信義6話 バクセヨン カリスマ王女に!信義6話 バクセヨン、魯国王女から氷王女に変身!


信義6話 バクセヨン カリスマ王女!信義6話 魯国王女バクセヨン、刃の前にもひるまない氷王女に変身!
信義6話では、魯国(ノグク)王女、バクセヨンの命を狙うもう一回襲撃が予告されて気がかりなことを高めている。
SBS TV 韓国ドラマ信義5話では、恭愍王(リュトクファン役)に向けた懸念と心配で急に恭愍王を訪れた魯国王女(バクセヨン役)の姿が描かれた。
しかし、魯国王女の本音をわからないまま、冷たく彼女を接する恭愍王の姿に努めて涙をこらえながら “二度と尋ねもしないで、聞きも致しません”と、後ろ向きになる魯国王女の姿で視聴者たちの切なさを催した。
信義6話では、宮を抜け出てきた、魯国王女が誰かからの襲撃を受けることになる。
恭愍王と一緒に高麗に帰って来る途中に正体の知れない刺客の刃にかかって死の入り口まで行った魯国王女!
そんな彼女が再び彼女の命を狙う黒刃と向き合うようになって恭愍王を労心焦思させる予定だ。
公開された韓国ドラマ、信義6話スチールカットで、風除けをかけて王妃の身分を隠した魯国王女を中心に彼女を護衛しているチャンビン(イピリップ役)、チェ尚宮(さんぐん、キムミキョン役)、そして複数のムカクシが一戦態勢を整えた姿は、なんだか分からない緊張感を呼び起こす。

韓国ドラマ信義6話ネタバレ映像! 魯国(ノグク)王女、バクセヨン!

韓国ドラマ信義6話ネタバレ映像! 魯国(ノグク)王女、バクセヨン!

特に正体の知れない男たちの脅威的な攻撃にも、眉一つ動かさないまま、冷たい目つきでカリスマを噴き出す魯国王女の姿が視線を捕らえる。
また、魯国王女が王妃の身分を隠してまで潜行を選んだ理由は何なのか、この危機をどのように乗り越えていくのか、さらに気がかりな事を起こさせている。
韓国ドラマ信義のある関係者は、“信義6話放送では、一層力強くてまた緻密な脅威に恭愍王と魯国王女は直面するだろう。特に威厳が引き立つ、魯国王女の姿と一緒に、彼女を向けた黒刃と、これに対抗して、彼女を守ろうとするはチャンビンとチェ尚宮、ムカクシの張り詰めた一戦がどのように繰り広げられるのか多くの関心をお願いする”と伝えた。
一方、信義5話では、チェヨン(イミンホ役)がユウンス(キムヒソン役)を‘恋慕する女人’と呼び、キチョル(ユオソン役)に自分とウンスをそのまま帰らせてくれと言って、思わなかったチェヨンの回答に笑いで答えるキチョルとびっくりしたウンスの姿が描かれ、さらに興味深い話を予告しているSBS TV韓国ドラマ 信義(脚本:ソン・ジナ、演出:キム・ジョンハク)は毎週、月、火、夜9時55分に放送予定だ。

*尙宮(さんぐん)とは?
朝鮮(ちょうせん)王朝時代, 正五位の女官


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ