ミスリプリーあらすじ:ミスリプリー2話あらすじとレビュー、イダヘ嘘をついた理由?


ミスリプリーあらすじ:ミスリプリー2話あらすじとレビュー、イダヘ嘘をついた理由?

ミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話のあらすじとレビュー2回に分けて掲載するつもりです。
ミスリプリー2話のあらすじというか和訳は現在準備中で、ミスリプリー1話から和訳(翻訳)版はこれから書いていくつもりです。
ミスリプリー2話あらすじだけを読む方にはこちらで充分だと思いますが、理解しにくい場面を詳しく読みたい方は翻訳(和訳)版をお願いします。
ミスリプリー2話2-1あらすじとレビューでは、ミリのホテリアーでの変身とユヒョン(ユチョン)のモンドグループ後継者としての変身、そして、ミョンフンの夫婦関係が描かれています。
ここからはミスリプリー2話あらすじ2-1です。

ミスリプリーあらすじ:ミスリプリー2話あらすじ

偶然始まった嘘は、ますます大きくなって、もはや取り返しのつかない状況に駆け上がって、チャンミリは嘘のために、より洗練された大きな嘘を開始します。
切迫した状況で、簡単に口からこぼれた嘘が希望に近づくと、彼女は、世の中に対して嘘を言って自分を合理化し始めました。
彼女の嘘には共感をもたらのか?
抑えられた人生を生きなければならなかった彼女が世の中に出て堂々と生きてみようとするが、高卒出身の彼女に、社会は甘いところではありませんでした。
理想と現実は、極端な状況であり、彼女が持っている学歴は精々アルバイトしかできない状況で、いたずらのように投げた”東京大学出身でもいけないですね?”という言葉は嘘の始まりとなりました。

ミスリプリ-2話 あらすじ2-1-4▲ミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話動画中キャプチャ画像 

意図してつけた嘘ではない、世の中を嘆いて投げた言葉に、‘東大’出たのかという相手の言葉に否定せず、彼女の偽りの人生はスタートしました。
コシウォンで、ありのままを完全に出していた彼女の本当の姿と、ホテリアーになって生きていく彼女の偽りの人生は克明な差を見せて彼女にもっと大きな嘘を強要しています。
機会さえつかむことができなかった彼女が学歴を偽造したうその一言で、巨大なホテルでの機会を掴むようになりました。
自分が住んでいた日本の地方の方言(福岡弁)が機会をもたらし、彼女は特急のゲストをお迎えする特別な位置を占めるようになり、嘘が自分に大変な意味に迫ってくることを感じ始めています。
誰かには、悪意のあるものになるかもしれないが、ミリにはそれが自分が住むことができる唯一の希望であり、母を見つけるための最善の方法だと考えています。
成功という欲望に誰よりも切実で、彼女が決して見逃してはいけない、この機会は、多くの手間を要求し始めます。
東大を卒業していない彼女に必要な卒業証明書と捨てたい日本の養子縁組の家族への記録。
そのすべてのものを世の中にさらし生きることに疲れ果てた彼女は、自然煮に偽造を決心します。
各方面で走り回って偽造可能な場所を探しますが、決して容易なことではありませんでした。
諦めたいと思った瞬間、黒い手が彼女に手を伸ばして、ミリは本格的に自分の人生を変えていくことに乗り出します。
ミスリプリ-2話 あらすじ2-1-1▲ミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話動画中キャプチャ画像 

コシウォンで生活ながら、本格的にモンドグループの後継者の道を準備するソンユヒョンは、親友のハチョルチンとともに本部長就任に備えます。
韓国進出に最も重要な人物として、ホテルaのチャンミョンフンに注目し、彼について分析をする彼らは自分の身分が世に知られるようになれば一番先に会って見たい人だと思っています。
卓越な能力を披露するチャンミョンフンが、ユタカ(ソンユヒョン)の計画を成功させてくれることができる適任者になるべきだと思ったからです。

ミスリプリ-2話 あらすじ2-1-5▲ミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話動画中キャプチャ画像  

コシウォンのファッションを脱いで素敵なスーツを着てホテルaを自ら視察するソンユヒョン(ユチョン)はホテルで、客室のアルバイトをしていたフイジュと出会います。
トレーの上に置いた飲料水をユヒョンにこぼすことで出会ったヒジュとユヒョンはエレベーターの中で再び会って縁を続けていきます。
運命的な愛の主人公であるミリと、幼い頃、孤児院で育ったフイジュ。
偶然ですが、そのように縁を結び始めたフイジュを介してミリをもっと分かるようになる過程で、ユヒョンは、ミリのどのような姿を見ることになるのか期待されています。
仕事に対して卓越な能力を見せるミョンフンだが、妻との関係では、何一つ上手く行かないミョンフン夫婦は、最終的に離婚を選択します。

ミスリプリ-2話 あらすじ2-1-6▲ミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話動画中キャプチャ画像 

意図的にミョンフンに喧嘩を売って、喧嘩を通じて、自分に少しでも関心を持ってくれることを願う世間知らずの会長の娘グィヨンは、そのような関係を整理しようとします。
感情が爆発するしかない状況でも淡々と状況を整理する男ミョンフン。
彼は愛なしで始まった結婚で幸せを感じることができませんでした。
貧しい家に生まれ、苦労しみながら医学部を卒業し、医師としての人生を生きてきた彼がグィヨンと結婚し、妻の父のホテルに入社する過程で、仕事は彼に大切な価値として近づいてきたがグィヨンは貴重な存在になりませんでした。
ミョンフンにとってホテルの仕事に対するプレッシャが妻に関心を持つ時間を与えてくれなかったかもしれません。
二人の不安な関係は誤解を生み、そのような誤解は、時間が経つほど深い傷になる危険を余儀なくされています。
関心を誘導するために、過剰な行動をして、そのような過激さが自分を眺めるようにする唯一の方法だと考えているグィヨンは、もしかしたら不幸な女性なのかもしれません。
そんな二人の間にミリが存在し、愛という言葉自体を知らない存在だと思い込んでいたミョンフンが変わっていく姿を見てグィヨンが感じる裏切りと怒りは想像を絶するほどになるでしょう。

次回のミスリプリーあらすじ、ミスリプリー2話あらすじ2-2をお楽しみに・・・


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ