シティーハンター 韓国 あらすじ 13話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)5


シティーハンター 韓国あらすじ 13話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ13話-5 情報
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-1へ
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-2へ
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-3へ
シティーハンター 韓国あらすじ 13話-4へ

‘シティーハンター’イミンホ、キムサンホ 交通事故を目の前で目撃して‘涙’

キムサンホが交通事故にあった。
イミンホがまさに死ぬところだったキムサンホの姿に、復讐の化身に変身し、毒気を噴き出した。
シティーハンター韓国ドラマ13話で、キムジョンシク(チェイルファ)の車にひき逃げに遭うベシクジュン(キムサンホ)の姿とそれに憤慨し、復讐の化身に変わるユンソン(イミンホ)の姿が描かれた。
ベシクジュンは、イユンソン(イミンホ)の実の母親、イキョンヒ(キムミスク)を探して山奥のお寺に行って、携帯電話を水にの中に落としてしまった。
イギョンヒが修行を去ったという話を聞いたベシクジュンは所得なしでソウルに戻った。
イユンソンは、ベシクジュンに連絡ができず、心配だった。
キムナナ(パクミニョン)と車に乗って行ったイユンソンは、ベシクジュンが大統領府に立ち寄ったということを知ることになって、近傍でベシクジュンが横断歩道を渡るのを見た。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

イユンソンは、ベシクジュンに大声を張り上げて呼ぶとしている。
その瞬間、車道を横断するベシクジュンに黒い車が走ってきた。
車は一抹のためらうことなしにベシクジュンを打っていった。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 画像

これに驚いて走っていった彼は逃げる車の後部の番号を確認した後、ジョンシクがたくらんだ事なのを直感した。
シティーハンターとベシクジュンは、キムジョンシクが横取りした学校運営資金を盗んで、学生たちに配って、半額授業料を実現した。
シティーハンターの攻撃に不安になったキムジョンシクは過去の自分のために、起きった交通事故の唯一の目撃者のベシクジュンの存在に不安を感じ、そんな渦中にベシクジュン(キムサンホ)は、正体不明の車にひき逃げ事故が起こった。
事故現場を目の前で見た 彼は衝撃を受けた。
過去のキムナナの両親を殺した後、ベシクジュンを金で買収して自分に有利な陳述をすることにしたキムジョンシクは、交通事故を利用して、今回はベシクジュンを 口をつぐむようにした。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ 画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ 画像

病院に運ばれたシクジュンが生死の岐路に置かれるとユンソンは、“おじさん、死なないで”と言いながら嗚咽し始めた。
ユンソンの切実さが通じたのか、脈拍が生き返えてシクジュンは危険な手術を受けなければならない状況に置かれ、愛する人を失う所だった彼は、復讐の化身に変わろうとした。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ  画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ 画像

結局、彼は父親、イジンピョ(キムサンジュン)の怒りを理解する姿を見せた。
特に、シクジュンは彼に大切な人の一人で、父、ジンピョがシクジュンを傷つける場合に備えて、戦争宣布までした状況。

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ  画像

シティーハンター 韓国ドラマ あらすじ 13話 イミンホ 画像

ユンソンの殺気が感じられたナナ(パクミニョン)は、“イユンソンさんが感じるその感じは何かよく知っている。私も父が最初、交通事故にあった時は復讐を想像したりしていた”とし、“今のユンソンサンの目つきその時の私のようで不安だ”と話した。
これにユンソンは“私、やっと父の心が理解できる。君のように感じるには過分かもしれない”とし、“おじさんをお願い”と席を外した。
ユンソンは死で復讐をしようとする自分の父親、ジンピョの行動に同調しようとする姿を見せた。
これまでユンソンは、敵を殺そうとする父、ジンピョの複数の方法に反対してきて彼と葛藤と対立をしてきたが、この事件をきっかけに、血の復讐を予告したもの。
ユンソンの復讐が、今後どのような変化を迎えることになるのか関心が集められる。
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-6へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-7へ
続きは、シティーハンター 韓国あらすじ 13話-8へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ