シティーハンター 11話 あらすじ、シティーハンター 11話-5 反応は?


シティーハンター 11話-5 あらすじ、‘シティーハンター’イミンホ 拉致されたパクミニョン ベシクジュン 救出に!
シティーハンター 11話-1  あらすじへ
シティーハンター 11話-2  あらすじへ
シティーハンター 11話-3  あらすじへ
シティーハンター 11話-4  あらすじへ

シティーハンターの中核をなす事件が一つ、二つ、ベールを脱ぎながら、視聴者の胸を熱くしている。
韓国ドラマ シティーハンター11話では、ナナ(パクミニョン)がユンソン(イミンホ)を救うために全身を投げた。
ユンソン(イミンホ)の正体を知ることになったナナ(パクミニョン)が、彼の代わりに撃たれる場面が描かれて視聴者たちを切なくさせた。
彼女は偶然に覆面をかぶったシティーハンターとユンソンが、同じ顔をしていることを知り、一人で痛がる。
この日、彼女がユンソンに正体を知っているという事実を告白すると彼は、“君ぐらいは何気なく殺すこともできる”とし、意図的に心を隠す。

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ パクミニョン 画像

そのように彼女と彼が遠ざかっていく間に…
ベシクジュン(キムサンホ)は、キムナナに10年前、自分が目撃した交通事故の経緯とキムジョンシクにお金をもらって偽証した証拠資料を送った。
キムナナは事故で母を失い、父は植物人間になった。
ベシクジュンは、当時の目撃者だったが、キムジョンシクの脅迫に勝てず陳述を翻意した。
彼女の父の過失になってしまった。
彼女とベシクジュンは、当時の証拠を見つけて事故の再調査を要請した状態だ。
キムジョンシクは彼女と、ベシクジュンを拉致した。
過去10年前、自分が犯した飲酒交通事故に関連する不正を覆い隠そうとしている。
ユンソンは、ベシクジュンが拉致されたという事実を知って怒る。
幸いなことに彼は、ベシクジュンが持っていた位置追跡のおかげで、拉致された場所が分かった。
ユンソンはシクジュン(キムサンホ)を救うために潜入した。
ところが、そこにナナもあった。
彼は彼女を見て驚くのもつかの間、二人に向かって逃げようと命令を下し、キムジョンシクの秘密資金を探すために家に潜入して内部調査を続けた。
キムジョンシクの秘密金庫には、5万ウォン紙幣が巨大な塔をなしていた。
彼は、秘密資金を確認して出るところ、キムジョンシクの部下が撃った麻酔銃に打たれた。

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ 画像

シティーハンター 11話 あらすじ イミンホ 画像

彼は、意識を調えることができないまま、暴漢に拉致されながら絶体絶命の危機を迎えた。
外でみはりを見ていたナナとシクジュンは、彼が捕えられたのを見てその後を追っていった。
彼は意識が混迷な状態で正常に反抗もできずに一方的になぐられた。
続きは、シティーハンター 11話-6  あらすじへ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ