チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ、これからの展開と観戦ポイントは?


チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ、これからの展開と観戦ポイントは?ロマンスと宮廷権力暗闘で絶妙な綱渡り予告!
韓国ドラマおすすめ時代劇、SBS月火ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きる(脚本:チェジョンミ、演出:プソンチョル)が、ロマンスと宮廷の権力暗闘を同時に描き出して、テレビ劇場にときめきと緊張感を同時にプレゼントしている。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ3話から、チャンオクチョン(キムテヒ)と王世子イスン(後日、粛宗、ユアイン)のロマンスが本格化された。
偶然に出会うことが繰り返され、運命的に心が引かれるオクチョンとイスンが、少しずつ近づいていく様子は、視聴者にもときめきを伝えた。
ここで、イスンと臣下たちの間の権力争いが、劇的緊張感を高めている。
特に、王権を強化させようとするイスンと、ソイン(西人)の頭であるミンユジュン(イヒョジョン)の対立は視線を捕らえる。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ4話で、イスンは宮廷内の腐敗した取引を剔抉し、より強力な軍事力を得るために、新たに鎧納品を選定することにした。
イスンは、厳格な審査を経てチャンオクチョンが作った鎧を選んだが、ミンユジュンはすでに中殿金氏(キムソンギョン)と 内通して、鎧納品座を獲得した。

韓国ドラマおすすめ時代劇!チャンオクチョン、愛に生きる、これからの観戦ポイントになる、キムテヒ、ユアインのロマンスと宮廷権力暗闘の展開!

韓国ドラマおすすめ時代劇!チャンオクチョン、愛に生きる、これからの観戦ポイントになる、キムテヒ、ユアインのロマンスと宮廷権力暗闘の展開!

イスンとミンユジュンの神経戦は、国魂でも続いた。
ミンユジュンは娘、インヒョン(ホンスヒョン)を世子嬪にするために、他の候補を辞退させた。
しかし、イスンはインヒョンと婚姻をするとミンユジュンの勢力が大きくなることを懸念し、キムマンギ(イドンシン)と秘密の出会いを持った。
そのような事実を知らずに、世子嬪サムカンテク(三揀擇)の日、ミンユジュンと中殿金氏は、ただ一人の候補に上がったインヒョンが当然世子嬪になると予想した。
しかし、イスンは、キムマンギの娘インキョン(キムハウン)を直接候補に連れて来て、彼女を選択した。
チャンオクチョン、愛に生きる4話のこの場面は、イスンがミンユジュンに強力な一発を飛ばし、視聴者たちに緊張感はもちろん、痛快さまでプレゼントした。
韓国ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるは、歴史的事実に想像力を付け加えたファクション時代劇だ。
結論が出ている話だと、ややもすれば、前が見える分かりきっているストーリーで、退屈さを感じさせると思うが、韓国ドラマ、チャンオクチョン、愛に生きるは、反転に反転を繰り返す、宮廷の権力争いが、視聴者たちの緊張感を醸し出しており、また別の観戦ポイントに浮上している。
まだ4話しか電波に乗らなかったが、ドラマの序盤から張り切ている神経戦をプレゼントした。
チャンオクチョン、愛に生きるあらすじ4話まで進行されたイスンとミンユジュンの対立に、今後の歴史的事実に基づいたストーリーで、チャンヒョン(ソンドンイル)とポクソンクン(福善君、イヒョンチョル)の勢力であるナムイン(南人)は、チャンオクチョンを利用してイスンに力を乗せて、ミンユジュンの勢力であるソイン(西人)を牽制することになる話で進むと、もっと面白い宮廷の権力争いが繰り広げられる見通しだ。
この過程をどのような素材と展開に描き出して、劇の楽しさを誘発するか、すでに期待が集まっている。
一方、韓国ドラマおすすめ時代劇、チャンオクチョン、愛に生きるは毎週、月、火曜日、午後9時55分に放送される。

ソイン(西人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮宣祖時に、沈義謙(シムウイキョム)を中心にしてドンイン(東人)と対立した党派。または、その中の人。
ナムイン(南人):朝鮮時代の四色党派の一つ。
朝鮮宣祖時に、ドンイン(東人)から分かれた党派で、ユソンヨン(柳成龍)、ウソンジョン(禹性傳)を中心とした一つ党派波。
キョンジョン(景宗)以後政界から離れて故郷で学問と教育に専念した。
サムカンテク(三揀擇):王や王子、王女などの配偶者になる人を3回にわたって選んだ行事。またはその第3回目の揀擇。


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ