シティーハンター 韓国 あらすじ 14話(韓国ドラマ シティーハンターあらすじ情報)5


シティーハンター 韓国あらすじ 14話、韓国ドラマ シティーハンターあらすじ14話-5情報

シティーハンターあらすじ14話-1
シティーハンターあらすじ14話-2へ
シティーハンターあらすじ14話-3へ
シティーハンターあらすじ14話-4へ

シティーハンター パクミニョン、冷血なキムサンジュンに命を賭けた宣戦布告!
パクミニョンがいよいよ冷血なキムサンジュンに向かって正面対決をしようとして注目を集めた。
シティーハンター韓国ドラマ14話では、ユンソン(イミンホ 役)の苦しみを見かねたナナ(パクミニョン 役)が冷血な父、ジンピョ(キムサンジュン)を訪ねて正面対決をしようとする内容が描かれている。
ユンソンは、ベシクジュン(キムサンホ 役)がひき逃げされるのを見てキムジョンシクの仕業だと誤解し、彼に復讐をした。
しかし、キムジョンシクが予想外の墜落事故で命の危機に置かれることになり、そのすべてが養父、ジンピョの陰謀だったということを知ることになり、怒りと衝撃で涙を流した。
これを見て胸をいためていたナナが愛する彼のために出るようになった。
彼女はジンピョを訪ねて“ユンソンさんを放してください”と要求した。

パクミニョン シティーハンターあらすじ14話 画像

パクミニョン シティーハンターあらすじ14話 画像

彼女は“ユンソンさんが人間らしく暮らせるように、幸せに暮らせるようにもう放してください”と述べジンピョを攻撃した。
“私の脅威し、シクジュンおじさんが車で引き倒し、ユンソンさんを操り人形のように操縦したいと考えてるんじゃないですか?”と言ってユンソンを復讐の道具として利用しないことを要求した。
これにジンピョはナナを脅威するが、彼の話はナナにもう通じなかった。

キムサンジュン シティーハンターあらすじ14話 画像

キムサンジュン シティーハンターあらすじ14話 画像

ナナは“このようにおどかして退いたら、それは弱虫ですよね。でも、どうしたらいいですか?私、一人でこのひどい世の中と戦いながら生きってみると、命をかけなくては生きていけないんた”と言い返した。
そんなナナをジンピョは、笑いをたたえた顔で眺めていた。
続いてナナは、“イユンソンさんのお父様はイユンソンさんを愛していないんですか?”と尋ね、ジンピョを促した。
するとジンピョは、突然、銃を突きつけて“私はこの席でナナさんを殺すこともできる”と脅した。

パクミニョン シティーハンターあらすじ14話 画像
パクミニョン シティーハンターあらすじ14話 画像

これにナナは“大丈夫ですよ。私は、どうせ銃弾の防牌なんですよ”と言って、彼の脅威に屈服しなかった。
ジンピョは、彼女の表情を察して、“その目つき、今殺すのはもったいない”と銃を収め、ナナは“これ以上ユンソンを揺すってはいけない。私ができるすべてを動員して止めます”と堂々と対抗した。
甘い愛の告白よりもっと激しいユンソンへの愛を示すナナの勇敢な宣戦布告が注目を集めた。
ユンソンのために命も惜しくないないと言うナナの勇敢な姿は、冷血な父、ジンピョの心までも揺さぶったようだ。
彼は意味深長な微笑を浮かべて彼女を無事に行かす選択をした。
これからユンソンの守護天使を自任したナナとユンソンのラブラインとかみ合って、父、ジンピョの冷血な復讐劇がどのような葛藤を生じさせることになるのか成り行きが注目される。
続きは、シティーハンターあらすじ14話-6へ
続きは、シティーハンターあらすじ14話-7へ
続きは、シティーハンターあらすじ14話-8へ
続きは、シティーハンターあらすじ14話-9へ


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ