シティーハンター 5つ観戦ポイント&シティーハンター 登場人物の紹介


シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント5つ公開;アクションからラブラインまで、期待満開

SBS新水木韓国ドラマ シティーハンター(CITY HUNTER)が5月25日の夜ついにベールを脱ぐ。
シティーハンター(CITY HUNTER)は、イミンホ、パクミンヨンの代理キスとラブ柔道、イミンホのアクションなど、韓国ドラママ シティーハンター(CITY HUNTER)の内容をはじめ、予告編やポスター、OSTなどを通じて、すでに放送前から期待感を増幅させている状況だ。
これに、シティーハンター(CITY HUNTER)の制作陣は、ドラマをより楽しく見れる5つの観戦ポイント5つを公開した。

シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント1つ
アクションハンターに生まれ変わるシティーハンター(CITY HUNTER) イミンホの大人の野性的な魅力

シティ-ハンタ- イミンホ アクション1

花より男子を介して核爆風級の人気を寄せて来たイミンホが後続作、個人の趣向に続き三回目で主演を務めるシティーハンター(CITY HUNTER)は、これまでの作品とは明確に差別された韓国ドラマだ。
シティーハンター(CITY HUNTER)では、射撃にフィリピンでの実戦武術、柔道までイミンホがデビュー以来、初めて挑戦する様々なアクションシーンは、大きな見どころだ。
シティーハンター(CITY HUNTER)は、ドラマに興味を失っていた男性の視聴者たちに興味津々な見物ヲ与えることはもちろん、これまでよりはるかに成熟したイミンホの野性的な魅力が女心をもう一度振る予定だ。

シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント2つ
風の絵師、華麗なる遺産、検事プリンセスなど名品ドラマ製造機チンヒョク監督

シティーハンター(CITY HUNTER)の演出を引き受けたチンヒョク監督は、すでに多くの作品を通じて名品ドラマを作ってきた監督として有名である。
チンヒョク監督は高い刺激を与えるドラマがあふれているお茶の間に暖かいながらも真正性のある人間関係を美しい映像と細密な演出力で引き立てる力があると言う評価を受けている状況だ。
原作 シティーハンター(CITY HUNTER)で感じられる荒い男性的な雰囲気がチンヒョク監督の感性的な演出力と調和し、視聴者に新たな感動と楽しさを抱かせてくれることができるというのが製作陣の説明だ。
すでに原作の漫画(アニメ)シティーハンター(CITY HUNTER)の大ファンだったと告白していたチンヒョク監督は”韓国版 シティーハンター(CITY HUNTER)は、韓国の現実に合った時代的、空間的な背景の変化がありますが、原作シティーハンター(CITY HUNTER)が伝える、人間的な物語は、そのまま伝わるだろう”とし”演技者たちとスタッフたちも渾身の力で最高のドラマの誕生のために努力している”と自信感を伝えた。

シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント3つ
同名、日本の原作漫画(アニメ)シティーハンター(CITY HUNTER)VS世界で初めてドラマ化される韓国版のシティーハンター(CITY HUNTER)

シティ-ハンタ- 原作

1980年代に発表された作品だが、30年以上にわたり、全世界的なファンを確保しているだけに‘漫画界のバイブル’のように思われている漫画(アニメ)シティーハンター(CITY HUNTER)は、主人公サエバリョウが冷徹な私立探偵として、社会の悪と戦う一方で、人間的な抜け目の面貌を発揮して、劇的楽しさを抱かせるという内容を盛り込んでいる。
これにより、多くのファンが韓国ドラマのシティーハンター(CITY HUNTER)に対する期待感と同時に、憂慮を示しているが、原作者である北条司は、韓国版のシティーハンター(CITY HUNTER)への積極的な支持を送っている。
北条司は、多くの国々の数多いスタジオが、”原作と同じ内容でドラマを作る”という提案をしてきたが、むしろ原作の物語をベースにする新型ながらも独立したドラマを望んでいたので韓国版、シティーハンター(CITY HUNTER)に対する大きな満足感を表わしている。

シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント4つ
シティーハンター(CITY HUNTER)を動かす女優たち、パクミンヨン、クハラ、ファンソニ

シティ-ハンタ- パクミニョン、クハラ(KARA)、ファンソニ、イミンホ、イジュンヒョク

シティーハンター(CITY HUNTER)は、アクションがあふれる男たちのドラマだと考えるならば大きな誤算だ。
シティーハンター(CITY HUNTER)は、基本的にユンソン(イミンホ)の愛の物語が重要な一つの軸をなす。
ユンソンがシティーハンター(CITY HUNTER)に生まれ変わるの最も重要な関係になるキムナナ役のパクミンヨン、ユンソンの家庭教師にしたいダヘ役のクハラ、ユンソンの周辺で、家族よりも親密な絆を与えるセヒ役のファンソンフイなどシティハンターをめぐる華やかな女優たちの登場は、従って、より注目すべきである。
何よりもパクミニョンは、韓国ドラマ成均館大スキャンダル以後、盛り上がった演技力を土台に、シティーハンター(CITY HUNTER)では女性警護員という新しい役に挑戦する。
親を亡くし、生活苦に苦しみながらもいつも明るく元気な姿を失わない人物で、シティーハンターに清涼感を吹き入れてイミンホとの相性は抜群の演技を見せる予定だ。
シティーハンター(CITY HUNTER)を通じて初めて演技に挑戦するクハラ(KARA)も関心が集中てている。
アイドル出身の女性歌手に降り注ぐ負担な期待感と懸念にもかかわらず、クハラは、自分のキャラクターとよくフィットした明るい性格の二十歳の浪人役を引き受けて自然ながらもラブリーな演技を披露しているというのが関係者の話だ。
韓国ドラマ‘サイン’を介して印象深い演技を見せながら、彗星のように登場したファンソニの演技も期待して見るべきだ。
きれいだが鼻が高く、冷たく見えるが、誰よりも動物を愛する獣医役のファンソニは、シティーハンター(CITY HUNTER)で披露する演技に意欲的に取り組んでおり、シティーハンター(CITY HUNTER)に活力を吹き込んでいる。

シティーハンター(CITY HUNTER)の観戦ポイント5つ
韓国的に再解析したファンウンギョン作家のしっかりとしたストーリー、演技派の中堅俳優たちのパワー

シティ-ハンタ- PD 作家

原作漫画が韓国版のシティーハンター(CITY HUNTER)として再誕生するだけに、素材と背景において、韓国的な要素が数多く登場する。
韓国ドラマでは初のラングーン事件を素材として使われ、国会議員たちの不正と陰謀を暴く、シティーハンター(CITY HUNTER)の活躍がファンウンギョン作家の硬い執筆力を使通じて痛快に描かれていく。
*ラングーン事件(ラングーンじけん)は、1983年にビルマのラングーンで発生したテロ事件。「ラングーン爆破テロ事件」、「アウン・サン廟爆破事件」などとも呼ばれる。
ファンウンギョン作家はこれまで‘田園日記’‘ニューハート’‘大物’などを通じて、質の高い物語を感動的に書いて来た。
加えて、キムサンジュン、チョンホジン、パクサンミン、キムミスク、キムサンホ、イヒョジョン、チェジョンウ、チェサンフン、チェイルファなどそうそうたる韓国の中堅俳優たちの質の高い演技がまた、シティーハンターの大きな利点として挙げられている。
存在だけでも重みが感じられる俳優たちのパワーがシティーハンター(CITY HUNTER)の没入度を増加させ、ドラマ的な楽しさを倍加させる予定だ。
シティーハンター(CITY HUNTER)の制作会社側は”シティーハンター(CITY HUNTER)を構成している演出陳、作家たち、俳優たち全てが完璧な調和の下、幻想の呼吸を誇っている”とし、”初回から最終回まで一つも逃すことのない豊かな見どころと感動的な物語を伝えることになるだろう”と伝えた。
一方、シティーハンター(CITY HUNTER)は、’49日’の後続で5月25日の夜9時55分、SBSで初放送される。

シティーハンター(CITY HUNTER)イミンホと立ち向かう5人の敵公開‘最強の中堅俳優’

シティ-ハンタ- イミンホ 敵 5人

▲左側上段から時計方向でチョンホジン、イヒョジョン、チェイルファ、チェジョンウ、チェサンフン画像

ベールに包まれていたシティーハンター(CITY HUNTER)イミンホの5人の敵が公開された。
チョンホジン、イヒョジョン、チェイルファ、チェジョンウ、チェサンフンなど韓国TVドラマを代表する中堅俳優5人は、5月25日初放送されるSBS新水木韓国ドラマ シティーハンター(CITY HUNTER)で‘特別5人会’を結成し、一堂に集まった。
これで、シティーハンター(CITY HUNTER)は、イミンホ、パクミンヨン、イジュンヒョク、ファンソニ、クハラ(KARA)など豪華なキャスティングで話題を集めたのに続き、さらに輝く中堅級の俳優たちが合流し、‘最強の名品ドラマ’としての誕生を予告して出たわけだ。
チョンホジン、イヒョジョン、チェイルファ、チェジョンウ、チェサンフンで構成された‘特別5人会’は、シティーハンター(CITY HUNTER)で、イミンホが対抗されている韓国の政治、経済、社会を代表する5人の主要人物である。
いわゆる、シティーハンター(CITY HUNTER)イミンホの5人の敵である。
チョンホジンは、シティーハンター(CITY HUNTER)でKARAのクハラ(チェダヒヘ役)の父であり、‘5人会’の首長格の韓国大統領チェウンチャン役を引き受けてドラマの中心軸の役割を果たす事になる。
これまでドラマで’千の顔’を持つ俳優という評価を受けて、カリスマあふれる演技を披露してきたチョンホジンが示す貫禄溢れる演技にすでに関心が寄せられている。
‘5人会’で、国会議員イギョンワン役を引き受けた俳優イヒョジョン、やはり中堅パワーが何であるかを確実に示す見込み。
これまでの作品の中で、なくてはならない重量感ある演技を展開してきた役を演じてきたイヒョジョンは、シティーハンター(CITY HUNTER)では、二重的な面貌を持つ国会議員の姿を通じて政治界に一石をかけられることになる。
‘チェ家の3人’のチェイルファ、チェサンフン、チェジョンウは最近、ドラマの中で最も活発な活動を繰り広げている代表的な中堅俳優たち。
‘ドリームハイ’‘大物’などで印象深い演技を広げたチェイルファは、シティーハンター(CITY HUNTER)で、イジュンヒョク(キムヨンジュ役)の父、キムジョンシクを務め、今年、‘演技者デビュー30周年’になる貫禄の俳優チェサンフンは、国防長官ソヨンハク役を引き受けた。
また、‘49日’‘マイダス’‘逆転の女王’などの作品で打席連続ホームランを打っているチェジョンウは財閥企業の会長チョンジェマン役を引き受けた。

今まで、有名なドラマで、様々な役を完璧に演じてしっかりとした存在感を発揮してきた人々がイミンホ、パクミンヨン、イジュンヒョク、ファンソニ、クハラ(KARA)などの若い俳優たちと呼吸を合わせて贈るドラマ的楽しさに期待が集まっている。
シティーハンター(CITY HUNTER)製作会社側は”とても有名な中堅俳優たちの合流でシティーハンター(CITY HUNTER)がさらに活気を帯びている”と述べ、”若い俳優たちの情熱と中堅俳優たちの巧妙さが完璧な調和を成して、最高の作品が誕生するものと期待される”と伝えた。
一方、シティーハンター(CITY HUNTER)は、日本の同名コミック原作シティーハンター(CITY HUNTER)を基に20部作の超大作ドラマでイミンホ、パクミンヨン、クハラ(KARA)、イジュンヒョク、ファンソニなどの豪華キャストで連日話題になっている。
2011年のソウルを背景に、都市のトラブル解決者が美女依頼者の依頼を受け、事件を一つ一つ解決していく物語を描いた作品シティーハンターシティーハンター(CITY HUNTER)は、5月25日午後9時55分‘49日’後続でSBSで初放送される予定だ。

シティーハンター(CITY HUNTER):登場人物(キャスト)紹介;シティーハンター(CITY HUNTER):主要人物

シティーハンター(CITY HUNTER):イユンソン役(イミンホ)

1983年 10月 9日, ラングーン事件があった日、ソウルで生まれた。
特殊軍連を越える苦しい軍連を受けながら成長、戦争場でも砂漠でも、何処でも生き残れる方法を自ら学習していく。
全身が傷だらけになっても父に褒められ、認めてもらいと言う願い一つで我慢して耐える。

シティ-ハンタ- キャスト イミンホ▲シティーハンター(CITY HUNTER):イユンソン役(イミンホ)画像

シティーハンター(CITY HUNTER):キムナナ役(パクミニョン)

元柔道選手出身の大統領府警護員。大統領の娘ダヒヘの警護員である。
大統領府の近くの古い庶民のアパートで、犬と二人きりで住んでいる。
焼酎の試飲アルバイト、化粧品売り場客引きアルバイト、宅配便、キックサービス、運転代行など、アルバイトに置いては達人だ。
飲食を残すのは見逃せないし、10ウォンのコインまでしっかり取る生活力の強い88万ウォン世代の代表!

シティ-ハンタ- キャスト パクミニョン▲シティーハンター(CITY HUNTER):キムナナ役(パクミニョン)画像

シティーハンター(CITY HUNTER):チェダヘ役(クハラ:KARA)

チェウンチャンの娘、不良の浪人だ。
どこへ行っても警護員が付き添いで、本意とは違い、周辺友達に迷惑をかけるのが大嫌いだ。

シティ-ハンタ- キャストクハラ▲シティーハンター(CITY HUNTER):チェダヘ役(クハラ:KARA)画像

シティーハンター(CITY HUNTER):キムヨンジュ役(イジュンヒョク)

ソウル地検特殊検事。
社会の正義を守るという使命感、責任感に包まれた人物。
華麗なる経歴の検事だが、他人は知らない2等コンプレクスを持っている。

シティ-ハンタ- キャスト イジュンヒョク▲シティーハンター(CITY HUNTER):キムヨンジュ役(イジュンヒョク)画像

シティーハンター(CITY HUNTER):チンスヒ役(ファンソニ)

大統領府の近くの小さな動物病院長。
大統領府警察犬を担当している。
顔は綺麗だが、話方は冷たくて態度は不親切だ。

シティ-ハンタ- キャスト ファンソニ▲シティーハンター(CITY HUNTER):チンスヒ役(ファンソニ)画像

シティーハンター(CITY HUNTER):イジンピョ役(キムサンジュン)
北派工作員助教出身の大統領の警護員。
全斗煥大統領のアウンサン訪問を実行してから爆破事故を経る。

シティーハンター(CITY HUNTER):チェウンチャン役(チョンホジン)
1983年、当時の安全企画部の特殊作戦部長で、軍と情報系の主要人物たちの私組織5人会の首長である。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ