生役の俳優が”スターの恋人”のチェジウという点が面白い。

ミスリプリ-9話予告、ピアノを弾くヒーロー グォンサンウ

ミスリプリ-9話予告、ピアノを弾くヒーロー グォンサンウ

2003年に放送された視聴率43.6%を記録した韓国ドラマ‘天国の階段’はグォンサンウが海辺でピアノを演奏しながら、ナレーションと共に、ドラマが始まるのがとても印象的だった。

パリの恋人 パクシニャン ピアノ

パリの恋人 パクシニャン ピアノ

2004年に放送されて40%に迫る視聴率を得た韓国ドラマ‘パリの恋人’で俳優パクシニャンがキムジョンウンにピアノを弾きながら、ガラス箱の‘愛しても宜しいでしょうか?’を歌ってプロポーズをする場面を演出して爆発的な呼応を得た。

私の名前はキムサムスン ヒョンビン ピアノ

私の名前はキムサムスン ヒョンビン ピアノ

2005年MBC韓国ドラマ‘私の名前はキムサムスン’のヒョンビンはキムソナのために、”Over the Rainbow”を演奏しているかと思えばKBS 2TV韓国ドラマ‘雪の女王’でも、ソンユリのために愛のセレナーデを演奏した。
また、2005年韓国ドラマ‘私の名前はキムサムスン’でヒョンビンはソユソクの‘美しい私の人よ’を歌い、主人公キムソナの胸をたっぷり濡らせて、通常、抜群な歌唱力を現わしたユンサンヒョンは、2009年、‘お嬢さんをお願い’のライオネルリッチーの‘Hellow(ハロー)’を歌いながらピアノ演奏を広げ出し世間の関心を引き出した。
2006年の映画‘ホロビッツのために’では、製作スタッフが1年間の探索の末に発掘した、絶対音感の少年シンウイジェ(当時10)とピアニストのキムジョンウォンが出演し、‘ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番’などを演奏して観客たちの視線を捕らえた。
2008年MBC韓国ドラマ‘ベートーベンウイルス’のキムミョンミンはショパンのエチュード25-11‘冬の風’を演奏して注目を引いたし、映画‘スピードスキャンダル’でチャテヒョンの孫役で登場したワンソクヒョン(6歳)が‘ハンガリー舞曲’を消化して、チャテヒョンから“ちょっと弾けます”という名セリフを聞いている。

セレブの誕生 ナムグンミン ピアノ

セレブの誕生 ナムグンミン ピアノ

2010年韓国ドラマ、セレブの誕生でナムクンミンがイボヨンの心を掴むためにピアノを弾く場面の名場面の一つである。
ピアノをひく男主人公たちが絶えずに設定されていることと関連して、映画製作者でありドンウイデ映像情報大学院のファンジェソン教授は“実際にもどんな楽器であれ、使いこなす男たちは、そうでない男性より女性の心をひきつけるのに、はるかに有利な側面がある”とし“そのため、映画やドラマで楽器、特に大衆化されたピアノをよく弾く男性を登場させて、女主人公の耳を楽しませ、心を揺さぶって、結局二人は恋にまで至るもの”と説明した。
一方、‘ミスリプリー’でイダヘ(チャンミリ)は自分の成功のために、二人の男、キムスンウとユチョンの間で、息が詰まる二股の愛を始めて視聴者たちの好奇心が増幅されている状況だ。
‘ミスリプリー’の制作陣は今週放送されるミスリプリー9話とミスリプリー10話で、これまでの状況を反転させる衝撃的なストーリー展開が続く予定だと伝えて期待を集めている。
欲望の沼にはまり、偽りの愛を広げているイダヘがキムスンウ、ユチョンとの間で真の愛を悟るようになるか視聴者たちの耳目が集中している。
ミスリプリーは、毎週月、火曜日午後9時55分放送される。
パクユチョンがピアノを弾く場面が登場するミスリプリー9話は6月27日の放送を予定している。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ