シティーハンター 女主演へパク・ミンヨン、シティーハンターでボディーガードに変身!


シティーハンター 女主演へパク・ミニョンがシティーハンターでボディーガード キム・ナナに変身!

韓国ドラマ シティーハンターでパク・ミニョンが女主演(ヒロイン)、ギム・ナナ役にキャスティングされ、元柔道選手出身の青瓦台(韓国大統領官邸)警護員役を演じ、カリスマある女警護員の姿を披露する。
5月25日初放送されるSBS 韓国ドラマ シティーハンター(作家:ファン・ウンギョン/チェ・スジン、演出:チン・ヒョク、製作社:SSD)で、パク・ミニョンは、心に深い傷を持っているが、明るく元気な姿を持つ、生活力の強い88万ウォン世代の気さくな姿を表現する予定だ。
” 今や 女だ!”
ドラマシティーハンターで、俳優、パク・ミニョンがかっちり姿の女性警護員に変身、嵐を吹きだした。
パク・ミニョンは、シティーハンターの最初の撮影で、すっきりとした白のシャツに黒のスーツを着た典型的なブラック&ホワイトのボディーガードルックを披露した。


ドラマシティーハンターのパク・ミニョンは、貧しいが、使命感の高い警護員の役割であるわけでベーシックなデザインのスーツを着る唯一着の淑女になった。
しかし、パク・ミニョンのあざやかな顔立ちと端正なポニーテール髪型が完璧な調和を成して、シティーハンターでのギムナナ役のしっかりした警護員の姿を100% 表現し出したという評価を受けている。
韓国ドラマのトキメキ☆成均館スキャンダル‘ユニ’で高い人気を得たパク・ミニョンの新しい姿に大きな期待が高まっている理由だ。
何よりもパク・ミニョンは、ドラマシティーハンターで多少見知らぬボディーガードという職業を 通じてアクティブながらも、使命感の高い熱血レディーガード(lady guard)を完全に盛り出す計画だ。期待以上にボディーガードの配役にぴったり当てはまるパク・ミニョンの姿に、製作陣たちも満足感を現わしている。
特に、韓国ドラマシティーハンターのパク・ミニョンは、イ・ミンホといきを合わせて甘酸っぱいラブラインを広げる予定だ。
花のように輝く二人の出会いに視聴者の関心が増幅されている。
シティーハンター製作社(SSD)側は”パク・ミニョンがボディーガードとして、正しくてきりっとした姿を完璧に出しており、満足感が大きい”とし、”特有の明るく元気なパク・ミンヨンのイメージとギム・ナナの役がよく調和してドラマに対する期待感が非常に大きい”と伝えた。
一方、SBS 水木 韓国ドラマ シティーハンターは、日本をはじめ、全世界的に認められている日本の北条司ののヒット作アニメ『シティーハンター』を原作に製作されるドラマで、特に世界で初めて、韓国でドラマ化されることが知られながら、世界的な注目が集中している状況だ。
1980年代の東京を背景にした原作とは異なり、背景には、2011年にソウルに変わるようになり、痛快な事件の解決という既存の原作の物語の主人公がシティーハンターとして成長し、完成されていく過程も比重あるように描かれる見通しだ。
また、ドラマ全体を貫く大きなストーリー展開が繰り広げられるなど、大小の事件の解決を通じて、多くの傷や痛みにもかかわらず、未来への希望を抱いて生きる人々の小さな慰めと痛快さを与えることができる内容が収まる予定だ。


韓国最高の人気俳優イ・ミンホとパク・ミニョン、チン・ヒョクPDの呼吸と、ここでしっかりとした執筆能力を認められたファン・ウンギョン作家まで、『シティーハンター』が2011年にテレビドラマに嵐を駆って来るのか期待が集められている。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ